買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(レビュー) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

ヒラタクワガタやノコギリクワガタの産卵にも最適!カブトムシ飼育繁殖完全攻略!飼育用品フル装備セット(カブトムシ、クワガタは別売りです)

カブトムシ飼育用品セットの販売

今年の夏は親子で楽しめるカブトムシの飼育にチャレンジしてみませんか?

昆虫の飼育の中で最も簡単でお手軽な事に加え、自然の生きものとふれ合う貴重な時間を過ごす事が出来ます。
また夏休みの自由研究なんかに最適です。

この飼育用品フル装備セットさえあれば、誰にでも簡単にカブトムシの飼育や産卵が出来てしまいます。
※ヒラタクワガタやノコギリクワガタの産卵方法は、このページの下の方に説明が御座います。

それでは、セット内容をご説明致します。

カブトムシ簡単飼育セットの内容
・コバエ侵入防止型飼育ケース(中サイズ)※寸法:高さ205ミリ、幅295ミリ、奥行き190ミリ
・虫吉マット(産卵用)4リットル
・プレミアム国産昆虫ゼリー!イエロー果汁ゼリー50個
・産卵木サイズ(6センチ前後)を1本
・16gゼリー用エサ皿(2つ穴開き)を1個
・里山のクヌギの落ち葉詰め合せを1袋 (転倒防止や隠れ家として里山の雰囲気をお楽しみ下さい。)
※飼育容器のフタに付いている四角い黒いスポンジは、外さずにご使用ください。



飼育方法はいたって簡単!たったこれだけの物を組み合わせて下の写真と同じ様にするだけなんです。
カブトムシのオスとメス
カブトムシの飼育例


商品の詳しい使用説明

それではこれから先は、少し分かり易く説明します。

カブトムシのマットの詰め方
まず最初に産卵用昆虫マットを手で固めながら入れます。
※余り強くオスとケースが割れてしまう事があるので注意して下さい。(ケースの底に雑誌や新聞紙の束を置いて作業すると割れにくいです)

あとは・・・


↓↓↓


ジャ〜ン!?


カブトムシセットの飼育例

止まり木を立てて、エサ皿に昆虫ゼリーをセットしてお好みで落ち葉を入れて頂くだけで準備は、おしまいです。
クワガタのセットの説明に比べると随分と短いので手抜き(しかも上の写真の使い回し)かと思われるかもしれませんが、本当にこれで完了なんです。
これだけカブトムシはお手軽簡単に飼育できる昆虫だという事です。
※マットが余ったら幼虫用のエサにも使えますので保管しておいてください。
更にこのBeケース(飼育ケース)はコバエ防止だけでは無く、何と乾燥も防ぎ水やり、霧吹きの必要が全く無くなってしまうスグレもの!
なので簡単快適飼育の必需品です。
またコンパクトでマットを入れても重たくならず、小さなお子様でも持ち運びOK!

飼育・繁殖方法


飼育方法はいたって簡単!30℃を越えない所で飼育をして、エサが無くなったら取り替えるだけ!ただしカブトムシはクワガタに比べると沢山エサを食べるので毎日エサ交換をして下さい。
夜行性なので日中はマットや木の下に潜り込んで休んでいます。
夜になり暗くなると活動してエサを食べますので、これに合わせて夕方にエサを与える事が長生きのポイントです。
成虫の寿命は羽化して最長で3ヶ月前後です。(温度等の飼育環境により変化します)
自然界では外敵が多い事と秋になると樹液が止まりエサ不足に陥るため1ヶ月〜2ヶ月とされています。
またメスは産卵をすると体力を消耗してしまい寿命が短くなってしまいます。
性格は、大人しくオスメス同居飼育が可能ですが、オスを複数入れると喧嘩ばかりして傷だらけになってしまったり、死んでしまう事がありますのでオスは1つのケースに1匹までとして下さい。 

メスはこの中で産卵をします。
ケースの底に幼虫が見え始めたら、一度、ひっくり返して幼虫を採取して、別のケースで幼虫を飼育して下さい。

知って得する飼育のポイント!・・・実は一夏で死んでしまうとされているカブトムシは秋(10〜11月)まで生きる事があります。
真夏の極端な暑さを避けて栄養価が高い昆虫ゼリーを沢山与える等のコマメな世話が必要になりますが。


コバエ防止フィルタースポンジについて

フタに付いているスポンジは、クッションでは御座いません。
飼育容器の本来の性能を発揮させる為に外さずにご使用ください。


※コバエだけで無く蒸れずに乾燥も防いでくれます。

付属の仕切り板は、オスとメスを別々に飼育する際に便利です。


ヒラタクワガタやノコギリクワガタの産卵方法は、このページの更に下をご覧下さい。

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ あずき様 2017-09-27
飼育セットを購入するのは2度目です!まずこのセットを購入すれば間違い無いので、初心者の僕には本当にありがたいセットです!丁寧なアドバイスも頂いて本当感謝してます!また、細々あると思いますがよろしくお願い致します!
お店からのコメント
2017-09-28
いつもクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
飼育が初めてのお客様にも充実の内容の飼育セットです。
飼育に際してご不明な点はサポート致しております。
今後とも何卒、宜しくお願い致します。
あずき様のまたのご利用を心待ち申し上げます。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ おおやん様 2017-09-17
子供がカブト虫に興味を持ち始め、飼育、繁殖の為に購入させて頂きました。子供と一緒にセットし、嬉しそうに観察しています。
梱包、商品、対応と全て大満足です。
これからも末長くよろしくお願いします。
お店からのコメント
2017-09-18
いつもクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
お子様がカブトムシに興味を持ち始められたんですね。
この飼育セットでカブトムシの飼育から産卵まで楽しめます。
こちらこそ今後とも何卒、宜しくお願い致します。
おおやん様のまたのご利用を心待ち申し上げます。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ カープ男子様 2017-09-06
初心者でもすぐに始められるセットで、非常に良かったです。
お店からのコメント
2017-09-07
この度はクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
飼育が初めてのお客様も簡単に飼育や繁殖が始められる飼育セットです。
どれも拘りのアイテムですのできっとご満足いただける結果が出てくれると思います。
カープ男子様のまたのご利用を心待ち申し上げます。

>>この商品の全てのレビューを見る

ヒラタクワガタやノコギリクワガタの産卵にも最適!カブトムシ飼育繁殖完全攻略!飼育用品フル装備セット(カブトムシ、クワガタは別売りです)

通常販売価格:
2,860円(税込)
価格:

2,530円 (税込)   <11%OFF>

[ポイント2倍中 101ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.9 (30件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタの繁殖(産卵)方法について

ヒラタクワガタの繁殖例
繁殖(産卵)推奨温度は、23から28℃前後です。
温度管理なしの場合、6から10月上旬迄産卵可能です。
繁殖品の場合、越冬後か羽化して3〜4ヶ月経過して更にオスとメス両方が活発に動いていたら大丈夫です。

交配(ペアリング)の際は、オスがメスを傷付けない様に落ち葉などのメスの隠れ家を入れ交配を見守るか、2〜3日間だけ同居させたあとでオスをBeケース(ミニか中)で単独飼育をして下さい。

◆繁殖推奨アイテム◆
Beケース(中または大)、クヌギ産卵木(SからM)、虫吉昆虫マット(産卵用)、エサ皿、クヌギの落ち葉、樹皮、昆虫ゼリー(イエロー果汁ゼリー、ブラウン黒糖ゼリー、産卵促進用ホワイト高たんぱくゼリー)

Beケースを使うと霧吹きなど加水の必要は有りません。

◆産卵のセットの組み方の手順について◆

ヒラタクワガタの産卵木を加水します。 1、先ず、産卵木を加水します。

バケツ等に水を入れて漬け込みます。
少し柔らかめ仕様のクヌギの産卵木MサイズかSサイズを勧めします。
Beケース(中)に入る目安は、Mサイズが1本、Sサイズが2本です。
加水時間は、2時間程度で大丈夫です。
長過ぎると水切れが悪くなり水分が多くなり過ぎます。

ヒラタクワガタの産卵木を日陰干しします 2、次に先程の加水した産卵木の水切りです。

ザルやカゴを使うと便利です。
直射日光が当たらない日陰で行ってください。
湿度が高い雨の日に行うと水切れが悪くなるので注意してください。
6時間から半日経過して手で押さえた時に「ジュッ」という音がしなければ大丈夫です。

ヒラタクワガタの産卵木の樹皮を剥ぎます 3、日陰干し後の産卵木の樹皮を剥ぎます。

100円均一のお店等で購入出来るステーキナイフを用いると便利です。
樹皮は全部取り除いて大丈夫です。
樹皮の下のザラザラした繊維状の箇所も綺麗に擦って取り除いてください。

ヒラタクワガタの産卵マットをBeケースに詰めます 4、ケースの底に産卵用マットを固めて詰めます。

画像はBeケース(中)に入れた産卵用マットを木製マットプレスで固めているところです。
ケースの底に3から5センチほどカチカチに詰めてください。
この時に容器を割らない様に注意して下さい。
雑誌や電話帳、四つ折りの新聞を容器の下に敷くと割れにくいです。
因にBeケース(中)で1回の産卵のセットに使用する産卵マットは1袋(4リットル)で十分です。
ここでの作業で残った分は後からの埋め込みに使います。

ヒラタクワガタの産卵木をマットの上に乗せます 5、固めたマットの上に先程の産卵木を置きます。

画像はBeケース(中)にMサイズの産卵木を横向きに1本入れたところです。
Sサイズの産卵木は縦方向(線路の枕木状)に置いて2本入ります。
その際、固めたマットの上に綺麗に密接している事を確認してください。

ヒラタクワガタの産卵木をマットで埋め込みます 6、産卵木をマットで埋め込みます

産卵マットで産卵木を軽く埋め込みます。
ケースの側面に隙間が出来た場合、ステーキナイフ等を使って綺麗に埋めると良いです。
埋め込みの際は絶対にマットをカチカチに固めないでください。
酸欠で卵が死んでしまったりマットの嫌気性発酵の原因になります。

ヒラタクワガタのペアを入れます 7、オスとメスのペアを3日ほど同居飼育します。

オスの気性が荒いので長く一緒に飼育するとメスが挟まれてしまう恐れが有るので注意してください。
3日を目安に一端、オスを別の飼育容器に移し替えます。
※2から3週間経過して容器の底や側面に卵や幼虫、産卵木の削り痕が見えない時だけ再度3日間だけオスを入れます。(卵や幼虫が見えている時は絶対にオスを入れないで下さい。)
気温が低いと産卵や繁殖活動をしません。
夏期は、夜間に冷房で冷やし過ぎると産卵しない事が有ります。

ヒラタクワガタの産卵の様子
新しい生命の誕生です。
上手く行くと1.5から2ヶ月後にケースの底や側面に幼虫が見え始めます。
ゆっくりひっくり返して幼虫を採取してください。
マットや産卵木の中から沢山出てくる事 があります。

ヒラタクワガタやノコギリクワガタの産卵にも最適!カブトムシ飼育繁殖完全攻略!飼育用品フル装備セット(カブトムシ、クワガタは別売りです)

通常販売価格:
2,860円(税込)
価格:

2,530円 (税込)   <11%OFF>

[ポイント2倍中 101ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.9 (30件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

下記のアイテムが有ると更に便利です!(写真をクリックすると詳細画面に進みご注文頂けます)