トカラノコギリクワガタの産卵方法(産卵セット)

今日の九州北部は、曇り時々小雨の天候でしたが離島産のノコギリクワガタの産卵セットを組んでみました。

加水中の産卵木
画像は、産卵木の加水の様子です。
複数の種類のクワガタの産卵セットを組む為、まとめて6本を漬け込んでいるので産卵木の上にカゴを乗せて、その上に漬物石を置いて時短(時間短縮)しています。(1セットにつき産卵木1本で大丈夫です。
※黒いカゴは、昨日も紹介した農業用の苗カゴです。(近所のおばチャンに貰いました)

九州産の産卵木の販売はコチラ>>>

産卵木の水切りです
2時間ほど加水した後に産卵木をカゴの上に乗せて日陰干しで水切りを行っています。
使用した産卵木は、少し柔らかめのナラ材、同じく少し柔らかめのクヌギ産卵木(LLサイズ)で見た目が悪く販売出来ない物を使用しています。

複数の産卵セットを組むので画像は、6本ですが1つの産卵セットにつき1本を使用します。※基本的にマットにも産卵するので沢山の産卵木を入れる必要はありません。

樹皮を剥がした産卵木
今日は曇りだったので8時間(晴れていれば6時間程度)ほど日陰干した後にステーキナイフ(100均で購入)で樹皮を完全に剥がします。

産卵マットを固く詰めています
Beケース(中)産卵マットマットプレスで固く詰めているところです。
底の3から5センチの部分だけ固く詰めます。
※今回は産卵木が太いので3センチ程度だけ固く詰めました。

産卵マットの上に産卵木を乗せます
先程の固めたマットの上に産卵木を乗せます。
画像は、クヌギ産卵木LLサイズですが爆産し過ぎてしまう事もあるので通常はMサイズ(余り増やしたくない場合はSサイズ)でも構いません。

産卵マットで産卵木を埋め込みます
産卵マットで産卵木を埋め込んで隙間を埋めるために軽く手で抑えます。
これでトカラノコギリクワガタの産卵セットの完成です。
※爆産させたく無い人は、細めの産卵木を使ってマットを浅めにすると良いです。

ペアリング中のトカラノコギリクワガタ
画像は、4日前からBeケース(ミニ)でペアリングの為に同居させていたトカラノコギリクワガタのペアです。
狭い容器に同居させていれば1から4日で交配が完了します。
ケースには、ワイドカップ用エサ皿(1つ穴)ワイドカップゼリーを入れています。
大型個体やクロシマノコギリの様な凶暴な種類は、メス殺しの防ぐ為にオスのアゴ縛りをお勧めします。

産卵セットに入れたトカラノコギリのメス
エサの昆虫ゼリーとメスのみを産卵セットのケースに入れて産卵を待ちます。
エサ皿は、お好みで入れてください。
上手く行くと1から2ヶ月程でケースの底に幼虫が這い始めます。

過去のトカラノコギリクワガタの爆産の情報はコチラ>>>

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>

産卵木などクワガタ産卵用品の販売はコチラ>>>

産卵に最適!無添加国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>

ノコギリクワガタ簡単産卵用品セットの販売はコチラ>>>

コバエ防止飼育ケース(Beケース)の販売はコチラ>>>