ダイトウヒラタクワガタの産卵方法(産卵セット)

ダイトウヒラタクワガタ
今回はダイトウヒラタクワガタの産卵セット(産卵方法)を紹介したいと思います。
ダイトウヒラタは、沖縄県の東部に位置する大東島(北大東島と南大東島)に生息する赤みが強い小型のヒラタクワガタの仲間です。

因に北大東島は、南大東島と異なり、サンゴ礁が隆起して出来た隆起環礁の島で周囲が壁の様にせり上がって砂浜が殆ど有りません。
小型船のクレーンでの引き揚げ(空飛ぶ船)や船からの貨物の荷揚げの光景が面白いそうです。

綺麗なクワガタで手軽に飼育出来るので人気の種類です。

寿命は羽化してから最長で3年ほどですが産卵は、羽化してから3もしくは4ヶ月以降の方が効率が良いです。

産卵推奨温度は、25℃前後がベストなので常温飼育の場合は5から9月が良いです。
※出来れば6月から8月に産卵セットを組むと良いです。
それ以外の季節は、加温飼育で産卵可能ですが環境次第では決して効率が良くないので余りお勧めしません。
晩夏から冬の羽化で9月までの産卵に間に合わなかった場合、寒い場所で越冬後の産卵をお勧めします。

沖縄方面のクワガタは、寒さに弱いと思われがちですが実際は、寒さに強く本土のヒラタクワガタ同様に無加温飼育が可能です。
※因に2016年1月24日の大寒波の際に氷点下3から5℃の気温が2日ほど続きましたが、その環境でも無事に冬眠しています。
(クワガタは、暑さに弱くて寒さに強い昆虫です。)

それでは、実際の産卵セットの組み方の紹介を行ってみます。

ダイトウヒラタの産卵に必要なアイテム
先ず最初に使用する主な飼育用品です。

コバエ防止飼育容器Beケース(中)・・・コバエだけでなく乾燥も防いでくれるので便利です。
※市販の飼育ケースよりもコンパクトで深さと奥行きが有るので産卵木がスッポリと入ります。

産卵用昆虫マット・・・ヒラタクワガタの仲間やノコギリクワガタの仲間の産卵に適した状態まで深く醗酵させた黒色マットです。(産卵効率アップの為に菌床を配合しています)

クヌギ産卵木(M)もしくはクヌギ産卵木(L)・・・ヒラタクワガタの仲間はマットにも産卵しますが産卵木の方にメインで産卵する事が多いので必需品です。

クヌギ産卵木(Lサイズ)
先ず始めに産卵木の準備をします。
今回は、クヌギ産卵木Lサイズを使用しますがMサイズでも大丈夫です。
※MからLでしたら1本で十分です。

産卵木を加水します産卵木は乾燥しているのでバケツなどに入れて加水をする必要が有ります。
画像の状態ではプカプカと浮かんで水が染み込むまで時間が掛かるので上から重しを乗せて沈め込むと時間短縮が出来ます。

産卵木に重しを乗せて沈めています
産卵木に重しを乗せて沈めています。(ブクブクと気泡が出ているのが分かります)
※画像は、漬け物用の重しですが石やレンガ、水を入れた洗面器やビニール袋を乗せても大丈夫です。

この状態で2から3時間で加水が完了します。

加水が完了した産卵木
因に2から3時間後に重しを外すとこんな感じです。
ずっしりと重たくなって4分の3ほど沈んでいます。
※余り長く水に漬け込み過ぎると水が染み込み過ぎて水切れが悪くなります。

産卵木を日陰で干します
水から揚げた産卵木を日陰で干します。
※画像の様にカゴやザルをひっくり返して上に乗せると水切れが良くなります。

この状態で6から8時間ほど日陰で干します。

産卵木の樹皮を剥がします
日陰干しが終わったら産卵木の樹皮を剥がします。
ステーキナイフを使うと簡単かつ安全に作業を行えます。

産卵木の樹皮を完全に剥がします。
画像の様に産卵木の樹皮は完全に剥がしてしまって問題有りません。

Beケース(中)に産卵マットを入れます
Beケース(中)に産卵マットを入れます。
固めない状態で飼育容器の下から4分目(4割)のところで一旦入れるのを止めます。

マットプレスでマットを固めます
次にマットプレスでマットを固めます。
その際に容器の底が割れない様に下に玄関マット(足拭きマット)を敷いています。
(古新聞や古雑誌などでも代用が効きます)

※前の画像で紹介したマットの量(4分目)で固めると約4から5センチ前後の固いマットの層が底に出来ると思います。

固めたマットの上に産卵木を置きます
固めたマットの上に産卵木を置きます。
※画像の向きに入れると無理が無くスッポリと収まります。

残った産卵マットで産卵木を完全に埋め込みます
残った産卵マットで産卵木を埋め込みます。
説明通りの量で作業を進めるとちょうど1袋(4リットル)を使い切って1セット組めると思います。
※マットは、使い残すとキノコバエの温床になりやすいので注意が必要です。

手で軽く押さえて隙間を埋めます
上から手で軽く押さえて容器や産卵木の間に出来た隙間を埋めます。
ここでは、強く固める必要は有りません。
上を固く固め過ぎると底の部分が酸欠を起こしやすくなります。
※産卵木の水気で底の部分のマットの含水率が少し上がるので酸欠には注意が必要です。

ダイトウヒラタクワガタの産卵セットの出来上がり
ダイトウヒラタクワガタの産卵セットの出来上がりです。

ダイトウヒラタのペアリング
産卵セットの容器にクワガタを入れる前に予め4から5日前から画像の様にBeケース(ミニ)でオスとメスを同居(ペアリング)させておくと効率が良いです。
※ケースの中には、ココパウダーマット超高たんぱくワイドカップゼリーワイドカップ用エサ皿(1つ穴空き)を入れています。

ダイトウヒラタは、小型のクワガタですが極稀にオスがメスを挟んで殺してしまう事が有るのでオスのアゴを縛った方が良いかもしれません。
クワガタのオスのアゴ縛りについて>>>

いきなり産卵セットの容器に入れると特にメスが潜ったままになってしまう事が多いので交配する迄に時間が掛かり過ぎる事があります。

産卵セットにダイトウヒラタのメスを入れています
産卵セットを組んだ容器には、先ほどの方法で交配(ペアリング)させたメスのみを入れます。
飼育容器の中には、クヌギの落ち葉(転倒防止)ホワイト高たんぱく昆虫ゼリーイエロー果汁昆虫ゼリープチエサ皿を入れています。
エサ皿は、スペースに応じてお好みで構いません)

※気温や季節、メスのコンディションにもよりますが約1ヶ月経過しても卵や幼虫が見えない時だけ再びオスを3日ほど入れると良いです。

ダイトウヒラタの産卵セットの割り出し(幼虫採取)の記事>>>

 

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>

クワガタの産卵用品の販売はコチラ>>>

産卵に最適!国産昆虫ゼリーの販売はコチラ>>>

コバエ防止飼育ケース(Beケース)の販売はコチラ>>>

ヒラタクワガタ飼育、産卵用品フル装備セット>>>