天然の屋久島産ヒラタクワガタの産卵セット開始!

今晩の採集は、直前の雨で中止になってしまいましたので先日から定期的に入荷している屋久島の天然クワガタの産卵を紹介したいと思います。

今回は、屋久島産のヒラタクワガタの産卵方法(産卵セット)の紹介です。

屋久島産ヒラタ
画像は、先日入荷した屋久島産ヒラタクワガタ(50ミリ台前半)のオスです。
※画像の個体は、越冬個体につき販売は致しておりません。

屋久島産ヒラタは、本土のヒラタクワガタよりも少しアゴが太くてガッチリした感じのクワガタです。
未だ亜種認定されていない離島産のヒラタクワガタです。

屋久島の天然個体を本格的に販売するのが今年が初めてになるのでどんなクワガタと出会えるか今から楽しみです。

それでは、実際の産卵方法を紹介したいと思います。

IMG_1837
先ず、クヌギの産卵木(Mサイズ)を1本用意します。
この太さの産卵木がマットに埋め込むタイプのクワガタの産卵に最も適しています。

産卵木を加水しています
産卵木を加水している様子です。
産卵木は、最初は乾燥しているので水を染み込ませる必要が有ります。
※画像の様にプカプカと浮かぶので重しを乗せると手っ取り早いです。

産卵木に重しを乗せています
産卵木に重しを乗せて時間短縮をしている様子です。
※画像は使わなくなった漬け物用重しですが水を入れたペットボットルや洗面器でも代用可能です。

ブクブクと泡を出しているのが分かります。
この状態で約2から3時間程度で水から上げます。

産卵木を日陰で干しています
水から上げた産卵木を逆さまにしたカゴの上に乗せて日陰干しをしている様子です。
地面から上げる事で水切れが早くなります。
画像のカゴは、八百屋さんで貰ったオクラカゴ(オクラの入荷時に入っているカゴ)です。※通気性があるカゴ状の物なら何でも大丈夫です。

この状態で6から8時間ほど日陰で干すと良いです。

産卵木の樹皮をステーキナイフで剥がしている様子です。
産卵木の樹皮をステーキナイフで剥がしている様子です。
この道具が最も安全で手軽に樹皮を剥がせます。

産卵木の樹皮を全部剥がします
画像の様に産卵木の樹皮は、全部剥がしてしまって構いません。

Beケース(中)に産卵マットを入れます
Beケース(中)産卵用マットを入れている様子です。
ここでは、固めない状態で容器の4割程度まで入れて一旦止めます。

木製マットプレスで固めます。
次に木製マットプレスでマットを固めます。
容器を割らない様に下に玄関マット(ゴム製足拭き)をクッションの替わりに敷いています。※古雑誌や畳んだ新聞紙、ボール紙でも代用が出来ます。

マットプレスは、現在欠品中ですが7月頃にリニューアルして再販予定です。
新作の木製マットプレスは、『木工ろくろ職人』の拘りの作品で今迄の3パーツ(プレス部のヘッド、軸、持ち手)では無く、ヘッドと軸が一体化した部分と持ち手の2パーツで構成されておりダイレクトに先端に力が伝わると思います。
素材は、水気に強いヒノキを使用する予定です。

また、従来品よりもヘッド部の高さを最も固く詰める事が出来るギリギリまで低く調整しております。(ヘッドの直線部分の高さは従来品の半分の14ミリまで落としましたが全体の長さに変更はありません)
※ヘッド部分が7ミリの激薄バージョンも試作品で作っていただいたのですが落としたり、使い込むうちに摩耗してマズい感じになったのでお蔵入りになりました。

マットを固め終わった後の様子
話は横道に逸れましたが固め終わった後の横からの様子です。
底の部分の固まったマットの層が5センチ前後あれば大丈夫です。
※足りない場合は少しマットを加えて再度固めると良いです。

樹皮を剥がした産卵木を置きます
固めたマットの上に先ほどの樹皮を剥がした産卵木を置きます。
ど真ん中に入れると良いです。

上から残りの産卵マットを被せます
これまでの説明通りの分量や方法を行うとBeケース(中)で1袋(4リットル)をジャストで使い切れると思います。
※画像は、店長が手を滑らせてしまい分かりにくくて申し訳御座いません(汗)

手で軽く抑えて隙間を埋めます
容器と産卵木の間の隙間を埋める様に手で軽く押さえて行きます。
ここでは、強く固める必要は御座いません。
※固く詰め込むと容器の底の部分が酸欠を起こしてしまい台無しになってしまいます。
産卵木と底の固めた層及びその周辺に産卵する傾向があります。

屋久島産ヒラタの産卵セットが完成しました
屋久島産ヒラタクワガタの産卵セットの完成です。

屋久島産ヒラタの産卵時の飼育例
先ほどの容器にクワガタを入れて完成です。

イメージの為にオスも入れて撮影していますが野外採集品(自然下で高確率で交配)につきメスのみ単体で産卵可能です。
※メスの挟まれ事故防止の為、オスは別の容器で飼育されると良いです。
繁殖品の場合は、勿論ペアリングの必要が御座います。

画像の飼育用品は、転倒防止用クヌギの落ち葉プチエサ皿(2個)、ブラウン黒糖ゼリー(左上)、エキストラバナナ昆虫ゼリー(右下)です。
エサ皿は、お好みで構いません。

※ヒラタクワガタの仲間の産卵には、飼育用品フル装備セットがお得です。

繁殖させるとどんな個体が出て来るか今から楽しみです!

 

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>

産卵用品の販売>>>

コバエ防止飼育ケース(Beケース)販売>>>

国産プレミアム昆虫ゼリー>>>

産卵木の販売>>>

昆虫マットの販売>>>