タカラヒラタと本土ヒラタの幼虫とトカラノコギリ等の割り出し

今日の福岡県福津市は、日中の気温が30度を超え昨日までの涼しさが嘘の様な蒸し暑い一日でした。
今日は、夕方から幼虫のエサ交換と割り出しをメインに作業を行いました。

今回は、ヒラタクワガタの仲間がメインでしたが何匹か大きな幼虫がいたので紹介します。

タカラヒラタクワガタの幼虫22グラム画像は、1本目(2016年7月5日)にクヌギ菌糸ビン550ccに投入して本日エサ交換を迎えたタカラヒラタクワガタの幼虫22グラムです。
1本目を食い上げた時点で20グラム超えは期待が持てるサイズです。
※因に飼育温度は20から22℃です。

タカラヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

タカラヒラタの幼虫23グラム
こちらも同じく7月5日にクヌギ菌糸ビン550ccに投入して本日(9月26日)にボトルからエサ交換の為に出したタカラヒラタの幼虫です。
何と1本食い上げで23グラムもありました。

マットボトル850ccに投入しました
2本目は、マットボトル850ccに入れてみました。
終齢幼虫の菌糸ビンの暴れによる激縮みを回避する為です。
※本来は、菌糸ビン850ccに入れてみたいところでしたが最近お客様から2本目は、ショートカットしてマットボトルにした方が大きい個体が出ているというご報告をいただきましたので実験を兼ねています。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

 

本土ヒラタクワガタの幼虫20グラム
こちらは、1本目(6月27日)にクヌギ菌糸ビン550ccに入れた本土ヒラタクワガタ(鹿児島県産)の20グラムの幼虫です。
ちょうど3ヶ月経過しましたが1本目でマズマズの大きさです。
※店長(兄)曰く、数日前に1本目で22グラムを超えていた幼虫もいたそうです。

国産ヒラタの産卵方法を紹介した過去の記事>>>

マットボトル850ccに入れた本土ヒラタクワガタの幼虫
こちらも同じく2本目はマットボトル850ccへ投入しました。
本土ヒラタクワガタ(国産ヒラタクワガタ)は、成長速度(加齢速度)が早いので2本目はマット飼育の方が無難です。
※ご自身でマット詰めをされる場合は、マットプレスなどを用いて無添加虫吉幼虫マット850cc空ボトルに思いっきり固く詰めてください。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

今日は、その他にも産卵セットの割り出しを行いましたので少しだけ紹介したいと思います。
※どれも爆産とは行きませんでしたが概ね20匹前後の幼虫が出て来ました。

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>

トカラノコギリの産卵セット
こちらは、夏に産卵セットを組んだトカラノコギリクワガタ産卵セットの割り出しの様子です。
※マット(産卵マット)に沢山の幼虫が出てきています。
卵も多かったですが27匹の幼虫が出て来ました。

トカラノコギリの産卵セットを紹介した過去の記事>>>

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>

ヤクシマスジクワガタの幼虫
こちらは、クヌギ産卵木Sサイズから出て来たヤクシマスジクワガタの幼虫です。
屋久島に生息するスジクワガタの亜種で赤みが強い個体が多いのも特徴です。
※左の大きな幼虫が二齢幼虫で、右の小さな方が初齢幼虫です。

今回は、少し駆け足気味の紹介でしたが幼虫飼育の秋を迎えているので面白い情報が御座いましたら紹介したいと思います。

 

菌糸ビンの販売>>>

幼虫のエサの販売>>>

産卵木の販売>>>

昆虫マットの販売>>>