スジクワガタの産卵木の割り出しの様子。

今日の福岡県福津市(北部九州)は、昨日からの真冬並みの寒さが少し残っている感じでしたが明日から少しずつ暖かさが戻る様です。
※今年は、年明けから暖かい日と寒い日の温度差が極端過ぎます。

今回は、先日(3月7日)に行ったスジクワガタ産卵セットの割り出しの様子を紹介したいと思います。

年末に産卵セットを組んだのですが幼虫や卵が異常に小さい種類なのでエサだけ与え続けて割り出しを先延ばしにしてしまいました(汗)
※一昨日は、とりあえず2セットだけ割りました。

スジクワガタの産卵方法を紹介したブログ記事>>

今回使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育容器Beケース(中)成虫マットクヌギ産卵木S(2本)、ホワイト高たんぱくゼリーイエロー果汁ゼリープチ餌皿です。

成虫マットから出て来たスジクワガタの幼虫です。飼育容器(Beケース中サイズ)をひっくり返すと成虫用マットの中から小さな二齢幼虫が出てきました。
※スジクワガタの幼虫は、コクワガタの仲間同様に朽ち木が好きです。

スジクワガタの二齢幼虫マットの塊からも二齢幼虫が出てきました。
※他のクワガタの初齢幼虫に毛を生やしたような大きさ(小さささ)です。

スジクワガタのメスが齧った産卵木です。スジクワガタのメスが産卵のために齧りまくった産卵木です。
2本のうち1本がド派手に齧られていました。

産卵木から出て来たスジクワガタの幼虫早速、マイナスドライバーを用いて産卵木を一刀両断してみると食痕(幼虫が喰い進んだ痕)と共に幼虫が出てきました。

スジクワガタの初齢と二齢幼虫こちらは、産卵木から出て来た初齢幼虫(左)と二齢幼虫(右)を並べた画像です。
写真では、大きさが伝わりませんが初齢の方は、パッと見た感じ2ミリ前後で米粒よりも確実に小さいサイズです。

一言だけ言える事ですが幼虫が小さすぎて一発割り出し全回収は絶対に不可能です。

クワガタの幼虫の成長過程>>

産卵木のなかのスジクワガタの幼虫スプーンの上に乗るような5センチ未満の産卵木の破片の中にも小さな小さな初齢幼虫がいます。
※画像では、二匹の幼虫が確認できますが中心部分から更にもう1匹出てきて合計3匹が入っていました。

スジクワガタの割りカスを保管します。幼虫も小さいですが卵の大きさもアンパンの上に付いている粒々(加熱処理されたケシの実)くらいのサイズなのでBeケース(中)に割りカスを戻して1ヶ月から1.5か月後に再びひっくり返して幼虫を回収する予定です。

スジクワガタの割り出し結果最初の1セット目は、22匹の幼虫が出てきました。
割りカス(幼虫を回収した後のマットや産卵木の屑)の中にも未だ幼虫が残っていると思いますので最終的には、もう少し増えると思います。

スジクワガタの幼虫をカップに入れます。割り出した幼虫は、画像の様に一時管理用カップ無添加虫吉幼虫マットもしくは、虫吉オオクワマットを固めずに入れて5日ほど養生させてから二齢幼虫でマット飼育を開始します。
※割り出し時に傷ついたり成長不良の幼虫を見極める為に二齢からボトルに入れるのが手堅いです。

幼虫には、幼虫飼育ボトル550ccにオオクワマットを木製マットプレスを用いてカチカチに押し固めた物を与えます。
※お客様から無添加虫吉マットでも大きく育つというご報告もいただいているのでお好みでも大丈夫だと思います。

スジクワガタの産卵木こちらは、もう一方の産卵セットの中の産卵木です。
こちらは、表面から幼虫の食痕が見えるほどでした。

産卵木から出て来た幼虫産卵木の表面から出て来た二齢幼虫です。

産卵木から出て来た幼虫こちらは、産卵木(シイタケのホダ木)の植菌部分の穴に入り込んでいた小さな幼虫です。

駆け足での紹介になってしまいましたが二本の産卵木には、それぞれ10匹前後の幼虫が入っていました。

マットから出て来たスジクワの幼虫勿論、マットからも少しですが幼虫が出てきました。

スジクワガタの2セット目の結果こちらも1回目と同様に22匹の幼虫が出てきました。
途中で目が疲れたので大まかに割って割りカスは、Beケース(中)に戻しました。

最近もアカアシクワガタを2セット割って同数の結果だったので凄い偶然だと思います。(以前のアカアシクワガタの割り出しの記事>>)

双子パワーなのかもしれません。
クワガタ工房虫吉は、兄の虫吉店長と弟(自称:影武者店長、むしきち)の双子の昆虫好き兄弟でやってます。

 

産卵木の販売は、こちらです>>

昆虫マットの販売はこちらです>>

コバエ防止飼育容器Beケースはこちらです>>

産卵に最適!国産プレミアム昆虫ゼリーはこちらです>>