オキナワヒラタとゴトウヒラタの大型幼虫

3月も上旬が終わりに差し掛かっていますが九州北部の福岡県福津市は、まだまだ寒い日が続きそうです。

今回は、先日から行っているクワガタの幼虫のエサ交換で出て来た大型の幼虫の紹介をしてみたいと思います。

ブナ菌糸ビン550ccを食い尽くしたオキナワヒラタの幼虫画像は、2016年12月6日に二齢幼虫でブナ菌糸ビン550ccに投入したオキナワヒラタ(久米島産)の大きく育った終齢幼虫です。

理想的な喰い上がり(ボトルの下から上に向かって綺麗に上がる事)で期待が持てます。

菌糸ビンから出したオキナワヒラタの幼虫菌糸ビンから出してみると丸々と太った大きな終齢幼虫に育っていました。

幼虫のエサ交換の方法>>>

クワガタの幼虫の成長過程>>>

オキナワヒラタの21gの幼虫早速、体重を測ってみると1本目で何と21グラムの特大サイズに育っていました。
今後に期待が持てる幼虫です。

マットボトル850ccに幼虫を投入しました。勿論、いつもの様に無添加虫吉マットボトル850ccに投入しました。

理由は、マットの方が大きくなるからです。
菌糸ビンに入れてしまうと終齢幼虫の後半で高確率で暴れ(菌床のかき混ぜ)を起こして逆に小さくなってしまうので1本目の菌糸ビンで大きくなる要素を持つ終齢幼虫に育ててしまえば、低ストレス(低刺激)の無添加虫吉マットで確実に大きく育ってくれます。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ゴトウヒラタの終齢幼虫画像は、1本目菌糸ビン→2本目マットで飛躍的に肥大化したゴトウヒラタ(宇久島)の終齢幼虫です。

ゴトウヒラタの産卵を紹介した記事>>>

ゴトウヒラタの幼虫24g体重測定を行ってみると24グラムの大型幼虫です。
2本目のマットボトル850ccで順調に大きく育ってくれました。
今回の交換で更に育ってくれると久しぶりに75ミリオーバーを狙えそうな予感もします。

■因みに下記のエサ交換で飼育中です。

・1本目(2016年9月2日、二齢):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月27日、終齢):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月8日、終齢):無添加虫吉マットボトル850cc

おそらく、今回の交換が蛹化前の最後の交換になると思います。

マットボトルに入れたゴトウヒラタクワガタの終齢幼虫マットボトルに入れるとパワフルに潜って行きました。
無添加虫吉マットは、幼虫が大好きな菌床と良質の朽ち木を無添加で発酵させていますので悪臭や変なガスが発生しないので固く詰めても食い付きがバツグンです。

初夏から夏にかけて羽化ラッシュがあると思いますので個人的に楽しみにしています。

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>>> ●昆虫マットの販売>>>