本土ヒラタクワガタの羽化(70ミリの羽化情報も)

今日の福岡県福津市は、朝方の雨が止んだ後は少し肌寒い曇りの天気でした。

今日も引き続き、今月の羽化チェックで出て来たクワガタの紹介をしてみたいと思います。

宮崎県産本土ヒラタクワガタ68ミリ
画像は、今月羽化の本土ヒラタクワガタ(宮崎県宮崎市産)68ミリの大型個体です。
本土ヒラタについて

70ミリには、遠く及びませんがこの時期のやや早期羽化の割に大きなサイズだと思います。

冬場に暖房で温度を一定に保っているのですが棚の上の方やエアコンの真向かいは温度が上がりやすいので早期羽化を起こしやすくなります。
※クワガタの大型個体作出の際は、温度を下げる方よりも上げる方がが難しいと何時も痛感させられます。
(早く羽化させたい種類を意図的に気温が上がりやすい場所へ移動させる事もありますが・・・)

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年7月25日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月20日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※1月下旬に既に前蛹(蛹の直前段階の幼虫)になっていたので3本目への交換は無しです。

2本目は、菌糸ビンの暴れ(掻き混ぜ)による縮み(サイズロス)を避けて大型個体を狙う為、無添加虫吉幼虫マットでのマット飼育へ切り替えています。

菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育について>>

本土ヒラタ67ミリこちらは、福岡県福津市産の本土ヒラタクワガタ67ミリの大型個体です。

昨年の初夏に自己採集した天然のメス産卵セットを組んで産まれた幼虫を羽化させました。
ヒラタクワガタの産卵方法を紹介した記事>>

綺麗なカッコいい個体なので紹介してみました。

■因みに下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年7月13日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月15日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※1月中旬に蛹室(サナギの部屋)が見えていたので3本目への交換は無しです。

本土ヒラタクワガタ67.9ミリこちらも最新羽化の福岡県福津市産の本土ヒラタ67ミリ(限りなく68ミリに近い)オスです。

交換リレーは、先ほどのヒラタと全く同じですが若干早く羽化しました。

●新成虫の飼育管理には、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットが便利です。

本土ヒラタクワガタ70ミリ画像は、今回の最大サイズの福岡県福津市産の本土ヒラタクワガタ70ミリです。
今日は、福岡、宮崎、鹿児島県産のヒラタクワガタのオスが合計で6匹ほど羽化していましたが最大サイズでした。

■下記のエサ交換で羽化させました。
(いつも通りの虫吉式の菌糸ビンからマットへの切り替え飼育です。)

・1本目(2016年7月13日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月15日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※1月中旬に蛹室を作っていたので3本目への交換なしで羽化しました。
2本成りの経済的な70ミリです。

今年の福岡県産のヒラタの羽化は、昨年の5月下旬から6月のヒラタのメスの集まりが悪かったので来月以降に本格的な羽化が始まるかもしれません。
※秋から冬も天然採集品のメスを産卵させて幼虫が出ていますので今年は夏も羽化するかもしれません。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>

福岡県福津市産の本土ヒラタ70ミリ先ほどの個体の画像です。
ツルツルの綺麗な70ミリオーバーのオスです。
メスの羽化次第になりますが翅が固まったら販売予定です。

本土ヒラタ福岡県福津市産70ミリのコーナーです>>

※追記:画像のヒラタクワガタは、3月14日17時過ぎに売り切れてしまいました。
次回の羽化をお待ちくださいませ。

■クワガタ工房 虫吉のホームページには、入荷案内のメール登録機能がございます。
販売をお約束する機能ではございませんが個別の予約販売を行っていないので興味がある方は、品切れの商品ページのカート(カゴ)の部分に【入荷連絡を希望】というボタンがあるので📧アドレスのみを登録しておかれると出品時にサーバーから自動送信のメールが届くので便利です。
※人気商品の場合は、早い者勝ちになります。
また登録されても極端な小型や大型サイズの場合、羽化する確率が低いので入荷(羽化)するまで何年も掛かるか送信されないかのいずれかになります。
あらかじめご了承ください。

本土ヒラタクワガタの通販コーナー>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

大型クワガタ写真ギャラリー

菌糸ビンの販売>> 昆虫マットの販売>>

昆虫ゼリーの販売>>