ヤクシマコクワ、ダイトウヒラタの赤いクワガタ等の羽化

三連休中の九州北部は、暖かい過ごしやすい日が続いています。

今日は、先週から行っている羽化チェックで出て来たクワガタを少しだけご紹介します。

現在、蛹化ラッシュに突入しつつあるので本格的な羽化は来月から5月になりそうです。

今回は、赤くて綺麗なクワガタを紹介します。

ヤクシマコクワ49ミリ画像は、2月下旬に羽化したヤクシマコクワ49ミリオーバーです。
※50ミリを期待しましたが早目の羽化なので0.5ミリだけ届きませんでした。

ヤクシマコクワは、本土コクワの亜種で赤みが強く綺麗なクワガタです。

早期活動(早く成熟)する傾向が強く、夏を迎えると羽化して数ヶ月で産卵したご報告が有ります。
※2月羽化でも個体差や環境にもよりますが今年の夏に産卵可能になると思います。

前回のブログで天然のメスの産卵方法を紹介しましたので参考にしてみてください。

ヤクシマコクワの産卵方法を紹介した記事>>

■画像の個体は、昨年の初夏に入荷した天然のメスで産卵セットを組み割り出した幼虫を下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年8月2日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月8日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(飼育ボトル550cc木製マットプレスでカチカチに詰めた物)

2本目の交換は、菌糸ビンに入れるよりもマットにした方が暴れずに逆に大きくなるので微添加で固詰め仕様の虫吉オオクワマットへ切り替えています。

マットから菌糸ビンへの切り替え飼育について>>

クワガタの幼虫の成長過程について>>

画像の個体は、現在ホームページにアップしています。

ヤクシマコクワの通販ページ>>

コクワガタの幼虫飼育方法>>>

ダイトウヒラタ54ミリこちらは、赤くて人気があるダイトウヒラタの54ミリです。(2017年2月羽化です。)

今年に入って50ミリオーバーが羽化していますが綺麗な赤い発色の個体ばかりです。

ヒラタクワガタの仲間は、成熟が早いので2から3月羽化でも初夏から夏には産卵可能です。

ダイトウヒラタの産卵方法を紹介した記事>>

因みにひっくり返してみた画像もご紹介します。

ダイトウヒラタ54ミリの裏返しの画像先ほどの54ミリを裏返しにした画像です。

ダイトウヒラタの綺麗な個体は、裏側も綺麗です。

■因みに下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年4月25日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年6月4日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年10月11日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※2017年1月13日に蛹室の中からサナギの姿を確認したので4本目への交換は行っておりません。

いつもの『菌糸ビンからマットへの切り替え飼育』です。
無添加虫吉マットは、幼虫へのストレスが少なく確実に伸びてくれます。

こちらは、今月中には販売できると思います。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>

ダイトウヒラタ55ミリこちらは、3月10日に羽化したばかりのダイトウヒラタ55ミリ(56ミリに限りなく近い)のオスです。

今年は、昨年よりも大型個体が多く羽化しているので今後の羽化が楽しみです。

■こちらの個体は、下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年5月19日、二齢):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月3日、終齢):無添加虫吉マットボトル850cc

※1月10日に前蛹(サナギになる直前段階の幼虫)になっているのを確認したので3本目への交換は行っておりません。

ダイトウヒラタは、見かけ(大きさ)によらず、幼虫期間が大型離島産ヒラタ並に長いです。
※サキシマヒラタの方が早期羽化の傾向が強いです。

マットは、3から4ヶ月毎に交換する必要があり、大型個体の場合は、3本目が発生します。

画像の個体は、まだ柔らかいので来月以降の販売になると思います。

ダイトウヒラタの通販コーナー>>

タカラヒラタのメス44ミリオーバーこちらは、タカラヒラタの44.8ミリの限りなく45ミリに近い超特大サイズのメスです。(2017年2月羽化です。)

今年のタカラヒラタは、以前のブログでご紹介したとおり、大きく育っているので今後の大型個体の羽化が楽しみです。

以前紹介したタカラヒラタの超特大幼虫乱発の記事>>

■ちなみに下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年6月19日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月5日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※2017年1月9日には、前蛹だったので3本目への交換は無しです。

真冬の繁殖場の気温は20度前後(18から20℃程度)に抑えていますので全体的に蛹室を作って羽化するまでの期間が若干長くなっています。

タカラヒラタの産卵方法を紹介した記事>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

スジクワガタ35ミリこちらは、2017年3月羽化のスジクワガタ35ミリの大型のオスです。

2016年4月21日に1本目のオオクワマット(飼育容器550ccにマットプレスで固く詰めた物)に入れてから1本成りのズボラ飼育ですが無事に羽化してくれました。
スジクワガタは、大きさの割に幼虫期間が長いクワガタです。

ヤマトサビヤクシマスジ、スジクワガタは、幼虫の大きさがコクワガタ以下なので交換時に潰してしまった過去の苦い経験からどうしても交換に踏み出す勇気がありません(汗)

スジクワガタの産卵方法を紹介した記事>>

スジクワガタの通販はこちら>>

羽化したての新成虫の飼育は、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットがお勧めです。(Beケースミニとの組み合わせが最適です。)

大型クワガタ写真ギャラリー

昆虫マットの販売>> ◆昆虫ゼリーの販売>>

菌糸ビンの販売>> ◆Beケースの販売>>


ヤクシマコクワ、ダイトウヒラタの赤いクワガタ等の羽化” への3件のコメント

  1. きんしびん飼育で朝鮮ひらたを飼ってます。ほとんどきんしを食べてないのですが3か月で交換したほうがいいのですか?

    • コウチャン様

      コメントありがとうございます。
      菌糸ビンは、中身のオガクズをキノコの菌糸が絶えず分解していますので概ね2から3ヶ月で見た目が綺麗でもクワガタのエサに適さない状態になってしまいます。
      交換をお勧めしますが菌糸ビンを余り食べない種類に菌糸ビンを使っても勿体無いのでマット飼育へ切り替えていただいても良いと思います。
      ※クワガタ工房 虫吉では、殆どのクワガタが『菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育』で羽化しています。

      宜しくお願い致します。

      • ありがとうございます🎵むしきちさん、宜しくお願いします

コメントは受け付けていません。