トカラノコギリなどノコギリクワガタの幼虫のエサ交換

3月も下旬に差し掛かり、いよいよ本格的な春が近付きつつあります。

車の運転中に田んぼの土手の横を通ると沢山のツクシが顔を出していました。

今日は、ノコギリクワガタの仲間の幼虫のエサ交換の様子を少しだけ紹介したいと思います。

クワガタの幼虫のエサ交換の方法>>

トカラノコギリの幼虫です。画像は、エサ交換の為にマットボトル850ccから出したトカラノコギリの終齢幼虫です。

ノコギリクワガタの幼虫は、成虫の体系が細長いのでヒラタクワガタに比べると小振りですが羽化すると意外と大きなサイズで出てくる事が有ります。

マットボトルの中のトカラノコギリの食痕先ほどの幼虫を取り出した後のボトル内を見てみると中心に大きな食痕が有りました。
※奥には、ゴロゴロとした糞も見えます。
無添加虫吉幼虫マットは、菌床と朽木をブレンドして無添加で発酵させたマットなのでストレス無く食べてくれます。

トカラノコギリの終齢幼虫15グラム体重を測ってみると15グラムでした。
最後に一伸びして大型化してくれる事もあるので少しだけ期待したいと思います。
※過去の経験上、65から69ミリくらいで羽化すると思います。

■写真の幼虫は、下記のエサ交換で育てています。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月24日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月20日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

トカラノコギリクワガタの幼虫15グラム全く同じ交換リレーの兄弟の幼虫で同じく15グラムの幼虫が出てきました。

トカラノコギリは、夏ごろには羽化すると思います。

トカラノコギリの産卵方法を紹介した記事>>

クチノエラブノコギリの終齢幼虫13gこちらは、クチノエラブノコギリの13グラムの終齢幼虫です。

本土ノコギリの亜種ですがこの体重でも羽化すると65ミリ前後の大きさまで育つと思います。
※ヒラタやオオクワだとメスかチビオスのサイズですがノコギリクワガタの場合は心配ご無用といった感じです。

■下記のエサ交換で育てています。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月24日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月20日、終齢幼虫):虫吉マットボトル850cc

先ほど紹介したトカラノコギリクワガタのエサ交換が全く同じです。
※虫吉では、一度に50から100本単位で菌糸ビンやマットボトルを詰めて一気に幼虫の投入や交換を行っていますので概ね同時期の割り出しの物は同じ交換リレーになる事が多いです。

幼虫の成長過程について>>

クチノエラブノコギリの産卵方法を紹介した記事>>

国産ノコギリクワガタの幼虫11グラムこちらは、国産ノコギリクワガタの終齢幼虫11グラムです。

大きさは、そこそこですがノコギリクワガタの仲間は終齢幼虫の時のエサ交換時に気温が高いと極端に落ち着きが悪くなり潜らなくなってしまうので気温が低い春先に最後のエサ交換を済ませて夏の交換を避ける『ズボラ飼育』が上手くハマります。
※基本的にマットは3から4ヶ月毎の交換の必要がありますので夏に交換日が来ない様に春の交換でタイミングを合わせると良いです。

現時点で11グラムでも最後のボトルで成長して65ミリオーバーで羽化する事が多いです。

加温飼育の際は、終齢幼虫の交換直後の過度な(急激な)加温を避けてください。
マットや菌糸ビン内のバクテリア等の微生物が急激な温度上昇と共に活性し始めるので酸素が足りなくなります。
(クワガタ飼育だけでなく熱帯魚などの水棲生物の水槽の水温上昇でも同じことが言えますが・・・)

■画像のノコギリクワガタの幼虫は、下記のエサ交換で育てています。

・1本目(2016年8月19日、二齢):虫吉マットボトル850cc

・2本目(2016年11月24日、終齢):虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月20日、終齢):虫吉マットボトル850cc

※冒頭からお伝えした幼虫は、たぶん最後のマット交換になると思います。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>

国産ノコギリの産卵方法を紹介した記事>>

 

オキナワノコギリの終齢幼虫こちらの画像は、1本目のクヌギ菌糸ビン550ccからエサ交換の為に取り出したオキナワノコギリの終齢幼虫です。

秋になって天然のメスをダメ元で産卵させて何とか産まれた幼虫です。

オキナワノコギリの終齢幼虫10g体重は、10グラムですがオキナワノコギリの場合、1本目で十分な重さです。

オキナワノコギリの幼虫をマットボトルに入れました2本目は、菌糸ビンよりもマットの方が育ちが良いので恒例の菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育を行っています。

菌糸ビンに入れてしまうと高確率で暴れて激縮みを起こしてしまいます。

オキナワノコギリの幼虫11グラムこちらも先ほどのオキナワノコの兄弟のオスの幼虫11グラムです。

■先ほどの幼虫と同じ下記の交換リレーで育てています。

・1本目(2016年12月2日、二齢):クヌギ菌糸ビン550cc

・3本目(2017年3月20日、終齢):虫吉マットボトル850cc

ノコギリクワガタの仲間の幼虫は、成長(加齢)速度が遅いので3本目の交換が発生するかもしれません。

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>

昆虫マットの販売>>  ■菌糸ビンの販売>>


トカラノコギリなどノコギリクワガタの幼虫のエサ交換” への3件のコメント

  1. どうしても、マット交換が夏になったらどうしたらいいですか?

    • コウチャン様

      いつもお世話になっております。
      クワガタ工房 虫吉です。
      ブログの記事の補足を記載しておきます。
      過去の飼育経験やお客様からのご報告の限りでは、真夏や真冬の過度な加温管理の際はノコギリやミヤマの終齢幼虫の落ち着きが悪くなって潜らなくなる事が多いです。
      理由は、一定の温度を超えたり急激な温度変化で菌糸ビンやマットの土壌菌や菌糸、バクテリアが急激に増え過ぎて(活性し過ぎ)て酸素が不足するからです。
      したがって、マットのバクテリアが落ち着いた状態(投入から1ヶ月以上経過)で夏を迎えた方が幼虫の落ち着きが良いです。

      真夏の交換の際は、エアコンを効かせた状態でマットの温度を1から2日ほど下げてから幼虫を投入していただいたり、通常よりも温度を下げる等の工夫が必要ですが夏の低温下の飼育は、他のクワガタを飼育の際に蛹化や産卵の支障が出てしまう恐れがあります。

      そこで逆算をして交換を行うと良いです。
      例えば、9月に割り出した幼虫の夏前の最後の交換を4月末から5月上旬に行うと決めておけば、その前の交換を12月末頃と設定する事が可能です。
      したがって、交換リレーは、9月→12月→4月といった感じになります。(3ヶ月毎と4ヶ月毎の交換を上手く組み合わせてと記載した理由です)
      ※8月割り出しなら8月→12月→4月。
      10月割り出しなら10月→1月(もしくは2月)→4月(もしくは5月上旬)。

      虫吉では、ミヤマやノコギリは投入日から交換リレーを計算するのではなく、春から5月上旬から逆算して交換リレーを行っています。
      (なので少々のズボラ飼育でも大型個体が羽化しています。)
      参考にしてみてください。

  2. 丁寧に説明して頂きありがとうございました。

コメントは受け付けていません。