タカラヒラタ70ミリの羽化(2017年3月31日)

今日の福岡県福津市(九州北部)は、小雨が降る肌寒い一日でした。

4月に合わせるように近所の桜の開花が始まり、いよいよ春の到来を感じる今日この頃です。

今日は、3月末までに羽化したクワガタを少しだけ紹介したいと思います。
※少しフライング気味のご紹介なので直ぐの販売が厳しい個体ばかりです。

タカラヒラタ69ミリ画像は、2017年3月最新羽化のタカラヒラタ69ミリ極太系の特大サイズです。
※0.数ミリ70ミリに届いていませんが後から紹介する70ミリよりもサイズの割りに横幅があるので太くてカッコいいかもしれません。
(但し、アゴに凹みがあるので訳あり品販売になるかもしれません)

交換の際に特に大きさを感じなかったので途中の体重は記録していませんが無添加虫吉マットで飛躍的に伸びている事だけは確かです。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年5月27日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年8月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年11月24日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※1月30日には、前蛹(サナギになる直前の幼虫)になっていたので4本目への交換は行っていません。

2本目は、菌糸ビンに入れても暴れて伸びない場合が殆どなので無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育>>>

タカラヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

続いては、久しぶりの70ミリの紹介です!

タカラヒラタ70ミリこちらも3月最新羽化のタカラヒラタ70ミリの超特大サイズのオスです。
先ほど紹介した69ミリにも言えるのですが70ミリ前後の個体は迫力があります。

こちらも終齢幼虫時の交換の際に特に大きさを感じなかったので体重測定は行っていません。
※但し、2本目からの無添加虫吉マットで20グラムを大幅に超える重量まで伸びていると思います。

期待していなかった幼虫が70ミリを超えて羽化したので年明けに紹介した23から25グラムの幼虫群の羽化が楽しみです。
※これから気温が上がる季節を迎えるので日中は冷房を効かせてボトル内の温度が急激に上がらないように細心の注意を行う予定です。
(ボトル内の気温が上がると早く蛹化が始まります)

2017年1月10日に紹介したタカラヒラタの特大幼虫の記事>>>

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年5月27日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年8月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年12月12日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※1月26日には、前蛹(サナギになる直前の幼虫)になっていたので4本目への交換は行っていません。

因みに今回紹介したクワガタの幼虫飼育温度は、18から20度前後です。

菌糸ビンから無添加虫吉マットへの切り替え飼育は、暴れ防止や無難な飼育方法だと思われるかもしれませんが、大きく育てる為の飼育方法です。
1本目の菌糸ビンで大きくなる要素を持つ巨頭の終齢幼虫(通称:ビッグヘッド)に育ててしまえば後は、無添加で低刺激(爆食系)の虫吉マットで最大限まで伸びてくれます。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

クワガタの幼虫の成長過程>>>

羽化して間もない新成虫は、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットがオススメです。

今回紹介したタカラヒラタは、直ぐの販売は厳しいですが4月には販売できると思います。

大型クワガタ写真ギャラリー

タカラヒラタの通販コーナー>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>>> ・昆虫ゼリーの販売>>>

菌糸ビンの販売>>>