イキヒラタや国産ヒラタクワガタなどの羽化

2017年4月最初の投稿です。
こちら九州北部の福岡県福津市の朝は、少し肌寒かったですが昼過ぎからは暖かい春の天気になりました。

今回もこれから初夏に掛けて始まる羽化ラッシュ(現在は蛹化ラッシュ中)に先駆けて羽化したクワガタの紹介です。

春になると寒暖の差が大きくなるので2台のエアコン(1台は業務用の冷房専用、もう一方は暖房専用の効きが悪いエアコン)をフル活用して冷房と暖房の切り替えを慎重に行ています。

温度が上がりすぎると折角大きく育った幼虫達の早期羽化(早すぎる羽化=小型化)の原因になってしまいますので神経を使います。
※飼育用品の性能に関係なく気温が高すぎると大型個体は不可能に近くなります。

イキヒラタ75ミリ画像は、3月最新羽化のイキヒラタ75ミリの大型個体です。
年明けからポツポツと羽化していますが軒並み大きな個体が多いようです。

イキヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年6月15日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月5日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年1月9日に前蛹になっていたので3本目への交換は行っておりません。

1本目から2本目への交換は、冷房を効かせていても夏を挟んでいる為、それなりに加齢が進んでいましたのでマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

加齢が進んでいる幼虫に菌糸ビンを与えてしまうと逆に暴れ(菌床のかき混ぜ)を起こしてしまい大きくならない上に放置すると面倒な事になってしまいます。
菌糸ビン(菌床)の方が栄養が高いのは事実ですが終齢幼虫まで育つと食い付きを優先して無添加虫吉マットでの飼育が上手くハマってくれます。

画像の個体は、1本目の菌糸ビンを食い尽くした時点で20から21グラム程でしたが2本目のマットで体重を増やして75ミリで羽化(2本成り)していると思います。

イキヒラタクワガタの販売コーナー>>>

クワガタの幼虫の成長過程>>>

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ヒラタクワガタ鹿児島県産68ミリ画像は、同じく2017年3月最新羽化の国産ヒラタクワガタ(鹿児島県)68ミリの大型個体です。
南九州産のヒラタクワガタの70ミリまであと一歩のところまで来ていると思います。
※秋のエサ交換で20グラムオーバーの幼虫がいたので楽しみにしています。

2016年の秋に紹介したヒラタクワガタの幼虫の記事>>>

ヒラタクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

こちらも最初に紹介したイキヒラタ同様に2本成り(2本目で羽化)させました。

■エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年6月2日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月5日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※2017年1月中旬に蛹室が見えたので3本目への交換は無しです。

こちらも2本目の無添加虫吉マットで大きく育ってくれている事が想像できますが残念ながら先日紹介した2本成りで70ミリのヒラタクワガタの様には上手く行きませんでした。

2017年3月13日のヒラタクワガタ70ミリ羽化の記事>>>

今回の鹿児島県産ヒラタヒラタクワガタは未だ翅が柔らかいのでもう少し先の販売になると思います。

ヒラタクワガタの販売コーナー>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

アマミシカクワガタ47ミリ画像は、久しぶりの羽化になりますがアマミシカクワガタ47ミリの特大個体です。

こちらは、未だメスの羽化の確認が出来ていないのでお蔵入り(販売できない)かもしれません。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年4月4日、二齢幼虫):無添加虫吉マットを飼育ボトル550ccにマットプレスで固く詰めた物に投入。

・2本目(2016年年8月3日、終齢幼虫):同上(1本目と同じ)

※2017年1月の下旬には、蛹室(蛹になるための空洞)を作っていたのでエサ交換は無しです。

園芸用温室や冷温庫など密閉性が高い環境での温度管理の場合、乾燥が早まるので飼育ボトル850ccもしくはマットボトル850ccをお勧めします。
エアコンの際も加湿器で空気が乾燥しすぎない様に注意された方が良いかもしれません。
※上記の様に飼育環境によっては、飼育ボトル550ccにマットを詰めた際に乾燥のトラブルも予想されますので自己責任で行ってください。
(虫吉がマットボトル550ccを販売しない理由です。)

羽化したばかりの新成虫の飼育には、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットがオススメです。

大型クワガタ写真ギャラリー

アマミシカクワガタの産卵方法>>>

アマミシカクワガタの通販コーナー>>>

菌糸ビンの販売>>> ●昆虫マットの販売>>

昆虫ゼリーの販売>>