屋久島産ヒラタクワガタの幼虫のマット交換

こちら九州北部(福岡県福津市)は、朝から暖かい晴れの天気です。

近所の桜も少しずつ開花が始まり今日(2017年4月3日午前)の時点では、三分咲きといった感じです。

今回は、昨晩行ったクワガタの幼虫のマット交換で出て来た幼虫を紹介したいと思います。
※今回の交換は、初夏から夏の羽化(予定)を迎える幼虫の最後のエサ交換になると思います。
基本的に飼育温度は、18から20℃前後です。

屋久島産ヒラタクワガタ18g画像は、昨年の夏から天然採集品の販売を始めた屋久島産ヒラタクワガタの終齢幼虫です。
昨年入荷した天然のメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫です。

屋久島産ヒラタクワガタの産卵を紹介した記事>>>

■下記のエサ交換で飼育中です。

・1本目(2016年10月19日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月19日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年4月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

2本目は、菌糸ビンに入れるよりもマット飼育の方が結果が得られやすいので無添加虫吉マットへの飼育へ切り替えました。
※菌糸ビンに入れると暴れ(菌床のかき混ぜ)を起こしてしまい逆に小型化するリスクも高いので無添加菌床配合の虫吉マットの方が食い付きが良く確実に大きく育ってくれます。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

クワガタの幼虫の成長過程>>>

マットボトルから出した屋久島産ヒラタの幼虫こちらも先程と同じく屋久島産ヒラタクワガタの終齢幼虫です。
1本目の菌糸ビンから2本目のマットへの交換時は、14グラム程度でしたがマットボトルで飛躍的に大きく育ってくれました。

屋久島産ヒラタの幼虫19g体重測定を行ってみると19グラムの大型幼虫でした。
※現時点では一番大きな幼虫です。

ヒラタクワガタやノコギリクワガタの仲間の幼虫は、1本目(二齢から終齢へ脱皮した時点)で勝負が決まっているので1本目でしくじってしまうと2本目以降は、どんなに頑張っても大きくならないと言っても過言でないほどです。
※なので虫吉では、1本目だけ菌糸ビンを与えて巨頭の終齢幼虫(通称:ビッグヘッド)の発生率を上げて2本目以降の無添加虫吉マットでストレスなく大きく育てる作戦で大型個体を出しています。

上手くハマると2本成り(1本目菌糸ビン→2本目マット)で大型個体が羽化する事もあるほどです。

2本成りで本土ヒラタクワガタ70ミリの記事>>>

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

屋久島産ヒラタクワガタをマットボトルに投入しました。3本目の引き続きマットボトル850ccに投入して羽化を待ちます。

70ミリは、厳しいかもしれませんが65から69ミリの極太系個体で羽化してくれればと期待しています。

因みに交換リレーは、最初に紹介した18グラムの幼虫と全く同じです。

昨年、入荷した屋久島産の天然ヒラタは、お客様への販売分を優先させましたので繁殖数が少なく余り販売できないかもしれません。
今年も天然個体の入荷の機会があれば宜しくお願い致します。

幼虫のエサ交換の手順について>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>>  ◆昆虫マットの販売>>