アマミノコギリクワガタなど幼虫のマット交換(2017年4月)

こちら九州北部は、午前中からの雨で桜の花が一気に散り始めて地面に積もった花びらがとても綺麗です。

雨に濡れた桜の枝からは、緑色の葉っぱが所々に見えて新緑の季節が近づいている事を感じる今日この頃です。

今回は、午前中のブログに引き続き昨日行った幼虫のマット交換の様子を紹介したいと思います。

幼虫のエサ交換の方法について>>>

アマミノコギリクワガタの終齢幼虫画像は、2本目のマットから3本目の交換を迎えたアマミノコギリクワガタの終齢幼虫です。

昨年の夏に入荷した天然のメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てています。

アマミノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

アマミノコギリの幼虫18g体重測定の結果は、18グラムで2本目にしてはマズマズの大きさでした。

※2本目をマットボトル850ccに入れましたが冒険したい場合は、オスのみ2本目をブナ菌糸ビン850ccでも大丈夫です。
但し、気温や加齢具合によっては、暴れてドボン(撃沈)の危険性もありますので慎重に判断してください。

因みに下記のエサ交換で飼育中です。

・1本目(2016年10月15日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月29日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年4月10日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

前述のとおり、2本目以降は、菌糸ビンの暴れ(菌床のかき混ぜ)を起こさずに成長させるため、無添加虫吉マットでの飼育へ切り替えました。
※この方法でも75から76ミリが羽化しています。

菌糸ビンからマットへの切り替えについて>>>

アマミノコギリクワガタの幼虫こちらも先ほどと同様の1本目菌糸ビン→2本目マット飼育のアマミノコギリの終齢幼虫です。

マットの中にゴロゴロとした沢山のフンが目立ちます。
※菌床配合の無添加マットなので幼虫の食い付きは抜群です。

アマミノコギリクワガタの幼虫19g体重を測ってみると先ほどの幼虫よりも一回り大きい19グラムです。

今年は、飼育温度が低いので夏に蛹化せずに秋にも4本目のマット交換が必要かもしれません。

因みに2015年の11月に割り出した幼虫が二年一化(二年かけて羽化する事)でようやく蛹になっているほどです。

早く羽化させたい場合は、暴れ覚悟で2本目に菌糸ビン投入して終齢末期まで一気に成長(加齢)させたほうが良いかもしれません。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

アマミノコギリの幼虫をマットボトル850ccに入れました。こちらの3本目も引き続きマットボトル850ccへ投入しました。

交換リレー(交換や投入日、エサの種類)は、最初の幼虫と全く同じです。

まだまだ大きくなってくれそうな色ですが今年中に羽化しないかもしれません。

現在最新羽化ののアマミノコギリのペアを少しだけ販売中です。

アマミノコギリの通販コーナー>>>

国産ノコギリクワガタの幼虫こちらは、国産ノコギリクワガタの2本目から3本目の交換を迎えた終齢幼虫です。

こちらも昨年の夏に採集した天然個体で産卵セットを組み産まれた幼虫です。

国産ノコギリクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

国産ノコギリクワガタ10g体重を測ると10gですが夏までに最後の一伸びで65ミリ以上で羽化してくれることが多いです。
但し、気温が高くなる季節のエサ交換は、極端に幼虫の落ち着きが悪くなるので春に交換を済ませて夏の交換を避ける必要があります。
※他のクワガタにも言えますが特にノコギリクワガタの仲間とミヤマクワガタが環境の変化に敏感に反応して上に出て来て潜らなくなります。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

菌糸ビン用シャベルでマットに穴を空けますマットボトルに幼虫を投入する際は、菌糸ビン用のシャベルを用いると楽です。

マットボトルにノコギリクワガタの幼虫を入れます。3本目もマットボトル850ccへ投入です。

※今回交換のノコギリクワガタは、9から11グラムばかりでしたが、そこそこの大きさで羽化してくれると思います。

■エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年8月19日、二齢):無添加虫吉マットボトル850cc

・2本目(2016年11月20日、終齢):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年4月10日、終齢):上記のとおりです。

ノコギリクワガタは、早期羽化の個体が5から6月頃に羽化してくると思いますが今回紹介した分は、もう少し後の羽化になるかもしれません。
※アマミノコギリよりも幼虫期間が短いので、国産ノコギリは、今回の3本目が最後の交換になると思います。

 

国産ノコギリクワガタの解説>>>

ノコギリクワガタの商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ◆菌糸ビンの販売>>