トクノシマノコギリの幼虫飼育(マット交換の様子)

桜の花吹雪今日の福岡県福津市(北部九州)は、朝から晴れの暖かい一日でした。
先日のブログの冒頭でお伝えした桜の花も散り際を迎えました。
時々吹く強い風で青空高く舞い上がる『桜吹雪』が見事だったので写真に撮ってみました。
地面に積もった花びらもピンクの絨毯の様で綺麗でした。

話は、クワガタ飼育に戻りますが毎年の様に桜の季節が終わった頃から徐々に羽化ラッシュが始まります。
以前にお伝えした大型幼虫もサナギになっているので大型個体の羽化が楽しみです。
※但し、期待していた幼虫が羽化するとイマイチだったり、期待していないノーマークの幼虫が超大型個体で羽化したりするので違った意味でも楽しみです。

今回は、昨日行ったクワガタの幼虫のエサ交換の様子を少しだけ紹介したいと思います。
離島産ノコギリクワガタがメインです。

トクノシマノコギリの終齢幼虫です。
こちらは、2本目のマットから3本目への交換の際にボトルから出したトクノシマノコギリの大きな終齢幼虫です。

昨年の夏に入荷した天然個体のメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫です。

掻き出したマットの中には、無数の糞が目立っており爆食して大きく育っていました。

トクノシマノコギリクワガタの幼虫18グラム体重を測ってみると18グラムの大型幼虫でした。

先日紹介した17グラムを超えるサイズで今年も70ミリオーバーが期待出来そうです。
4月3日に紹介したトクノシマノコギリの幼虫の記事>>>

勿論、3本目もマット飼育です。

■因に下記のエサ交換で飼育中です。

・1本目(2016年9月7日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年4月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

ノコギリクワガタの仲間は、終齢幼虫で菌糸ビンに入れても直ぐに暴れてしまう事が多いので本来の根食い(地中に埋まった朽ちた腐葉土状の根っこや朽ち木を食べる)に近い状態に戻す為に無添加虫吉マットへの飼育へ切り替えました。

この方法の方が幼虫へのストレスや交換頻度を落とせるので確実に大きく育ってくれます。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

トクノシマノコギリの大型幼虫こちらも同じく2本目のマットボトルから出したトクノシマノコギリです。
明らかに丸々と太った大きな幼虫でした。

トクノシマノコギリの幼虫19グラム体重を測ってみると虫吉のパーソナルベストの19グラムでした。

トクノシマノコギリクワガタの幼虫のペアトクノシマノコギリのメスの幼虫(右)と比べても圧倒的な大きさなので過去2回の73ミリの壁を破ってくれる事を願っています。(メスも40ミリを超える大きさの幼虫です。)
2015年6月のトクノシマノコギリ73ミリの記事>>>

こちらも最初に紹介したトクノシマノコギリの幼虫(18グラム)と全く同じエサ交換リレーです。
(菌糸ビン→マット→マット)

早ければ真夏頃に羽化するかもしれません。
※18から20℃の管理なので元々成長速度が遅いノコギリクワガタの仲間は、少し幼虫期間が長くなっています。

ノコギリクワガタの幼虫の飼育方法>>>

対馬産ノコギリクワガタの幼虫こちらは、昨年の夏に入荷した対馬産ノコギリクワガタの終齢幼虫です。
※以前紹介した産卵セットの割り出し記事の分とは別の産卵セットになります。
2016年10月18日の割り出し記事>>>

九州最北端のノコギリクワガタなので個人的な楽しみで何セットか産卵セットを組みました。
基本的に本土ノコギリ(国産ノコギリ)と同じだと思います。
※幼虫の体重も同じ感じです。

対馬産ノコギリクワガタの終齢幼虫10グラム体重は、10グラムなので水牛タイプで羽化する事だけは確かですが湾曲の強弱が興味深いところです。

■下記のエサ交換で飼育中です。

・1本目(2016年10月15日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月29日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年4月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

1本目は、マットボトルでの飼育でもサイズ的には同じだったと思いますが晩秋(朝晩が冷え込み始める季節)の1本目にマットを使用すると二年一化(2年もしくは、足掛け2年で羽化)する可能性が高かったので早く終齢まで育てる為に菌糸ビンで『火力アップ』して一気に加齢させました。

こちらも早ければ夏頃に羽化しているかもしれません。

4月に入ってからは、幼虫飼育しか紹介していなかったので周囲から『イモムシのブログ』と言われてますが羽化シーズンに突入しつつあるので可能な限り最新羽化の成虫の紹介をしたいと思っています。

クワガタの幼虫のエサ交換の方法>>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>