本土ヒラタの超特大個体の羽化(73ミリの羽化情報も)

今日の福岡県福津市(北部九州)の天気は、快晴で蒸し暑く汗ばむ様な陽気でした。

例年、これからの季節(4月から6月)は、大型個体が羽化しているので一年の集大成みたいな感じでワクワクしています。

今回は、本土ヒラタ(国産ヒラタ)の羽化を紹介したいと思います。
いつもの様にラスボス級の個体(73ミリ)は、最後に紹介します。

因みに今回ご紹介するヒラタクワガタは、全て18から21℃前後の飼育環境で羽化させています。

本土ヒラタ鹿児島県産67ミリこちらは、最新羽化の本土ヒラタクワガタ(鹿児島県産)67ミリの特大個体です。

70ミリオーバーではありませんがガッチリとしたカッコ良い個体だと思います。

■ちなみに下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年6月27日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月25日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月23日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※2017年2月下旬にサナギになりましたが冬場は、18から19℃くらいの気温なので通常よりもサナギの期間が長くなっています。

1本目以外(2本目以降)は、菌糸ビンよりも無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えた方が大型個体が狙いやすいので菌糸ビンは使用していません。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

終齢幼虫の菌糸ビンへの投入は、暴れ(菌床の掻き混ぜ)のリスクが高い上に成長段階によっては余り伸びない事もあるので2本目に使う場合は、交換時に終齢に脱皮したばかりの幼虫の速成目的(加齢促進)の時だけに使用しています。

クワガタの幼虫の成長過程>>>

ヒラタクワガタに関して言えば、最初の菌糸ビンを食い尽くした時点で巨頭の終齢幼虫(通称:ビッグヘッド)になっていなければ、2本目にどんなエサを与えても見込みが薄いといっても過言でないかもしれません。

本土ヒラタの販売コーナー>>>

国産ヒラタクワガタ69ミリこちらも最新羽化の本土ヒラタ(福岡県福津市)69ミリの特大のオスです。
※限りなく70ミリに近い個体です。

バランスが良い綺麗な個体だと思います。(勿論、太さもあります)

昨年の初夏に採集した天然ヒラタメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を羽化させました。

本土ヒラタクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年7月13日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月15日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

※2017年1月下旬に蛹室を作っていたので3本目への交換は行っていません。

1本目から2本目への交換は、最初に紹介したヒラタクワガタ(鹿児島県産)で説明した理由でマット飼育です。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

本土ヒラタ70ミリこちらの個体は、羽化して間もない本土ヒラタ(福岡県福津市産)の70ミリのオスです。
ツルツルの綺麗な70ミリの個体ですが真っ赤なので来月の販売になってしまうと思います。

交換リレーは、先のヒラタ(福津市産69ミリ)と全く同じなので省略します。
(7月13日、菌糸→10月15日、マット)

マットに投入後は、3から4ヶ月毎の交換で済むので菌糸ビンの様に気を使う必要はありません。(菌糸ビンは、2から3ヶ月毎の交換)

以前紹介したヒラタクワガタ同様に2本成り(2本目で羽化)の70ミリです。
※菌糸ビンだと暴れのリスクに加え、持ちが悪いので2本成りは不可能だと思います。
暴れや頻繁な交換のストレスを与えない事も大型個体作出の条件だと思います。
(但し、交換なしの放置飼育は、死亡や羽化不全のリスクが高いので避けて下さい。)

以前紹介した本土ヒラタクワガタ70ミリの記事>>>

本土ヒラタクワガタ73ミリこちらは、今回のラスボスの本土ヒラタクワガタ(福岡県福津市産)73ミリの超特大個体です。

このサイズは、虫吉のパーソナルベストのコーナーでも紹介していますが2013年4月以来の4年ぶりのサイズです。
※2013年は、2匹羽化していますので今回と合わせて通算で3匹目の73ミリになります。

2013年4月の本土ヒラタ73ミリの記事>>>

虫吉が過去に羽化させた大型個体ギャラリー>>>

今回の個体も前の個体と全く同じ交換リレーの2本成りです。
※2本成り(菌糸ビンは最初の1本のみ)の73ミリは、違った意味で凄いかもしれません。

因に1本目から2本目への交換時の体重は、イマイチだったので測っていませんが2本目のマットボトルで驚異的な成長を成し遂げたと推測出来ます。
ノーマークの幼虫が大化けしたと思います。
※お客様からも2本目からマットボトルに入れて伸びたとご報告があるので温度管理さえ注意すれば問題無いと思います。

本土ヒラタ73ミリを手の上に乗せた画像手に乗せてみましたが未だ羽化して間もないのでフニャフニャした動きで写真写りが悪いですが迫力があります。

こちらの個体は、早ければ今月末から来月初め(ゴールデンウィーク)の頃には、販売できるかもしれません。

羽化して間もないクワガタの飼育管理には、ココパウダーマットが便利です。

今月の羽化をパッと見た感じでは、ほかの種類でも過去に無いくらいの大型個体が羽化してそうな感じがしています。
次回、また大型個体の紹介をしたいと思います。

 

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ●菌糸ビンの販売>>

長期飼育に最適!国産プレミアム昆虫ゼリー>>


本土ヒラタの超特大個体の羽化(73ミリの羽化情報も)” への3件のコメント

    • ジョニー様

      コメントありがとうございます。

      コクワガタは、現在羽化待ちの状態で現時点では情報が御座いません。
      ※2月か3月頃に本土や離島産コクワの特大幼虫のエサ交換を紹介していると思いますが、その前後に交換を済ませた幼虫の羽化を待っている状況です。

      なお、今年は屋久島と吐噶喇、本土(福岡県産)がメインで羽化すると思います。
      お問い合わせが多い三島のコクワの羽化はありません。
      ※奄美、沖縄、徳之島のコクワは、来月以降にチョコチョコと羽化する程度かもしれません。

      宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。