天然屋久島産カブトムシの幼虫の飼育

今日の福岡県福津市(九州北部)は、曇りの一日でしたら過ごしやすい一日でした。

今日は、昨年屋久島産の天然クワガタでお世話になった方から天然掘りの屋久島産カブトムシの幼虫が届きました。

屋久島産カブトムシの幼虫但し、少し手遅れだったみたいで数も少なく画像の様に蛹室を作り始める直前段階の色が濃くシワが目立つものも多かったので販売が厳しいと判断しました。

福岡のカブトムシは、まだ色が白くて伸びしろが有ったので少し油断してました。
屋久島のカブトムシは、6月の早い時期に発生し始めるとの事ですので来年は、もう少し早く入荷させて販売をしたいと思います。

屋久島産カブトムシのオスの幼虫今回入荷した幼虫で一番大きな物の体重を測ってみたら28グラムでした。
※既に幼虫が成熟して体色が濃く(濃い黄色もしくは茶褐色に)なっています。

屋久島産のカブトムシは、亜種認定されていませんがどう考えても性格や大きさだけでなく角の発達具合も本土のカブトムシと異なります。
7センチを超える個体が少ないとのことですが角が余り発達しない分だけ28グラムでも70ミリオーバーが厳しいのかもしれません。
※昨年入荷した天然のメスにカナブンに毛を生やしたような物がいたのを覚えています。

折角の機会なのでカブトムシの幼虫の飼育方法だけご紹介したいと思います。

コバエ防止飼育容器(中)こちらは、コバエ防止飼育ケース(中)です。
別売りですが専用の仕切り板がございます。
作りが良いので使いやすいです。

※以前まで販売していたBeケース(中)が製造中止になってしまったので先日から販売を開始しました。

飼育ケースにマットを固めずに入れます。飼育容器に無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れて、その上に幼虫を乗せます。

交換時にマットを固めてしまうと通気性が悪くなって幼虫が上に出てくる事があるので固めない方が良いです。

無添加虫吉マットは、粒子自体が柔らかめなので強く押し固めなくて大丈夫です。

カブトムシの幼虫飼育の横からの画像です。横からの画像です。
(夜に撮影したので温度差でマットが接している部分が曇ってしまいました。)

初夏のカブトムシの幼虫は、爆食することに加え蛹室を作る際に土の量が減るので少し多めの約5リットルのマットを入れています。
※加水はしていません。

一般的にカブトムシの幼虫のエサ交換は、5月が最後になると言われてますが結構マットが減るので目減りした分を足すのに必要なマットを少しだけ多く準備しておかれる事をお勧めします。
※未使用で余った場合は、成虫飼育にも使う事が可能です。

これからの季節は、1つの容器での飼育数にもよりますが2週間前後で糞が目立ち始める事も多いのでマットのコンディションにも注意が必要です。

飼育容器の蓋を閉めます蓋を閉めて直射日光が当たらない涼しい場所で飼育します。
※フタのに付いている黒いスポンジは、コバエ侵入防止のスポンジフィルターなので外さずに使用してください。

飼育容器の曇りは、蒸れではなくマットの方が外気よりも暖かいので曇ってしまっただけです。

今年は、天然掘りの福岡県産のカブトムシの幼虫も飼育しているので飼育容器の数だけが増えてしまってますが無事に大型個体が羽化したら紹介したいと思います。

 

昆虫マットの販売>>>

コバエ防止飼育ケースの販売>>>