イキヒラタ、アマミヒラタの大型個体羽化

今日の福岡県福津市(北部九州)は、曇り時々晴れの天気で過ごしやすい一日でした。

ふとカレンダーを見ると来週末からゴールデンウィーク期間に突入です。
あと1ヶ月と少し経過すると天然のクワガタが入荷する予定なので今年の昆虫のシーズンも間近に迫っています。

今回は、最新羽化のクワガタの大型個体を紹介したいと思います。

イキヒラタ77から78ミリ
画像は、最新羽化のイキヒラタ77ミリです。(77.9ミリなので限りなく78ミリに近い超大型個体です。)

久し振りの大型個体ですが店長曰く、もっと大きくなりそうな幼虫もいるそうです。

イキヒラタは、パッと見た感じではツシマヒラタに似ていますが体が太い個体が多く、カッコいいヒラタクワガタだと思います。

繁殖は、ヒラタクワガタの産卵方法と同じです。
イキヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年5月19日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年8月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年11月18日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

2本目は、菌糸ビンに入れても加齢速度だけが上がって余り大きくならない事が多い上に暴れ(菌床の掻き混ぜ行動)を起こして逆に激縮みを起こしてしまうので低ストレス、低刺激の無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

勿論、幼虫を落ち着かせて早期羽化を避ける為に18から20℃前後の少し低めの温度で飼育しています。

特に交換直後は、菌糸ビンやマットボトル内の菌糸やバクテリアなどの目に見えない微生物を落ち着かせる為に高温を避ける必要があります。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

イキヒラタの販売コーナー>>>

アマミヒラタ75ミリこちらは、4月最新羽化のアマミヒラタの75ミリオーバーです。

虫吉のパーソナルベストのタイ記録です。

2015年に入荷した天然採集品のメスをその年の晩秋に産卵させて産まれた幼虫を育てましたが、割り出しと1本目の投入が真冬になってしまったので低温で幼虫期間がかなり長くなっています。

アマミヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

今回の75ミリ実に4回のエサ交換を行っています。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年1月8日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年3月28日、終齢幼虫初期):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年7月19日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・4本目(2016年11月7日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

1本目から2本目は、先に紹介したイキヒラタと同じ理由でマット飼育へ切り替えました。

こちらは、まだ柔らかいので少し先の販売になります。

アマミヒラタの通販コーナー>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

コクワガタ48ミリ
こちらは、最新羽化の国産コクワガタ48ミリの大型個体です。

昨年の夏に自己採集した天然コクワガタメス産卵セットを組んで産まれた幼虫を羽化させました。

国産コクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

国産コクワガタも徐々に蛹化ラッシュを迎えており今年も50ミリの期待が膨らみます。

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年8月14日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2106年11月8日、終齢幼虫):オオクワマット幼虫飼育ボトル550cc木製マットプレスで固く詰めた物)

こちらも菌糸ビンからマットへの切り替えで羽化させています。

コクワガタの幼虫飼育方法>>>

羽化したばかりの新成虫の飼育には、フカフカ粒子のココパウダーマットがお勧めです!

国産コクワガタの通販コーナー>>>

コクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>


イキヒラタ、アマミヒラタの大型個体羽化” への2件のコメント

  1. オオクワ幼虫がマットボトルの下に蛹室を作ってしまいました。ほっっいていいですか?

    • コウチャン様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      基本的にクワガタは、マットボトルの底で蛹化する事が多いですが当店の場合、特に何もしなくても普通に羽化しておりますのでご安心ください。

      宜しくお願い致します。

コメントは受け付けていません。