国産コクワガタの羽化と販売情報(50ミリも有り)

今日の福岡県福津市(北部九州)は、雨の天気で少し肌寒いです。
ゴールデンウィークも終わり急ピッチで作業を進めています。

今日は、現在行っている4月中旬から下旬に羽化したクワガタのボトル出しで出て来た最新羽化のコクワガタを紹介したいと思います。

コクワガタ47ミリ画像は、最新羽化の国産コクワガタ47ミリの大型のオスです。

昨年の夏に採集した天然のメス産卵セットを組み産まれた幼虫を羽化させました。

コクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

■下記のエサ交換のリレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月14日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月8日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット飼育ボトル550cc木製マットプレスでカチカチに詰めた物)

2017年3月上旬に前蛹(サナギになる直前段階の幼虫)になっていたので3本目への交換は無しです。

コクワガタは、終齢幼虫で菌糸ビンに入れてしまうと暴れ(菌床の掻き混ぜ)を起こしやすくなるのでマットでじっくりと育てた方が大型個体が狙いやすいです。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>

国産コクワガタ48ミリこちらも同じく国産コクワガタの48ミリの大型のオスです。
※天然採集品のメスの子供です。

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年7月19日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月7日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(飼育容器は550cc)

・3本目(2017年2月3日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(550cc)

最初に紹介した47ミリと同じ理由で2本目からマット飼育へ切り替えました。

★マットは、基本的に3から4ヶ月毎に交換します。
(菌糸ビンは、2から3ヶ月毎です。)

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

国産コクワガタ49ミリこちらも同じく国産コクワガタ49ミリです。
※先に紹介した48ミリの兄弟になります。

交換リレーも全く同じですが念のため、記載しておきます。

・1本目(2016年7月19日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月7日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(550cc)

・3本目(2017年2月3日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(550cc)

※2017年3月20日にサナギになっているのを確認→4月羽化です。

国産コクワガタ50ミリこちらも先に紹介した48ミリ、49ミリの兄弟のコクワガタ50ミリです。

今年も50ミリが羽化しました。

交換リレーは、先に紹介した48と49ミリと全く同じなので省略させていただきます。

コクワガタの幼虫飼育方法>>>

羽化して間もないクワガタには、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットがオススメです!

今回ご紹介した4匹のコクワガタは、メスの羽化状況次第では、直ぐに販売可能です。

国産コクワガタの販売コーナー>>>

 

虫吉の大型クワガタ写真ギャラリー

コクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マット販売>> ●菌糸ビン販売>>

長期飼育や産卵に最適!国産プレミアム昆虫ゼリー>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)