最新羽化の屋久島産ヒラタとイキヒラタの紹介

今回も4月中旬から下旬に掛けて羽化したクワガタを紹介した良いと思います。
※5月は、連休の関係でブログを更新出来なかったので一気に紹介中です(汗)

今回は、初めて飼育したクワガタも羽化していました。

屋久島産ヒラタクワガタ65ミリ画像は、最新羽化の屋久島産ヒラタクワガタです。(65ミリの大型サイズです。)
昨年は、天然採集品のみの販売だったので虫吉の記念すべき第一号の屋久島産ヒラタです。

北部九州産とは、少し雰囲気が異なる感じです。

勿論、昨年の夏に入荷した天然のメスを産卵セットに入れて産まれた子供です。

屋久島産ヒラタクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

■下記のエサ交換で羽化させました。(飼育温度は18から21℃の範囲内)

・1本目(2016年8月8日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月31日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年2月下旬に蛹室を作っていたので3本目への交換無しです。

※マットは、基本的に3から4ヶ月毎の交換が理想です。
(菌糸ビンは、劣化が早いので2から3が月毎に要交換です。)

2本目は、終齢幼虫の暴れ(菌床の掻き混ぜ)によるサイズロスを避けて大型個体を狙う為に低刺激の無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えました。
「前半は菌糸ビンで火力アップ、後半はマットで火力ダウン」で終齢幼虫の伸びをじっくりと促すイメージです。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

今回の屋久島産ヒラタは、未だ柔らかいので販売まで少しお時間をいただくと思います。

イキヒラタ75ミリ画像は、4月末に羽化したばかりのイキヒラタ74から75ミリのオスです。
※現時点では75ミリですが体が固まって少し引き締まってしまうかもしれません。

■下記のエサ交換で羽化させました。※飼育温度は18から21℃。

・1本目(2016年5月19日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年8月3日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年2月28日に前蛹になっていました。

※2本目は、最初に紹介したヒラタクワガタと同様の理由でマット飼育へ切り替えています。

クワガタの幼虫の成長過程の紹介>>>

イキヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

イキヒラタ78ミリ画像も羽化して間も無いイキヒラタ77ミリから78ミリの特大サイズのオスです。
※未だ真っ赤なので何とも言えませんが現時点では78ミリを超えています。

虫吉の大型クワガタ写真ギャラリー

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年6月27日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月18日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

イキヒラタも羽化して間も無いので販売まで少しお時間をいただくと思います。

羽化して間も無いクワガタの飼育には、フカフカ粒子でクワガタにも優しいココパウダーマットがお勧めです。

イキヒラタの通販コーナー>>>

 

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

長期飼育や産卵に最適!無添加国産プレミアム昆虫ゼリー>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)