最新羽化のツシマヒラタ80ミリの紹介

羽化ラッシュの前半戦の4月中旬から末までに羽化したクワガタを一気にご紹介していますが今日は、これで最後の記事にしたいと思います。
※残りは、木曜日以降に紹介予定です。

ツシマヒラタ80ミリ画像は、最新羽化のツシマヒラタ80ミリです。
サキシマヒラタの80ミリは数年前に攻略(作出)済みですが漸くツシマヒラタの80ミリが羽化しました。

虫吉のパーソナルベストを大きく更新しました。
虫吉の大型クワガタの写真ギャラリーです>>>

勿論、今シーズン羽化したクワガタの最大サイズです。
※おそらくオオクワガタしか超える事が出来ないかもしれません・・・。

なお産卵は、一般的なヒラタクワガタの産卵方法と同じです。

ツシマヒラタクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

手に乗せたツシマヒラタ80ミリ手に乗せてみると迫力満点です。
但し、若干アゴが上下にズレていますので訳ありクワガタの販売になると思います。

ツシマヒラタクワガタ訳あり80ミリペアの販売>>>

■因みに下記のエサ交換で羽化させました。※飼育温度は、18から21度の範囲内。

・1本目(2016年7月10日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月20日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年2月4日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年2月28日に前蛹(サナギになる直前の幼虫)になっていました。
クワガタの幼虫の成長過程について>>>

2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビン投入は、暴れ(菌糸ビンの掻き混ぜ)によるサイズロスのリスクが高い事や無添加虫吉マットでの低ストレスの飼育の方が大型化しているのでマット飼育へ切り替えています。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

基本的に菌糸ビンは2から3ヶ月毎の交換、マットは3から4ヶ月毎の交換を推奨します。

また、交換時の環境ストレスを軽減する為にマットや菌糸ビンは、飼育環境で1から3日ほど温度慣らしを行って温度差を無くしてから投入しています。
※交換直後は21℃を超えない様に注意しています。

今回の個体は、3本目への交換の際に余り大きくなかったので体重測定をしていません。
交換直後に蛹室(サナギになる為の空洞)を作る場合、余り大きくならない事が多いのですが今回の個体には例外だった様です。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ツシマヒラタクワガタ74ミリこちらは、最新羽化のツシマヒラタ74ミリです。
※今回の羽化チェックでは、70ミリ台の前半も少しだけ羽化していました。

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月2日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月1日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年3月2日に前蛹になっていたので3本目への交換は無しです。

※最初に紹介した80ミリと同じ理由でマット飼育へ切り替えています。

早く羽化した割には、マズマズの大きさだと思います。

※羽化したばかりの新成虫の飼育には、フカフカ粒子で昆虫に優しいココパウダーマットがお勧めです。

今回紹介したツシマヒラタは、早ければ今月中の販売が可能です。

ツシマヒラタの通販コーナー>>>

 

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

無添加国産プレミアム昆虫ゼリー販売>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)