2017年5月のサキシマヒラタの羽化情報

今日の福岡県福津市(九州北部)は、雨の天気で少し肌寒い一日でした。

今回も先日に引き続き最新の2017年4月末羽化のクワガタをご紹介したいと思います。

サキシマヒラタ73ミリ画像は、最新羽化のサキシマヒラタ73ミリです。
そこそこの大きさですが内歯(アゴの突起)が上がったカッコいい個体です。

昨年の夏に入荷した天然のメスで産卵セットを組み産まれた幼虫を羽化させました。

サキシマヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月27日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月7日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年2月24日に前蛹(サナギになる直前段階の幼虫)になっていたので3本目の交換は無しです。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

※クワガタ幼虫のエサは、時間と共に劣化して品質が変わってしまうので基本的に菌糸ビンは2から3ヶ月毎の交換、マットは3から4ヶ月毎の交換をお勧めします。

なお、終齢幼虫で菌糸ビンに入れるよりも低刺激の無添加虫吉マットを与えた方が大型化しやすいので2本目からマット飼育へ切り替えています。
ヒラタクワガタの仲間は、終齢幼虫で菌糸ビンに入れても暴れ(菌床の掻き混ぜ行動)を起こして激縮みしてしまうリスクが上がります。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

サキシマヒラタ74ミリこちらの画像は、羽化して間も無い真っ赤なサキシマヒラタ74ミリです。
アゴが少し太めの個体です。

サキシマヒラタは、アゴの個体差が大きいので面白いヒラタクワガタだと思います。
内歯上がり、内歯が少し下のタイプ、中間的な感じのタイプなど様々です。

■因に下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年9月7日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月27日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月22日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年3月28日にサナギになっているのを確認。

温度が低いので通常よりもサナギの期間が長くなっていると思います。

サキシマヒラタクワガタ74ミリこちらも同じく74ミリのサキシマヒラタクワガタです。
内歯が上がった綺麗な形の個体です。

先に紹介した74ミリの兄弟ですが少し雰囲気が異なります。

因みにエサ交換のリレーも全く同じなので省略します。
※こちらの個体の方が少しだけ早く羽化しています。

サキシマヒラタクワガタ75ミリこちらの画像は、サキシマヒラタクワガタ75ミリの大型個体です。
比較的アゴが太いバランスが良い個体だと思います。

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年9月2日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月27日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年3月4日に前蛹になっていたので3本目の交換は無しです。
※2本成りの羽化ですが意外に大きいです。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

サキシマヒラタ76ミリこちらは、サキシマヒラタ76ミリの大型個体です。
今回の羽化では、最大サイズです。

こちらは、1本目から2本目の交換の際に終齢幼虫への脱皮直後だったので1本だけ多く菌糸ビンを用いました。

■エサ交換は、以下のとおりです。

・1本目(2016年9月20日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月6日、終齢幼虫):ブナ菌糸ビン850cc

・3本目(2017年2月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年4月上旬に既に蛹になっているのを確認。

サキシマヒラタは、過去に1本目菌糸ビン550cc→2本目マットボトル850ccの2本成りの羽化で79ミリが羽化した事が有りますので2本目の菌糸ビンは、余り意味が無かったかもしれません。(羽化までの時間短縮程度かもしれません。)

サキシマヒラタは、大きさの割に早期羽化(幼虫期間が短く早く羽化する事)の傾向があります。

今回ご紹介したサキシマヒラタの一部は、少し柔らかいので今月末か来月の販売予定ですが先に羽化して翅が固くなって物から順次販売致します。

羽化して間もない新成虫の管理には、フカフカ粒子のココパウダーマットがお勧めです。

虫吉の大型クワガタ写真ギャラリー

サキシマヒラタの通販コーナー>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)