コクワガタの2017年5月の羽化と販売情報

今日も福岡県福津市は、日中は少し蒸し暑く感じましたが晴れの過ごしやすい一日でした。
※北部九州の沿岸部なので、この時期に30℃を超える事が少ないです。

今回は、ここ数日でお問い合わせが多いコクワガタの羽化状況を紹介したいと思います。
現時点で直ぐに販売出来るのは今回ご紹介する4ペアのみですが5月下旬以降も羽化します。

コクワガタ45ミリこちらは、5月に羽化したばかりのコクワガタ45ミリです。
早期羽化(幼虫期間が短い)なので少し小振りですが近日中に販売可能です。

昨年の夏に採集した天然のコクワガタのメス産卵セットに入れて産まれた幼虫を育てました。

コクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

 

■下記のエサ交換のリレーで羽化させました。

・1本目(2016年9月26日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月4日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット飼育ボトル550cc木製マットプレスを用いてカチカチに固く詰めた物)

→4月9日に前蛹(サナギの前段階の幼虫)になっているのを確認したので3本目への交換は無しです。

いつもの様に2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンでの暴れ(菌床の掻き混ぜ)による激縮みを避ける為にマット飼育へ切り替えました。
コクワガタの仲間は、成長速度が速いので菌糸ビンで一気に終齢幼虫まで育ててしまうと後は、マット飼育でも十分に大きく育ってくれます。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育>>>

コクワガタ47ミリこちらも同じく5月最新羽化のコクワガタ47ミリです。

こちらも近日中に販売できると思います。

■下記のエサ交換のリレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月5日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月16日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(ボトルは、550cc)

・3本目(2017年2月26日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(ボトルは、550cc)

→2017年4月14日にサナギになっているのを確認→5月8日の羽化です。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

コクワガタ48ミリこちらの画像も最新羽化のコクワガタ48ミリです。

秋に割り出した幼虫でしたが早期羽化で2本目で羽化しました。

■エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年10月1日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年12月26日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(ボトルは550cc)

→2017年4月上旬に蛹になっていたので3本目への交換は行っておりません。

基本的にコクワガタの飼育も菌糸ビンは2から3か月後の交換、マットは3から4か月後の交換をオススメします。
※但し、蛹室(サナギの空洞)が見えたら交換を避けて下さい。

コクワガタの幼虫飼育方法>>>

コクワガタ48ミリこちらも先ほどのコクワガタと同じサイズ(48ミリ)です。

こちらの個体も近日中に販売可能です。

・1本目(2016年7月25日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月16日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(ボトルは550cc)

・3本目(2017年2月26日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(ボトルは550cc)

今回の掘り出しでは、残念ながら50ミリオーバーの個体が羽化していませんでした。
大型個体をお待ちのお客様は、確実性は御座いませんが5月下旬以降の羽化になるかもしれません。

新成虫のコクワガタの飼育には、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットがオススメです!

国産コクワガタの通販コーナー>>>

コクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)