本土ヒラタとコクワガタなど2017年最初の夜間採集

2017年6月最初の投稿です。

今日の福岡県福津市は、晴れ時々曇りの蒸し暑い一日でした。
夜になると少し風が吹いて心地良い感じです。

今晩は、店長と一緒に2017年最初の夜間採集(昆虫ウォッチング)に出掛けました。

昨年の8月以来の夜間採集なのでワクワクしていました。

ライトを照らすと慌てて逃げ出すコクワガタ
毎年の様に樹液を出しているクヌギの枝の付近で見掛けたコクワガタの小型のオスです。

最初は、樹液が出ている場所にいましたがライトの明かりに驚いて逃げ出しています。

店長は、5月から昼間に数匹のコクワを採集していますが私にとっては、これが記念すべき2017年の第1号です。

但し、この個体は、越冬個体(昨年もしくは以前に野外活動して越冬した個体)につき、写真だけ撮影して、そのままにして帰りました。

※越冬個体は、直ぐに寿命が尽きてしまい長く生きる事が出来ません。

本土ヒラタの小型のオスです。画像は、樹液が出ている付近の樹洞(樹の裂け目)に入り込んでいた本土ヒラタの小型のオスです。

飼育下では比較的簡単に育てる事が出来る60ミリ台のオスでも自然界では、滅多にお目にかかれない存在です。
※殆どが40ミリ前後の個体ばかりです。

こちらも越冬個体につき、写真だけ撮りました。

木の裂け目に隠れた本土ヒラタ直ぐ隣の木の裂け目に隠れていた本土ヒラタのオスです。

体にツヤが無く、少し白っぽく見えるのは、既に高齢の越冬個体だからです。

こちらの個体も出会った証しの記念撮影だけ済ませて、そのままにして帰りました。

ヒラタクワガタのメスの群れ同じ木の根本付近の小さな樹洞には、ヒラタクワガタのメスが3匹も鮨詰め状態で入っていました。

今回は、2017年から活動を開始したと思われるコンディションが良いオスを見掛ける事が出来なかったのでメスは、繁殖用に回す予定です。

実は、樹洞に居座ったオスを残しておくと数日後に勝手に新たなメスが集まって来る事が多いので梅雨に入ってから再度狙ってみたいと思います。
その頃には、販売可能なオスも採集出来るかもしれません。

天然本土ヒラタの販売>>>

木の根元から出ている樹液に集まるコクワガタこちらの画像は、木の根元から流れている樹液を吸いにやって来たコクワガタです。

器用に木の幹と土との間の隙間に入り込んでいます。

こういった場所にもコクワだけでなくヒラタクワガタも集まります。

こちらも写真撮影だけでそのままにして帰りました。

樹皮の裂け目に隠れたコクワガタこちらも人の気配を感じで樹皮の裂け目に隠れたコクワガタです。
※こちらも越冬個体ですので写真だけです。

コクワガタ、ヒラタクワガタ、オオクワガタなどの平べったい体形のクワガタは、外敵から身を守る為に隠れる場所(樹洞)付近から出ている樹液をエサ場(メスとの出会いの場)に選ぶ事が多いです。

画像左側の背中にコウモリ模様の赤いマークが有る小さな昆虫は、ヨツボシケシキスイという樹液性の昆虫です。
この昆虫がいる木にはクワガタやカブトムシも集まります。

コクワガタは、既に店長が採集した物を販売していましたが売り切れてしまいましたので採れ次第に在庫をアップしたいと思います。

天然コクワガタの販売>>>

天然クワガタの飼育には、九州産ヒノキのダニ取りマットがお勧めです。

本土ヒラタクワガタの産卵方法>>>

国産コクワガタの産卵方法>>>

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

コクワガタの関連商品一覧>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)