トカラノコギリ(中之島)の産卵セット割り出し

今日の九州北部は、少し汗ばむ様な晴れの天気でした。

週明けから天気が崩れ、いよいよ梅雨入りする可能性も高いです。

毎年の事ですが梅雨は、大雨が心配です。
一人で深夜の採集に出掛けて大雨で増水した池に落ちたり、家が床下浸水しそうになったり・・・恐ろしい記憶しか有りません(汗)

 

前置きが横道に逸れてしまいましたが今回は、夕方に行ったトカラノコギリ(中之島産)の産卵セットの割り出しの様子をご紹介したいと思います。

クワガタの産卵セットの割り出しについて>>>

トカラノコギリの産卵セットを引っくり返した様子です。画像は、3月下旬に組んだトカラノコギリの産卵セットを引っくり返した様子です。

トカラノコギリ(中之島)の産卵方法を紹介した記事>>>

このセットは、飼育容器の底の方(産卵用マットをプレスした部分)に集中して産卵しており、画像の様に沢山の幼虫と卵が密集していました。
※その代わり産卵木からは、余り出て来ませんでした・・・。

大きな2匹の幼虫は二齢幼虫でその他の小さな幼虫は初齢幼虫です。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

トカラノコギリの卵と孵化したばかりの幼虫です。
画像は、トカラノコギリの卵(下)と孵化して間も無い初齢幼虫(上)です。

孵化したばかりの幼虫は、数ミリの大きさでお腹の中に未だ何も入っていないので透き通っています。

マットから出て来た幼虫です。マットの固まりを壊して出て来た幼虫です。

一番手前の頭が大きな幼虫は、初齢から二齢へと脱皮したばかりの幼虫です。

脱皮したばかりの幼虫は、体の大きさは脱皮前と余り変わらずに頭部だけが何倍も大きくなった状態になります。

脱皮して頭部が濃いオレンジ色になって固まると大きな頭部を利用して食べる量も増え、より大きく育って行きます。

この状態が終齢幼虫(三齢)への次の脱皮まで続きます。

トカラノコギリの初齢幼虫と二齢幼虫大きく育った二齢(左)と初齢(右)です。
1回の脱皮の差ですが大きさの違いは一目同然です。

マットを固めた層から出て来た幼虫マットを固めた層(産卵木の下の層)に潜り込んでいた幼虫です。

今回は、珍しく産卵木に余り反応しなかったのですがノコギリクワガタなどの根食い系は、障害物の下に産卵する事が有るので根っこに見立てて産卵木を保険程度で入れておいた方が良いと思います。(個人的な意見ですが)

卵は割りカスにマットと一緒に埋め戻します。トカラノコギリの卵です。

卵は、個別管理を行うと面倒な上に雑菌や乾燥の心配が出て来ます。
そこで飼育容器に割った後のマットと一緒に戻して埋め込んでおくと勝手に孵化して育つので楽です。

飼育容器中に戻した割りカス産卵セットは、1回の割り出しで全部の幼虫を回収出来ないので割りカス(産卵セットに用いたマットと朽ち木片)は、飼育容器に戻して4週間から1ヶ月ほど保管される事をお勧めします。

先のご説明のとおり、卵も一緒に埋め込んでおくと4週間から1ヶ月後には孵化して、ある程度の大きさまで育っているので引っくり返して回収すると良いです。

※今回は、確認出来た数だけでも20個ほどの卵を埋め込みました。

今回のトカラノコギリの幼虫の割り出し結果です。今回は、18匹の幼虫を回収しました。
割りカスの中に戻した卵を加えると最終的には40匹くらいの数になると思います。

1回目の割り出しで卵が多い産卵セットの割りカスからは、最初に割り出した幼虫の数を大きく上回る幼虫が出てくる事が有ります。

最近、虫吉では親虫のメスが幼虫を捕食(子供食い)する前に早めに割り出す様にしています。
なので割りカスから30から40匹を上回る幼虫が出て来て驚かされます。

一時管理用カップで養生させます。
割り出した幼虫は、一時管理用カップ無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れて5から7日ほど養生させて二齢幼虫まで育った物から菌糸ビン550ccに入れると良いです。
※割り出し時の傷や虚弱や異常がある幼虫を見極める為に様子を見た方が菌糸ビンのロスを減らす事が出来ます。

初齢のままだった場合は、二齢になるまで更に数日待ってから菌糸ビンに入れても遅くは有りません。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ●昆虫ゼリーの販売>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)