本土ヒラタクワガタなど2017年6月15日の夜間採集

今日の福岡県福津市は、日中は晴れの暑い一日でした。

今晩も早速、夜間のクワガタ採集(ウォッチング)に出掛けました。

樹液に集まっていたヒラタクワガタのペアです。画像は、樹液に集まっていた本土ヒラタクワガタのペアです。
※画像のヒラタクワガタは50ミリを少し超える大きさでした。

今年は、昨年よりも少し気温が低いので、その分だけ発生が遅く、これでも今季の最大サイズです。

因みに6月以降に樹液に集まっているヒラタクワガタのメスの多くは、既に交配済みの個体が多くメスのみでも産卵可能です。

本土ヒラタクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

樹皮の裂け目に頭を突っ込んでいるヒラタクワガタのメスこちらは、クヌギの根元から出ている樹液で発見したヒラタクワガタのメスです。

樹皮の裂け目から出ている樹液を吸っていたのですがライトの灯りに気付いて少し警戒しています。

※越冬個体だったので写真だけ撮影しました。

木の上から落ちて来たヒラタクワガタのオス人の気配に驚いて木の上から落ちて来たヒラタクワガタ48ミリのオスです。

今年の九州北部は、梅雨入り後にまとまった雨が降っていないので夜間の湿度が低く本格的な発生は、来週以降になりそうです。

樹皮の裂け目に潜り込んでいるヒラタクワガタのメス樹皮の裂け目に入り込んでいるヒラタクワガタのメスです。

平べったい体形を利用してパッと見た感じでは気付かないような場所に隠れている事が多いです。

ヒラタクワガタのメスを探す際は、洞察力や勘も必要かもしれません。

天然ヒラタは、コンディションが良いペアが揃い次第に販売できると思います。

天然本土ヒラタの販売コーナー>>>

コクワガタのオスこちらは、本日最も多く見かける事が出来たコクワガタです。

殆どが30ミリ台前半でしたが画像のコクワガタは35ミリでした。

オスの方が沢山見つける事が出来るのでコンディションが良い個体が集まったら『コクワガタ君わんぱくトリオ』の販売が可能かもしれません。

ダニ取りマットでダニを完全に落としてから販売予定です。

天然コクワガタの販売コーナー>>>

コクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

ノコギリクワガタのオス画像は、クヌギの樹の上から落ちて幹に止まったノコギリクワガタの小型のオスです。
ノコギリクワガタの小型個体は、直線的なノコギリ状のアゴで大型個体は湾曲した水牛のような迫力がある大アゴを持っています。
小型のオスと大型のオスとでは、全く形が異なります。

※ノコギリ状のギザギザのアゴの形状(小さな突起)が名前の由来です。

実は、大きな水牛タイプのオスを逃がされてしまったので、これから家に帰る途中にリベンジしたいと思います。

本日、メスを採集済みなので採れ次第に販売可能です。

天然ノコギリクワガタの販売>>>

ノコギリクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>

カブトムシのオス今日は、今年最初の天然カブトムシを見掛けました。
小さいので写真だけ撮影して帰りました。

今年の梅雨は、例年に無いほど雨が少なく樹液の量がイマイチですが着実に夏が近づいているようです。

 

昆虫マットの販売>>>

長期飼育に最適!国産プレミアム昆虫ゼリー>>>


本土ヒラタクワガタなど2017年6月15日の夜間採集” への2件のコメント

  1. 天然ヒラタクワガタの採集羨ましいです(;_;)
    青森県にいないのでホント羨ましいです!

    コクワガタならそこそこの50mmクラスはいるんですけど、ヒラタクワガタのほうが好きです!笑

    天然採集のヒラタクワガタほしいので頑張ってください!
    虫吉さんからのブリード個体のヒラタクワガタしかいないので天然のヒラタクワガタがほしいです!

    • いつもお世話になっております。
      クワガタ工房 虫吉です。
      コメントありがとうございます。

      今晩も天気が崩れる前に採集に出掛けました。
      65ミリクラスを見つけたのですが洞に潜られてしまったので諦めて帰りました。
      週明けにリベンジしたいと思います。

      先程、天然採集品のヒラタ53ミリを出品致しました。

      今年の九州は、梅雨に入っても雨が少なく、樹液が出ている木が少ないですが明日から雨が続くので雨上がりのヒラタの発生が楽しみです。

      今後とも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)