イキヒラタの産卵セットの割り出し【2017年6月】

今日も福岡県福津市は、晴れの一日でした。

梅雨入りが発表されれて10日以上経過しますが殆ど雨が降っていません。

今回は、以前紹介したイキヒラタ産卵セットの割り出しの様子を紹介したいと思います。

イキヒラタの産卵方法を紹介した記事>>>

割り出し前のイキヒラタの産卵セット画像は、今年の4月下旬に組んだイキヒラタの産卵セットです。
※メス(親)は、幼虫(子)を捕食しない様に数日前に別の容器に移しています。

使用した主な飼育用品は、コバエ防止飼育ケース(中)産卵用マットクヌギ産卵木(M)x2本です。
エサは、ホワイト高たんぱくゼリーブラウン黒糖ゼリーなどをメインに与えました。

産卵セットの割り出しのタイミングについて>>>

イキヒラタの産卵セットをひっくり返した様子イキヒラタの産卵セットを慎重にひっくり返した様子です。

容器の底の部分(マットプレスで固めた層)から沢山の初齢幼虫(卵から孵化した最初の段階の幼虫)が出てきました。

クワガタの幼虫の成長過程の紹介>>>

イキヒラタの初齢幼虫を集めた画像初齢幼虫を一ヶ所に集めてみた画像です。
孵化したタイミングなどで既に大きさがマチマチです。

初齢幼虫は、やがて脱皮して二齢幼虫へと成長します。

初齢から二齢へと脱皮途中のイキヒラタの幼虫画像の頭が真っ白な幼虫は、初齢から二齢へと脱皮の途中の状態です。
※お尻に皮が付いています。

大きく育った初齢幼虫は、頭部が割れて二齢へと脱皮します。

脱皮直後は、体全体が薄い膜で覆われた様な状態で少しの衝撃で皮が破れてしまうほどの柔らかさです。

脱皮直後は柔らかいですが時間の経過とともに頭部や脚が固くなりオレンジ色へ変わって行きます。

出て来た幼虫を専用スプーンで移動させます。幼虫の採取の際は、指でつまんで持つよりも写真の様に交換用のスプーンで移動させて一時管理用のカップへ移す方が安全です。

イキヒラタの卵です。マットの中から出て来た卵です。

卵は、回収して保管するよりも割りカスと一緒に再び飼育容器に戻しておいた方が管理が楽です。

少しズボラな感じもしますが孵化率は、最も高いかもしれません。

産卵木から出て来た幼虫です。産卵木から出て来た幼虫です。

画像の様に木目に沿って食痕(食べた痕)を残しながら食い進んで行きます。

芯の付近から出て来た幼虫です。産卵木の中心(芯)の付近から出て来た幼虫です。

初齢幼虫でも朽ち木の奥まで喰い進むことができます。

イキヒラタの割りカスを保管しています。割り出した後の割りカス(朽ち木片や産卵に使用したマット)は、容器に戻して4週間から1ヶ月ほど保管される事をお勧めします。
※1回の割り出しで全部の幼虫を完全に回収する事が困難だからです。

その際に、出て来た卵も一緒に埋め戻して4週間から1か月後に再度ひっくり返して幼虫を回収すると管理が楽です。

今回出て来たイキヒラタの幼虫です。今回は21匹の幼虫が出てきました。
その他に割りカスに埋め戻した卵が3個あります。

画像はありませんが一時管理用のカップには、無添加虫吉幼虫マットを固めずにフワリと入れて蓋を閉めて4から7日ほど養生させた後、明らかに健康な幼虫のみを菌糸ビン550ccへ投入します。

ヒラタクワガタの仲間は、二齢幼虫になってからの投入でも問題ありません。

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

 

ヒラタクワガタの関連商品一覧>>>

コバエ防止飼育ケースの販売>>>

産卵木の販売>>> ●昆虫マットの販売>>>

昆虫ゼリーの販売>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)