トカラノコギリ(悪石島)の2017年7月の羽化状況

日が変わってしまいましたが今日(2017年7月16日)の福岡県北部は、晴れの暑い一日でした。
梅雨明けも近いかもしれません。

今回も最新羽化のクワガタのご紹介をしたいと思います。
7月の羽化チェックでは、ノコギリクワガタの仲間の羽化が多いようなので暫くノコギリクワガタの紹介が続くかもしれません。

トカラノコギリ悪石島66ミリこちらは、今月上旬に羽化したばかりのトカラノコギリ(悪石島)66ミリのオスです。

トカラノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

トカラノコギリは、鮮やかなオレンジ色のクワガタで離島産クワガタの中で最も人気がある種類の一つです。

70ミリ前後のオレンジ色の大水牛は、一見の価値が有ります。

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月24日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月20日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年6月15日に蛹になっているのを確認→7月上旬羽化です。

1本目の菌糸ビンで一気に終齢幼虫まで育ててから低刺激の無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えてじっくりと育てる方法で羽化させました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

終齢幼虫になってから何本も菌糸ビンを用い続けると途中で暴れ(菌糸ビンの掻き混ぜ)を起こして逆に縮んでしまい折角の菌糸ビンが台無しになってしまう恐れがあるのでそうしています。

トカラノコギリクワガタ(悪石島)67ミリこちらも今月上旬に羽化したばかりのトカラノコギリクワガタ(悪石島)67ミリの大型個体です。

綺麗な色とアゴの個体です。

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月11日に蛹室(サナギになる為の空洞)を作っていたので4本目のエサ交換は無しです。

基本的に菌糸ビンは3ヶ月毎の交換、マットは4ヶ月毎の交換で飼育します。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

トカラノコギリ(悪石島68ミリ)画像は、6月下旬羽化のトカラノコギリ(悪石島)68ミリの大型のオスです。

アゴの湾曲があるガッチリとした個体だと思います。

■先ほどの67ミリと全く同じ交換リレーです。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→5月25日に蛹になっていたので4本目へのエサ交換は行っていません。

クワガタの幼虫の成長過程>>>

トカラノコギリ(悪石島)69ミリ写真は、現時点で羽化している最大サイズのトカラノコギリ(悪石島)69ミリ(69.5ミリ)です。

綺麗なカッコいい個体だと思います。

■エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年8月27日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月24日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月20日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→6月15日、既に蛹になっていたので4本目の交換無し。(7月上旬羽化)

●羽化して間もないノコギリクワガタの飼育には、フカフカ粒子で昆虫にも優しいココパウダーマットがオススメです。

トカラノコギリは、今回紹介していない個体も羽化していますので近日中に何ペアか販売できると思います。

トカラノコギリの販売コーナー>>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

菌糸ビンの販売>> ●昆虫マットの販売>>

国産プレミアム昆虫ゼリーの販売>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)