ヤクシマノコギリ68ミリとクチノエラブノコギリの羽化

九州北部でも連日の様に真夏日が続いております。
但し、時々、今にも雨が降りそうな天気になることが御座います。

今日は、少し遅れてしまいましたが最新羽化のクワガタをご紹介したいと思います。

7から8月は、入荷や羽化した大量のクワガタの飼育や対応業務で余裕が無くなってしまいブログの更新頻度が一気に落ちてしまい申し訳ございません。
※ブログの回数は減りますが飼育数は確保しておりますのでご安心ください。

このブログでご紹介できていないクワガタも沢山羽化しています。
翅が固まり次第にサイトにアップすると思います。

とりあえず、夏季は大型個体だけご紹介させてくださいませ。
※一度ご紹介したサイズやレギュラーサイズは、店長がいつの間にかサイトにアップしていると思います。

ヤクシマノコギリ68.5ミリ画像は、7月上旬最新羽化のヤクシマノコギリ68.5ミリの超大型個体です。

天然採集品では、今年何回か67ミリが入荷しましたが更に上を行くサイズの羽化です。
加えて極太激湾曲系の綺麗な大水牛です。

昨年の晩夏に天然個体のメスで産卵セットを組んで産まれた幼虫を育てて羽化させました。

ヤクシマノコギリクワガタの産卵セットを紹介した記事>>>

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年10月10日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年1月17日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

2本目への交換以降は、少しズボラ飼育気味になってしまいましたが6月中旬に既に蛹になっているのを確認→7月羽化です。

終齢幼虫からは、菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)による縮みを避ける為に無添加虫吉マットでのマット飼育へ切り替えています。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

ヤクシマノコギリクワガタの販売>>>

クチノエラブノコギリ63ミリこちらは、同じく最新羽化のクチノエラブノコギリ63ミリです。

クチノエラブノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

屋久島のお隣の島ですが全く別物と言っても良いくらい雰囲気が異なります。

屋久島では50ミリを超えると水牛になる事が多いのですが口永良部島のノコギリは水牛タイプが少ないようです。

※先日の数量限定、天然クチノエラブノコギリ小型セットは、おかげさまで完売いたしました。

■下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2016年8月2日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月1日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→5月25日に蛹になっているのを確認→6月羽化です。

基本的に菌糸ビンは3ヶ月毎、マットは4ヶ月毎に交換していますが時々、ズボラ気味になってしまう事が有ります。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

クチノエラブノコギリ65ミリこちら同じく2017年6月羽化のクチノエラブノコギリ65ミリです。
※実は、少し前に67から68ミリ級が何匹か羽化してましたがブログでご紹介できずに申し訳ございませんでした。

■エサ交換のリレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年8月21日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年11月13日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年3月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月11日に前蛹(サナギの直前段階の幼虫)になっているのを確認。

→2017年6月羽化。

クワガタの幼虫の成長過程の紹介>>>

◇羽化して間もないノコギリクワガタの飼育には、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットが最適です。

クチノエラブノコギリは、メスの羽化が確認でき次第に販売可能です。

クチノエラブノコギリの販売コーナー>>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ●菌糸ビンの販売>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)