2017年夏のクロシマノコギリの羽化状況

いつの間にか8月の台風のシーズンになり台風5号の雨風の被害が心配されます。

今日は、昆虫の出荷を見合わせているので一気に作業を進めております。

夏場は、クワガタの入荷と羽化、産卵セットの割り出しや幼虫の飼育に加え、夜間の採集にも出かけているので シーズン中は、なかなかブログやホームページを更新できずに申し訳ございません。

商品は、店長(兄)がいつの間にか出品していますので面白いクワガタも出ているかもしれません。

今回は、先日掘り出しを作業を行った最新羽化のクワガタを紹介したいと思います。

クロシマノコギリ63ミリ画像は、2017年7月最新羽化のクロシマノコギリ63ミリの大型のオスです。

クロシマノコギリは、赤みが強い個体の発生率が高く、アゴの湾曲が強いので人気のノコギリクワガタです。

本土のノコギリクワガタよりも気性が荒く、活動済みのオスとメスと同居させると高確率でメスが挟み殺されてしまいます。

産卵時のペアリングの際は、オスのアゴを縛る必要があります。

クロシマノコギリの産卵方法を紹介した記事>>>

■下記のエサ交換のリレーで羽化させました。

・1本目(2016年6月19日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月7日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年1月22日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月12日に前蛹(サナギの直前段階の幼虫)になっていたので4本目への交換は行っておりません。

2本目からは、終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌床の掻き混ぜ)を避ける為に低ストレス、低刺激の無添加虫吉マットでの飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>

基本的に菌糸ビンは2から3日毎の交換、マットは4ヶ月毎の交換です。

クロシマノコギリ65ミリこちらも同じく最新羽化のクロシマノコギリ65ミリの激湾曲タイプの水牛です。

クロシマノコギリは、水牛タイプが何とも言えないカッコ良さが有ります

■下記のエサ交換で羽化させました。

・1本目(2016年3月28日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年7月29日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2016年12月27日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→4月下旬に蛹室(サナギの部屋/空洞)を作っていたので4本目への交換は無しです。

クワガタの幼虫の成長過程>>>

クロシマノコギリ66ミリこちらも同じく最新羽化のクロシマノコギリ66ミリです。
湾曲が鋭いタイプです。

■エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年6月15日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年2月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月中旬に前蛹になっていたので4本目への交換は無しです。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

クロシマノコギリ67ミリこちらも最新羽化のクロシマノコギリ67ミリの大型個体です。

※冒頭から紹介した個体は、既に店長が数日前に出品して売り切れてしまっているかもしれません。
こちらの個体は、写真を撮って直ぐに出品できると思います。

■エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2016年6月15日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年9月8日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年2月2日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→6月15日、既に蛹になっているのを確認→2017年7月羽化。

クロシマノコギリクワガタ68ミリこちらは極太系のクロシマノコギリ68ミリの特大サイズです。

こちらは、翅が固まっていたら販売いたします。

・1本目(2016年6月19日、二齢幼虫):ブナ菌糸ビン550cc

・2本目(2016年10月20日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

・3本目(2017年2月25日、終齢幼虫):無添加虫吉マットボトル850cc

→2017年5月16日に前蛹を確認→7月羽化。

真夏でも温度を20から22℃に抑えていますので通常よりも前蛹や蛹の期間が長くなっていると思います。

★新成虫のノコギリクワガタの飼育には、フカフカ粒子で潜りやすいココパウダーマットがオススメです。

 

クロシマノコギリクワガタの販売コーナー>>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ●菌糸ビンの販売>>

昆虫ゼリーの販売>>


2017年夏のクロシマノコギリの羽化状況” への2件のコメント

  1. いつも大変参考にさせていただいております。当方も虫吉さんからのクロシマが2代目となっていますが、同じ時期の幼虫でも早いものと遅いものがいるのでしょうか?(ちなみに遅いものは、まだ幼虫をやってます。)初期の羽化したものをペアリングさせて産卵させましたが、未受精卵でした。幸いたくさんの2代目がいるので、少し引っ張ってリトライします。いつもお世話になっているマットのせいか、温度管理はしていませんが、そこそこ大きな大水牛で満足しています。

    • ひで様

      いつもお世話になっております。
      コメントありがとうございます。
      ノコギリクワガタに限らず、クワガタは先に産卵して孵化した幼虫の方が先に大きく育ちます。
      気温が下がり始める晩秋の割り出しやボトル投入の際は、夏期に比べると成長速度が落ちるので大きさに差が出てしまいます。
      ノコギリクワガタの仲間は、繁殖品同士の交配時に消える卵の発生率が高いのでペアリングのタイミングが難しいですが是非、再チャレンジしてみてください。
      宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)