壱岐産ノコギリクワガタの産卵セットの割り出し

今日の福岡県福津市の天気は、晴れで夏に逆戻りしたような蒸し暑い一日でした。
三連休から連続して夏日が続いています。

今日も夕方から夏の終わりに組んだ産卵セットの割り出しを行いました。

クワガタの産卵セットの割り出しのタイミングについて>>>

壱岐産ノコギリの産卵セットの様子こちらは、8月に組んだ壱岐産ノコギリクワガタの産卵セットをひっくり返した様子です。

マットから初齢、二齢幼虫の他に卵も見えます。

●使用した主な飼育用品
・飼育容器:コバエ防止飼育容器(中)
・マット:産卵マット(カブト、ノコギリ、ヒラタ、ミヤマ用)
・産卵木:クヌギ産卵木(M)x2本
・エサ(昆虫ゼリー):国産プレミアム昆虫ゼリー

ノコギリクワガタの産卵方法>>>

ノコギリクワガタの産卵セットの組み方を紹介した記事>>>

壱岐産ノコギリクワガタの初齢と二齢幼虫です。画像は、壱岐産ノコギリの初齢(左)と二齢(右)です。
気のせいかもしれませんが本土ノコギリよりも少しだけ大きい様な感じもします。
※個体差かもしれませんが・・・。

クワガタの幼虫の成長過程の紹介>>>

マットの塊を割って出て来た卵です。マットの塊を割ると卵が産みつけられていました。
ノコギリクワガタは、産卵木(朽ち木)だけでなくマットを固めた層にも産卵します。

壱岐産ノコギリの卵です。こちらも別の場所から出て来た卵です。
今年入荷した天然個体を産卵させていますが逆算しても9月下旬以降に産卵した事になります。

卵を割りカスと一緒に容器に戻しています。卵は、大量に出て来たので一旦、使用したマットと一緒に元の容器に戻しました。
少しズボラの様に見えますが卵は、個別に保管(管理)するよりも割りカス(産卵に使用したマットや朽ち木片)と一緒に容器に戻した方が孵化率が高い様に思えます。

卵から孵化したばかりの壱岐産ノコギリクワガタの幼虫こちらの写真は、卵から孵化したばかりの幼虫です。
少し分かりにくいですが未だ卵の殻が付着しています。
※この状態の幼虫も先ほどの割りカスの中にそっと埋め戻してあげると良いです。

初齢から二齢へ脱皮したばかりの壱岐産ノコギリの幼虫こちらは、初齢から二齢へと脱皮している最中の幼虫です。
お尻の辺りに抜け殻が付着しています。

スプーンを用いて幼虫を移動させます。幼虫のエサ交換用スプーンを用いて一時管理用カップに慎重に移します。
カップの中には、無添加虫吉幼虫マットを固めずに入れています。
※幼虫の収まりが良い様に親指でマットに凹みを入れています。

壱岐産ノコギリクワガタに使用した産卵木今回使用した産卵木です。

食痕と共に出て来た幼虫マイナスドライバーを用いて幼虫を潰さない様に慎重に割って出て来た幼虫です。
幼虫が喰い進んだ痕(食痕)が見えます。

幼虫は、自分が喰い進んだ後ろの坑道を糞や木屑で埋め戻しながら移動します。

産卵木の芯の付近から出て来た幼虫こちらは、産卵木の芯の付近から出て来た幼虫です。
朽ち木の木目に沿って進んでいるのが分かります。

もう一方の産卵木から出て来た幼虫です。もう一方の産卵木から出て来た幼虫です。
今回の産卵木からは、何故か初幼虫ばかり出てきました。

因みに幼虫の色が肌色の理由は、腸内に溜まった食べた朽ち木が透けて見えているからです。
黒いマットを食べると黒っぽくなりますが異常ではありません。

壱岐産ノコギリの割りカスを保管します一回の割り出しで全部の幼虫回収するのは、難しいので割りカスを容器に戻してます。
卵も先の説明のとおり一緒に戻しておいて4週間から1ヶ月経過して、確実に幼虫になってから再び容器をひっくり返して回収すると良いです。

早ければ数週間経過すると容器の底に幼虫が見え始めるので再割り出しの目安にしてください。

今回割り出した壱岐産ノコギリクワガタの幼虫です。今回の割り出しで出て来た幼虫です。
※28匹ですが卵は割りカスに戻したので最終的には40匹くらいになるかもしれません。

カップにマットを入れて保管します一時管理マットの中には、虫吉幼虫用マットを固めずに入れて蓋を閉め、4から7日ほど養生させてから菌糸ビン550ccもしくは、マットボトル850ccに入れます。
※上記の日数は、マットボトルや菌糸ビンのロスを防ぐため、割り出し時の傷や虚弱な幼虫の見極めに必要な期間だとお考え下さい。

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

ノコギリクワガタの関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>> ◆産卵木の販売>>

菌糸ビンの販売>> ◆コバエ防止飼育容器>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)