国産オオクワガタの飼育方法や解説

オオクワガタ
オオクワガタ(Dorcus hopei binodulosus)
・分布:北海道、本州、四国、九州

日本最大級の大きさを誇る、最も人気があるクワガタ。(クワガタ界の王様的な存在)
寒さにも強く最も寿命が長いクワガタとして知られる。
オスは、アゴに大きな内歯があり、大型になるほど上を向く、小型個体では真横(やや下向き)に出る。
性格は温厚で雌雄の同居飼育も可能。
飼育下では、菌糸ビン飼育が確立されてオス80ミリ以上、メス50ミリ以上が狙える様になった。
平均的な寿命は3年前後と言われているが5年以上の飼育報告も多数存在しています。

自然下では、コクワガタと並び早く活動を開始するクワガタで早ければゴールデンウィーク頃から採集可能です。
ノコギリクワガタやカブトムシと異なり、少し肌寒い季節から活動している事になる。
メスは、非行性が高く東北地方ではブナの原生林での灯火採集が盛んに行われている。

オオクワガタのメス
オオクワガタのメスの画像です。
メスは、光沢が強く上翅(はね)に顕著な点刻列(縦方向のスジ)があります。
上記の2点からヒラタクワガタやコクワガタのメスと比較的容易に判別が出来る。

オオクワガタのメスの見分け方はコチラ>>>

オオクワガタの飼育例成虫飼育温度は、0から30℃の範囲内で可能ですが真夏は冷房が効いた部屋で25℃前後で行った方が体力の消耗を抑えられる。
また真冬は、暖房の影響が全く無い状態の0から10℃で完全に冬眠させた方が同様に体力の消耗を抑える事が出来て寿命や産卵面でメリットがあります。
※オオクワガタを含めドルクス属と呼ばれるクワガタは、5月の肌寒い時期から活動を開始するので飼育下では15℃前後でも普通に活動をする事がある。

マット交換のタイミングは、春から秋は食べこぼしや排泄物(尿)で水っぽくなった時と越冬前の12月頃、越冬開けの3月頃に行うと良い。

◆オススメ飼育用品
コバエ防止飼育容器Beケース(中) ・Beケース(大) ・成虫用マット ・ココパウダーマット(越冬用) ・止まり木(2本セット) ・イエロー果汁ゼリー ・超高タンパクワイドカップゼリー ・16g用エサ皿(2つ穴) ・ワイドカップ用エサ皿(2つ穴) ・クヌギの落ち葉 ・広葉樹の樹皮 など。

 オオクワガタの成虫の飼育方法>>>>
冬眠時の飼育方法>>>
ココパウダーマットを用いた越冬方法>>>

産卵木を割って出て来たオオクワガタの二齢幼虫
産卵は、自然界のオオクワガタが目を覚ますタイミングに合わせてゴールデンウィーク以降(梅雨入り前後)から夏(8月のお盆まで)に行うと効率が良い。

■オオクワガタの産卵は、希少性から難しいと思われがちですが実際は、コクワガタの産卵方法と同じで簡単でシンプルです。
飼育容器の中に成虫用マットをいれて加水して日陰干し後の産卵木を入れるだけです。

オオクワガタの産卵方法>>>
オオクワガタの産卵方法を紹介した記事>>>
オオクワガタの割り出しを紹介した記事>>>
クワガタの割り出しのタイミングについて>>>

オスとメスを同居させてメスが産卵木を齧り始めたらオスのみを別の飼育容器に移し替えてメスを産卵に集中させると良い。

※産卵済のメスがオスの脚を噛みちぎって補食してしまう報告が毎年あるので産卵済のメスとの再ペアリング(同居)の際には注意が必要。

◆オススメ産卵用品
オオクワガタ飼育用品セット ・Beケース(中) ・コバエ防止飼育容器Beケース(大) ・成虫用マット(オオクワガタ産卵兼用) ・ホワイト高タンパクゼリー ・超高タンパクワイドカップゼリー ・16g用エサ皿(1つ穴) ・ワイドカップ用エサ皿(1つ穴) ・クヌギの落ち葉 ・広葉樹の樹皮 など。

1本目の菌糸ビンで大きく育ったオオクワガタの終齢幼虫
幼虫は、菌糸ビン飼育マット飼育でも可能だが菌糸ビンを与えた方が早く大きく育つ傾向があるのでオオクワガタには菌糸ビンが必要不可欠と言っても良い。
菌糸ビン、マット飼育に関係なく幼虫飼育時の温度は30度を超えない様にする必要があります。(真夏は20から25度前後がベストだが厳密な数字ではない)

真冬は、常温でも飼育可能。(原則、室内飼育なので寒さで死んでしまう事は御座いません)
※成長を促進させて早く羽化させる為に真冬に15から20度前後の加温飼育でも大丈夫です。

◆オオクワガタの幼虫のエサ交換の一例【参考例】
・1本目(初齢幼虫、二齢幼虫)菌糸ビン550cc
・2本目(終齢幼虫)菌糸ビン850cc(メスは、終齢幼虫の場合は2本目以降は850ccボトルオオクワマットを与えても大丈夫です)
・3本目(終齢幼虫):菌糸ビン850cc(30g級のオスは菌糸ビン1500cc
※幼虫が成熟期(黄色みを帯び始める時期)でしたら、3本目でマット飼育でも問題無い事が多いです。

なお、上記の交換本数や幼虫の年齢は、気温で大きく変化するので場合によっては本目以降の交換も発生することもある。
概の本数になるがオスで2から4本程度、メスで2から3本くらいトータルで必要になる。

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

 

■オオクワガタの菌糸ビンやマットの交換タイミングについて少し暴れ気味のオオクワガタの幼虫の菌糸ビンです。
※画像は、早急な交換が必要なオオクワガタの菌糸ビンです。

●菌糸ビンは、幼虫が食い進んで白い部分が6から7割無くなった時もしくは、食べた量に関係なく3ヶ月毎の交換が必要です。
(早く食べた時は、投入からの経過日数に関係なく交換が必要です)

●マットは、3から4ヶ月毎の交換が必要です。
暴れ(菌糸ビンのかき混ぜ行動)を起こしたら蛹化が近い場合があるのでマット飼育でも大丈夫です。
オオクワガタのマット飼育への切り替えのタイミングについて>>>

余り触れられる事が無いが、多くのクワガタは、白色腐朽菌(菌糸ビンの様に木やオガクズを真っ白にする菌糸の事)と呼ばれるヒラタケなどのタケ菌がオガクズを分解する際に出すリグニン、セルロースなどの分解酵素を体内に取り入れることにより大きく育つとされています。
その分解の際に水や二酸化炭素を出すので時間の経過とともに菌床自体が劣化するのでクワガタのエサに適さなくなってしまい暴れや摂食障害(食い止まり)などのトラブルの原因になります。
※飼育温度が高すぎると劣化が早まるのでご注意ください。

 ■オオクワガタの幼虫の取扱い上の注意点!
オオクワガタの幼虫を菌糸ビンに入れます
オオクワガタの幼虫は、他のクワガタの幼虫と比べて少し神経質な性質があり、交換時に強い刺激や衝撃を与えてしまうと自傷行為(自分の腹部やお尻を噛み切る)や落下の衝撃で直腸が出たまま(脱肛)の状態になってしまい羽化できずに死んでしまう事が多い。

お客様からのご報告の限りでは、素手で触ったり無意味に動かして刺激を与えると事故が多くなる様です。(特に気温が高い時期は、活発に動くので注意が必要)

交換の際は、画像の様にエサ交換専用スプーンを用いると事故の発生率を軽減できる。

菌糸ビン穴開けシャベルでくり抜きます
幼虫を投入する際は、画像の様に菌糸ビン専用シャベルを用いて幼虫が入る大きさの穴をくり抜くとスムーズに潜ってくれます。
国産オオクワガタ80ミリオーバー
ヒラタクワガタやコクワガタに比べて幼虫期間が長く飼育下でも2年で成虫(二年一化)になる事があります。
特に大型になればなるほど幼虫期間が長くなる傾向があります。
逆に早期羽化(早く羽化する個体)は、エサの本数が少ない代わりに小型化する傾向があります。

>>オオクワガタの幼虫飼育方法の詳細はこちら!

◆お勧め幼虫飼育用品
クヌギ菌糸ビン550cc ・ブナ菌糸ビン550cc ・クヌギ菌糸ビン850cc ・ブナ菌糸ビン850cc ・クヌギ菌糸ビン1500cc ・ブナ菌糸ビン1500cc ・クヌギ菌床ブロック ・ブナ菌床ブロック ・オオクワマット ・幼虫飼育ボトル850cc など。

オオクワガタの飼育に関するブログの記事はコチラ>>>

 

オオクワガタの販売ページ>>>
福岡県産オオクワガタ ・佐賀県産オオクワガタ ・長崎県産オオクワガタ ・大分県産オオクワガタ ・熊本県産オオクワガタ ・宮崎県産オオクワガタ ・鹿児島県産オオクワガタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)