買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(レビュー) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

ヤマトサビクワガタ(図鑑)

ヤマトサビクワガタ

■ヤマトサビクワガタ (Dorcus japonicus)

鹿児島県徳之島にのみ生息する日本固有の小さなクワガタ。
元々は黒褐色の体色ですが体に生えている微毛に泥や土が付着してサビ茶色になる。(名前の由来)
体に泥を付着させる事により外敵に見付かり難くしていると思われる。
飛行性もあるが地上徘徊性の方が高い。
大きさは14〜25ミリ前後で、大きなものでもオスメス共に20ミリを超える程度の大きさです。

オスメス共に動きが少なく、飼育下ではマットに潜ったままで殆どエサを食べない事が多い。(たまに食べるのでゼリースプリッターで昆虫ゼリーを半分に切って与えると良い)
大人しいのでオスメス一緒の飼育も可能。繁殖方法(産卵セット)はヒラタと同じ。

カブトムシと違って数ヶ月で死んでしまう事は無く、飼育下では羽化してから約2〜3年の長い寿命を持ちます。
加えて寒さに強いので室内での常温飼育も可能。

ヤマトサビクワガタの飼育例

ヤマトサビクワガタの繁殖例

ヤマトサビクワガタのブログ記事