買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全15115件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

ヤクシマコクワガタの産卵と羽化報告【2015年12月31日-茨城県、旧玉里村様より】

2015年7月4日の割り出しのご報告

注文したマットが届いたので、ヤクシマコクワガタの割り出しを行いました。
♂は3月羽化だったのでちょっと気が早いのですが、交尾を確認したので5月半ばにセット。

ヤクシマコクワガタの卵

人工カワラ材と虫吉さんのクヌギの産卵木LLサイズを使用しました。

人工カワラ材を半分ほど割ったところ幼虫を1匹だけ確認。
あまり、カワラ材に産んでる痕跡がなかったので、クヌギのほうを割ってみると、
4分の1ほど割ったところで、卵8個、幼虫4匹が出てきました。

コクワガタの卵は非常に小さく、割った時は気づかなかった卵が新聞紙にころころ転がっていました。 割り出しに慣れていなく、ちょっと疲れてしまったのと卵を見逃しそうなので、残りは埋め戻してしばらく様子を見ようと思います。 羽化してから時間がたっていないので心配でしたが、まだまだ産んでそうなので安心しました。

2015年12月31日の羽化のご報告

以前割り出し報告をしたヤクシマコクワですが、 親とほぼ同サイズ(46mm前後)のものが羽化してきたのでご報告です。

ヤクシマコクワの羽化の報告

この種類は羽化が早くてびっくりです。割り出しから2ヶ月ほどで羽化が始まり ほとんどメスですが10匹以上羽化してきました。

オスはまださなぎを含めて3匹なので、のこりの幼虫でバランスがとれればいいのですが

ヤクシマコクワガタの成虫

こちらは一回り小さいですが、羽化後2ヶ月たってもきれいなワインレッドなので気に入っています。
(写真だと赤みを出すのが難しいです)

交換リレーですが、
5月末に産卵セットをし7月の1回目の割り出しで用意した瓶より多くの幼虫が 出てきたので割り出しを途中で止めて、瓶に入らない分は産卵セットに戻しました。

8月31日に再度割り出し、550の菌糸瓶(オオヒラタケ)に投入。
交換なしで12/8頃に羽化しました。

ちなみに、以前質問させていただいたオキナワノコギリは12月になって産卵を始めました。
結構産んでくれているようなので一安心です。




店長からのコメント・・・いつも当店をご利用いただき誠に有り難うございます。
詳しい飼育情報を教えていただき有り難う御座います。
ヤクシマコクワは、羽化後の成熟が早く、加えて幼虫の成長(加齢)速度が早いのが特徴です。
初夏に羽化して梅雨明け前後から産卵可能になる代わりに真夏の気温の上昇で最初の1本目の菌糸ビンで羽化(早期羽化)してしまう事も多いのですが無事に大きく育ってくれた様で安心致しました。
この手のコクワガタは、年内に早期羽化をせずに翌年に羽化した物が大型化する傾向が強いので個人的に残りの幼虫の羽化が楽しみです。
是非50ミリを狙ってみてください。
2本目は菌糸ビンからマットへの切り替え飼育もハマってくれると思います。

オキナワノコギリも無事に産卵してくれた様で安心致しました。
面白い情報が御座いましたら是非お寄せください。


今後とも宜しくお願い致します。


ヤクシマコクワガタの販売はコチラ>>>

クワガタのご報告の一覧>>>