カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18184件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 15000円以上のお買い物で送料無料 代引きなど支払い方法

◆≪手詰めにつきご注文から約1週間前後での出荷になります。≫拘りの手詰め!大きく育てるならこれ!虫吉ブナ菌糸ビン850cc(クワガタの幼虫のエサ)

クワガタの幼虫のエサのブナ菌糸ビン850です
クワガタの幼虫のエサの菌糸ビン850ccです。【ボトルのサイズ:高さ170ミリ、直径95ミリ】
クワガタの幼虫は大好きなキノコを食べて大きく育ちます。
自然のままをコンセプトに菌糸ビンにする為に必要最小限の天然素材の添加剤のみを用いています。
ブナ100%のオガを使用しています。キノコの種類はオオヒラタケ(食用キノコの一種)です。
メスの幼虫やオスで7センチ前後になる種類の幼虫が対象です。
幼虫がより大きくなる詰め加減で詰めています。
幼虫とキノコのことを考えて通気口を大きくしています。
クワガタが大きくなり易いブナを使用していますので、見た事も無い様な大きな幼虫を育てる事も可能です。
幼虫をより大きく育てたい方に最適です。
大きく育てて楽しんで下さい!

この菌糸ビンは大きな幼虫(終齢幼虫)専用です。
小さな幼虫(初齢、二齢)を入れると量が多すぎて食べ切る前に劣化してしまいます。
その為、大きくなりにくいので550ccをお勧めします。

 
クワガタ用ポリボトルのキャップ(裏)
キャップの裏面の構造と抗菌フィルター。
立体構造で通気性は確保されます。
クワガタ用ボトルキャップの通気口
長さ約2センチの側面通気口。
合計4ヶ所も有ります。

上の写真の様に通気性を確保しながら雑菌やコバエの侵入と乾燥を防ぐ便利で飼育し易い「下面通気方式」を採用しております。
ボトルの中に幼虫を入れた後は、そのままフタを締めてください。

《菌糸ビンの納期についての説明》
菌糸ビンは、絶えず中身のオガクズを菌糸が分解しており使用、未使用にかかわらず3ヶ月程でクワガタの飼育に余り適さなくなります。
当店では使用期限や作成日が不明な詰め置きや機械詰めの物では絶対に大きくならない事を確信しており、その様な物を絶対に販売したくは無いと考えております。
『お客様には絶対に大きくなる菌糸ビンをお届けしたい!!』そんな当店の強い拘りから受注後に1本1本魂を込める様に丁寧にビン詰め作業を致しております。
菌糸が白く回ってからの発送となりますのでお届け迄約1週間程のお時間を頂いてご不便をお掛け致します事を予め御了承ください。

※納期にお時間を頂く菌糸ビンと他の商品を同時にご購入の際、菌糸ビンに合わせての出荷になります。
予めご了承ください。

手詰めにつき、詰めの固さや菌床の含水率の影響で若干色が薄い(肌色っぽい薄茶色)の状態でのお届けになる事が御座いますが使用上の問題は御座いません。

◆キノコ止めの薬品が入っておりませんので温度差でお届け時や使用時にキノコが出てしまう事も御座います。
品質や使用上の問題は御座いません。予めご了承ください。

余ってしまったり、未使用の菌糸ビンは冷蔵庫で保管すると常温よりも長く保存が出来ます。
但し、1ヶ月以内を目処に出来るだけ新鮮な内に使い切ってください。


より大きく育てる為のワンポイントアドバイス♪♪

菌糸ビンは、生き物です。25℃を超えると本来の性能を発揮出来ない可能性が御座います。
より大きく育てる為に幼虫のエサとなるマットボトルや菌糸ビンは、到着後直ぐに箱から出して飼育環境の温度で1から3日ほど温度慣らしを行ってから幼虫を投入していただいた方が温度差が無くなり幼虫のストレスを軽減出来ます。
また大きく育つ為の菌糸や土壌菌が落ち着いて本来の性能をより発揮出来ると思います。
※温度慣らしの際は、フタを閉めたままで構いません。

◆交換タイミングと温度管理について

菌糸ビンの交換タイミングは、基本的に2から3ヶ月毎に行ないます。
その前に食い尽くして白い部分が7割ほど無くなったら早めの交換をお勧めします。

理想の飼育温度は、20から25℃前後です。(大きく育てる為には、温度管理が不可欠です。)
28℃を超える環境だと菌糸ビンの劣化が早まり成長過程でのトラブルが多くなります。
また、18℃以下の環境だと菌糸の活性が落ちたり、幼虫が休眠してしまうので大きく育ちません。

会員様特価の飼育用品へ

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ オオカブ主様 2018-11-07
この菌糸ボトルは良き香りがしますね。
アマミノコギリはボトルをわずか3週間で菌糸ボトルの交換を検討させるほど爆食いしていました。

幼虫が孵化してすぐアマミノコギリとトカラノコギリ用
で使い、アマミノコギリは無事大きく育ちました。
トカラノコギリは一匹菌糸ボトル内でオスが蛹化してしまい、栄養分を取られた形で死んでしましましたが
他のトカラノコギリは蛹化前に産卵マットに移し変えたものが育っています。

両種のノコギリとも羽化をさせた事がないので
成功させたいですね。
お店からのコメント
2018-11-08
いつもクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
新鮮な菌床ブロックを詰め込んだ菌糸ビンです。
基本的にノコギリクワガタは菌糸ビンでサナギにさせると死亡率が上がってしまいます。
無添加のプレミアム虫吉マットに移し替えると良いです。
オオカブ主様のまたのご利用を心よりお待ち申し上げます。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ かんちゃん様 2018-02-25
毎回申し分無い対応と商品に感謝してます!
温度合わせした後幼虫を菌糸瓶に移したら喜んでいるかのごとくいそいそと潜って行きました(^.^)
次の交換が楽しみです!
次回もお願いします
お店からのコメント
2018-02-26
いつもクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
菌糸ビンは鮮度が命です。
ご注文を頂いてから丁寧にしっかりと詰めております。
これから気温がほど良く上がってきますので、菌糸ビン飼育に適した季節となります。
これからの成長や羽化も楽しみですね!
かんちゃん様のまたのご利用を心待ち申し上げます。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ けく様 2017-12-17
注文していた菌糸ビンを本日受け取りました。
オオクワ初齢の550ccからの2本目として購入させていただきました。久しぶりに姿を見ましたが、順調に大きく育っており、ひと安心です。梱包もいつも丁寧で感心させられます。また次回、菌糸ビンを購入させていただきます。
お店からのコメント
2017-12-18
いつもクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
オオクワガタの幼虫の2本目にご使用になられているんですね。
順調に大きく育ってくれているようで安心しました。
けく様のまたのご利用を心待ち申し上げます。

>>この商品の全てのレビューを見る

◆≪手詰めにつきご注文から約1週間前後での出荷になります。≫拘りの手詰め!大きく育てるならこれ!虫吉ブナ菌糸ビン850cc(クワガタの幼虫のエサ)

価格:

670円 (税込)

[ポイント2倍中 27ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (11件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

菌糸ビンの中央に幼虫の大きさの穴を開けてその中に幼虫を1匹だけ入れます。
菌糸ビンに幼虫を入れます。
白いのはキノコの菌床です。クワガタの幼虫はキノコの菌床が大好きです。
3ヶ月に1回もしくは白い菌床の部分が少なくなったら、新しい物と交換して下さい。
推奨管理温度は20から25℃です。

菌糸ビンは、入れると必ず大型個体が出て来る『伝家の宝刀』的なアイテムでは有りません。
大きく元気に育てる為、真っ白な状態でも3ヶ月毎の交換と温度管理(高温)には十分にご注意ください。


クワガタの幼虫の菌糸ビン飼育は、幼虫の菌糸ビン飼育をご覧下さい。

資源の節約の為、使用済のボトルは、洗浄して再利用される事をお勧めします。


菌床は使用、未使用に関係なく常にキノコの菌糸がオガ(木屑)を分解し続けています。
飼育環境により異なりますが、約3ヶ月で菌糸によりオガが腐朽されて軟らかいスポンジ状になりクワガタの飼育に適さなくなります。
当店ではお客様によりベストで新鮮な状態の菌糸ビンをお届けして大型個体を育てて頂きたいという願いから受注生産、ハンドメイド作業とさせて頂いております。
予め7日ほどのお時間を頂いております事をご了承お願いします。

■菌糸ビンや幼虫飼育関連の記事

オオクワガタ幼虫飼育方法
オオクワ幼虫飼育方法
ヒラタクワガタ幼虫飼育方法
ヒラタ幼虫飼育方法
ノコギリクワガタの幼虫飼育方法
ノコギリ幼虫飼育方法
クワガタの幼虫飼育に関するブログ記事
幼虫飼育のブログ記事
クワガタの羽化に関するブログ記事
羽化に関するブログ記事
特大幼虫に関するブログ記事
特大幼虫の記事
菌糸ビンに関するブログ記事
菌糸ビンのブログ記事

下記のアイテムが有ると更に便利です!(写真をクリックすると詳細画面に進みご注文頂けます)