カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全16270件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

ヒラタクワガタ(学名:Dorcus titanus)

ヒラタクワガタ
分布・・・本州(東北南部が北限)、四国、九州(対馬や南西諸島の物は別亜種です)

平べったい形が名前の由来です。
種類が多い離島産のヒラタと区別する為に通称、本土ヒラタクワガタ(ホンドヒラタ)と呼ばれる人気のクワガタです。
黒く平べったい形と太い大アゴの根元の大きな突起とその上の細かいノコギリ状の小突起が特徴の挟む力が非常に強いクワガタです。
オス75ミリ、メス43ミリの報告例があります。
東北、北海道には生息していないので、寒さに弱いと思われがちですが実際は強い耐寒性を持っています。
北日本や北海道に棲息していない理由は寒さではなくて、インドネシア(または大陸→台湾)→沖縄→南西諸島と伊豆諸島→九州→四国と本州ルート、もしくは朝鮮半島→九州→四国と本州ルートという2つのパターンのルートで九州経由で日本に辿り着いて、本州は関東から北に向かって分布拡大の最中であるという見方が正論の様です。
成虫は、特に5月〜梅雨明け迄の間にクヌギの樹液に集まります。
平べったい体型を利用して樹液に近い樹洞や樹皮の裂け目に器用に隠れます。標高が高い山地より平野部に生息する傾向があります。
オスのフェロモンにメスが集まってくる習性があるので、稀に大型の強いオスの元に5匹以上のメスが集まって一夫多妻制のコロニーを作る事があります。
メスとの住処(大きな樹洞)を奪い合う為、夜な夜なオス同士が激しく争う姿を見掛けます。
メスは交配後に産卵の為、オスの元を離れて行きます。
成虫の寿命は2〜3年と言われていますが4年以上生きた報告例も多数あります。

国産ヒラタクワガタ繁殖品の販売コーナー 天然ヒラタクワガタの販売コーナー


国産ヒラタクワガタの解説>>>

国産ヒラタクワガタのブログ記事>>>