カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18283件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 15000円以上のお買い物で送料無料 代引きなど支払い方法

オオクワガタ(図鑑)

国産オオクワガタ

オオクワガタ(日本産)

(Dorcus hopei binodulosus)

日本で最も人気のある国内最大級の大きさを誇るクワガタで、クワガタの王様です。
大きなもので8センチを超えます。
北海道から九州と対馬、佐渡島の日本全国の幅広い範囲に棲息しています。
自然界では、ほぼ絶滅状態にあり幻のクワガタとなっています。

ペットとして輸入されている外来種(外国産)のオオクワガタと区別するために愛好家から国産オオクワガタ】と呼ばれる。

太古の昔に元々、中国大陸や朝鮮半島に生息していたオオクワガタが地殻変動により現在の日本に取り残されて独自の進化を遂げているとされています。
※よって太平洋側の小笠原や南西諸島等の離島には生息していません)

オオクワガタのオスは、独特の太く内側に湾曲した大アゴと大きな一本の内歯(突起)が特徴で人気があります。
オオクワガタのメスは、背中の翅に筋が有りヒラタクワガタのメスとの区別も比較的簡単です。

東北ではブナ林、その他の地域ではクヌギの樹液に集まります。
地域により台場クヌギ(伐採されたクヌギが孫生えして太く幹が何本も分かれた巨大なクヌギの事)に集まる事で知られています。
数が少ない上に臆病で大木の高い場所を好み、樹液が出ている近くの樹洞(木の大きく深い裂け目や空洞)に隠れている事が多いので採集が難しいクワガタです。

オスは樹洞に居着き余り飛行しませんが、メスは飛行してオスの元に集まったり、産卵場所に向かいます。
走光性(光に集まる習性)が強いので街灯や自販機の周辺での発見例もあります。

他のクワガタが未だ活動していない初夏や冷夏の他、大雨や台風が去った直後の肌寒く他の昆虫が活性していない時間帯に姿を見せる事があります。

但し、マナーが悪い採集者による幼虫や新成虫の材割り採集(自然の朽木割り)で生息場所が無くなっており年々個体数が減少して絶滅が危惧されている昆虫です。
民家の敷地内のクヌギや朽木の中から難を逃れて細々と暮らしている成虫や幼虫の発見例が実際に存在します。


暑さ寒さに非常に強く、さらに寿命も非常に長く飼育し易いクワガタです。
カブトムシと違って数ヶ月で死んでしまう事も無く、羽化してから5年以上生きた報告例もあり、クワガタの中で最長の寿命を持ちます。

オオクワガタを紹介したブログ記事>>

オオクワガタの産卵方法>>

オオクワガタの幼虫飼育方法>>