カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18684件) サイトマップ  HOME
新規会員登録 会員様限定飼育用品 15000円以上で送料無料 支払い方法

アカアシ(図鑑)

アカアシクワガタ

■アカアシクワガタ(Dorcus rubrofemoratus)

北海道、本州、四国、九州、対馬や佐渡などの離島の標高が高く自然が豊かな山岳地帯に棲息する小型のクワガタです。

コクワよりも少しだけ大きく光沢があります。

オス、メス共に裏返しにすると腿節(大腿部分)が赤褐色になっているのが名前の由来。

オスの大アゴは、やや直線的(緩やかな曲線)で先端に内歯の2から3対の鋭い突起を有する。

※小型になると内歯は、発達せずにハッキリしない。

オスは22から58ミリ(飼育下では59ミリ)、メス23から38ミリの報告例があります。

アカアシクワガタのメス(表)

大きなメスは、ヒラタ並みの大きさになります。

脚の付け根が赤い事から他の種類のメスと区別がつきやすいです。


やや標高が高い約300メートル前後の雑木林から標高1000メートル以上のブナ林に多く生息している。

低地ではクヌギやニレ、ヤナギ、ハンノキ等にも集まる。

他のクワガタよりも気温が低い環境を好む為、寒さに非常に強い反面、少し高温に弱い。

大人しい部類のクワガタですので、お手軽に楽しめます。

寒さに非常に強く、さらに飼育品の場合は寿命が長いので飼育し易いです。

数ヶ月で死んでしまう事は無く、羽化してから2年以上の長い寿命を持ちます。

因みに九州には限られた地域にしか生息していません。