カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18283件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 15000円以上のお買い物で送料無料 代引きなど支払い方法

ノコギリクワガタの仲間(図鑑)

当店が取り扱っているノコギリクワガタの仲間を図鑑(一覧)形式で紹介しています。


◆九州産ノコギリクワガタの一覧

ノコギリクワガタ
ノコギリクワガタ
アマミノコギリクワガタ
アマミノコギリ
トカラノコギリクワガタ
トカラノコギリ
トクノシマノコギリクワガタ
トクノシマノコギリ
クロシマノコギリクワガタ
クロシマノコギリ
ヤエヤマノコギリクワガタ
ヤエヤマノコギリ
クメジマノコギリクワガタ
クメジマノコギリ
オキナワノコギリクワガタ
オキナワノコギリ







ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ

(Prosopocoilus inclinatus)

北海道〜九州迄の日本全土に棲息する大型のクワガタです。
※但し、沖縄や南西諸島などの太平洋側の離島のノコギリクワガタは別亜種。

大きなもので7センチを超えます。 (オス75ミリ、メス40ミリを超える個体の報告例もあります)
離島産の亜種と区別する為に「国産ノコギリクワガタ」「本土ノコギリ」と呼ばれることがある。

オスは大きさにより、大アゴ(キバ)の形が異なる事で知られているクワガタです。
大型のオスの大アゴは、写真の様に外に張り出して大きく湾曲する事から「水牛(大歯型の事)」と呼ばれて人気があります。
但し小型個体は、湾曲が無く真っすぐな大アゴにノコギリ状の小さな突起が沢山あります。(ノコギリクワガタの名前の由来です)
※大きさによって小歯、中歯、大歯(水牛)の3タイプのアゴの形状が顕著に現れます。

カブトムシ同様に赤褐色と黒褐色の2パターンの色が存在しています。
理由として主な活動時間が日没間際〜夜明け迄なので、外敵の鳥(特にカラス)に襲われない様に進化の過程でこの色になっている物と考えられます。
因みに日本のクワガタが黒いのは外敵の鳥等の野生動物から見付からない為に夜に活動するからです。(保護色)
よって、カブトムシやノコギリクワガタは夕焼けと朝焼けの色も存在しています。

梅雨入り〜梅雨明けまでのカブトムシが余り居ない時期に発生のピークを迎えます。
主にクヌギやコナラ、ヤナギ、ハンノキ、ニレの樹上の高い位置の樹液に集まる習性が有ります。

ノコギリクワガタのメスは、赤から黒褐色の個体が多く丸みを帯びた体型をしています。
ヒラタに比べると光沢が鈍いので区別がつきやすい。

飛行する事が多く光や振動等の刺激を受けて、木から落ちる時に飛んで逃げてしまう事も多いので採集には注意が必要です。
暗い時間帯は、柄の長い虫取り網が必要ですが明るい時間帯は、飛行性が少し落ちるので木を蹴っ飛ばして揺らして落ちたところを捕まえるという方法が効果的です。

クワガタの中で最も喧嘩が大好きで、大きなカブトムシや大型のクワガタのオスにも果敢に戦闘を挑んでいきます。
大アゴで挟んで投げ飛ばしたり、木から突き落としたりと激しく戦います。
挟む力は意外に強く、相手のアゴをへし折ったり、カブトムシに大きな穴を開けて致命傷を与える事も有ります。


大きく湾曲したキバと攻撃的な性格、荒々しい動きで子供から大人まで人気があるクワガタです。
樹の上でキバとキバをガチガチと激しくぶつけ合い戦う姿は、まさに闘牛です。
6センチを超える辺りから水牛の様な風貌となります。

自然界では夏〜秋に羽化してそのまま越冬して翌年の夏に活動する「初夏型(一次発生型)」、初夏に羽化して越冬せずに梅雨明け後に活動を開始する「晩夏型(二次発生型/早期活動型)」の2つの発生パターンの存在が知られる。
共に自然界では、秋になると広葉樹が落葉の為に樹液を出さなくなるので生きて行く事ができなくなってしまいますが飼育下では、二次発生(早期活動型)のみ年内に活動しても越年して翌年まで生きてくれる事があります。

どちらの活動パターンでも羽化してから1年前後の長い寿命を持つ事になります。
従って繁殖品は羽化後1年ほどの長い寿命ですが、自然界(天然個体)ではカブトムシ同様に夏が終わる頃には死んでしまう傾向が強いです。(活動後、3ヶ月前後の寿命だと言われていますが温度やエサなどの飼育環境によっては、それ以上生きてくれることもあります。)

ノコギリクワガタのブログ記事>>

ノコギリクワガタの産卵方法>>

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>

九州産ノコギリクワガタの一覧TOPへ

アマミノコギリクワガタ

アマミノコギリクワガタ

アマミノコギリクワガタ

(Prosopocoilus dissimilis)

奄美大島に棲息する日本最大のノコギリクワガタです。
本土のノコギリクワガタとは別種でリュウキュウノコギリの仲間になります。【リュウキュウノコギリの原名亜種】
リュウキュウノコギリの仲間は、分布が北に位置するほどアゴが湾曲する水牛タイプになり、奄美大島の種はアゴが極太で湾曲が大きいので人気のクワガタです。

大きなもので8センチを超えます。(飼育下、自然下共に81ミリが最大サイズ)
国内のノコギリクワガタの最大種になります。
太く湾曲した大アゴと漆黒のボディが特徴のクワガタです。
※リュウキュウノコギリ特有の頭循(口の出っ張り)が二股になる特徴も顕著に現れる。
特に大型個体は、アゴが太く、内歯(アゴの内側の突起)が発達して大きく湾曲するので、まさに激太激湾曲の『漆黒の奄美の大水牛』です。

自然界では夏〜秋に羽化してそのまま越冬して翌年の夏に活動する事から、羽化してから1年前後の長い寿命を持つ事になります。
従って繁殖品は羽化後1年ほどの長い寿命ですが、自然界ではカブトムシ同様に夏が終わる頃には死んでしまう傾向が強いです。(但し、本土のノコギリクワガタよりも若干寿命が長い様で飼育次第では秋以降も楽しませてくれます。)

アマミノコギリクワガタのブログ記事>>

九州産ノコギリクワガタの一覧TOPへ

トカラノコギリクワガタ

トカラノコギリクワガタ

トカラノコギリクワガタ

(Prosopocoilus dissimilis elegans)

鹿児島県トカラ列島に棲息する日本一綺麗なノコギリクワガタです。
本土のノコギリとは別種でリュウキュウノコギリの仲間になります。
この種類がリュウキュウノコギリの最北端になります。
大きなもので7.5センチを超えます。

大きく湾曲したキバと鮮やかなオレンジ色が特徴のクワガタです。
※リュウキュウノコギリ特有の頭循(口の出っ張り)が二股になる特徴も顕著に現れる。
大型個体は特に魅力的で力強さと美しさの両方を兼ね備えた「火山列島トカラの灼熱の大水牛」です。
現在は採集禁止となり飼育品しか存在しない希少種。

自然界では夏〜秋に羽化してそのまま越冬して翌年の夏に活動する事から、羽化してから1年前後の長い寿命を持つ事になります。
従って繁殖品は羽化後1年ほどの長い寿命ですが、自然界はカブトムシ同様に夏が終わる頃には死んでしまう傾向が強いです。

トカラノコギリクワガタのブログ記事>>

九州産ノコギリクワガタの一覧TOPへ

トクノシマノコギリクワガタ

トクノシマノコギリクワガタ

トクノシマノコギリクワガタ

(Prosopocoilus dissimilis makinoi )

鹿児島県徳之島に棲息する大型のノコギリクワガタです。
本土のノコギリとは別種でリュウキュウノコギリの仲間になります。
外見は、奄美大島に棲息するアマミノコギリの同亜種の近縁種だが、大きさは少し小振りでオスメス共に赤褐色の綺麗な色の個体が確率で発生する事に加え、メスの後翅の点刻(スジ)も薄い。
※リュウキュウノコギリの仲間は、南に行くほど小型化して湾曲も少なくなる傾向があり、徳之島の種は7センチを超えて水牛になるノコギリの最南端とも言える。
大きなもので7.5センチになります。

太く大きく湾曲した大アゴと鈍いツヤがある黒いボディが特徴のノコギリクワガタです。
※リュウキュウノコギリ特有の頭循(口の出っ張り)が二股になる特徴も顕著に現れる。
また、本土のノコギリクワガタ同様に赤褐色の個体も存在しておりトカラノコギリに勝るとも劣らない美しさが有る。

自然界では夏〜秋に羽化してそのまま越冬して翌年の夏に活動する事から、羽化してから1年前後の長い寿命を持つ事になります。
従って繁殖品は羽化後1年ほどの長い寿命ですが、自然界(天然個体)ではカブトムシ同様に夏が終わる頃には死んでしまう傾向が強いです。

トクノシマノコギリクワガタのブログ記事>>

九州産ノコギリクワガタの一覧TOPへ

クロシマノコギリクワガタ

クロシマノコギリクワガタ

クロシマノコギリクワガタ

(Prosopocoilus Inclinatus Kuroshimaensis)

鹿児島県鹿児島郡三島村黒島に生息する大きく湾曲した太いアゴを持つワインレッドのノコギリクワガタ。
勿論、綺麗な色は個体差ではなく完全遺伝。

本土のノコギリクワガタとは別種でリュウキュウノコギリに近い太さがある。
日本に生息するノコギリクワガタの中で最もアゴが湾曲する種類。
自然下では69ミリが最大だが既に条例により採集禁止になっている為に更新は無い。飼育下では70ミリを超える事が有る。
実は三島村にも硫黄島という火山の島があり、そこに生息するミシマイオウノコギリは、アゴの湾曲が少なく大型になりにくい。

この種類は、他のノコギリクワガタよりも気性が荒く、早期活動(羽化して1から3ヶ月以内の活動)を起こしやすい。
直ぐに産卵可能になるのは、嬉しい事ですがペアリングに注意しなければメスが何匹いても足りなくなる事と長期飼育の際は、低温で管理する必要がある。

自然界では夏〜秋に羽化してそのまま越冬して翌年の夏に活動する事から、羽化してから1年前後の長い寿命を持つ事になる。
従って繁殖品は羽化後1年ほどの長い寿命ですが、自然界(天然個体)ではカブトムシ同様に夏が終わる頃には死んでしまう傾向が強いです。
※三島地方に棲息するノコギリクワガタは、飼育下では羽化後直ぐに活動開始(早期活動)をする傾向が高く羽化したその年の夏に産卵が可能になる事も多い。

クロシマノコギリクワガタのブログ記事>>

九州産ノコギリクワガタの一覧TOPへ

ヤエヤマノコギリクワガタ

ヤエヤマノコギリクワガタ

ヤエヤマノコギリクワガタ

(Prosopocoilus pseudodissimilis)

八重山諸島(石垣島、西表島)に生息するノコギリクワガタの亜種。
ヤエヤマノコギリは、リュウキュウノコギリの仲間の亜種(オキナワ、アマミ、トクノシマ、トカラ、オキノエラブ、クメジマノコギリ)特有の頭循(口の先の部分)が二股に分かれているという特徴が全く無く、何故か本土のノコギリクワガタの様に先端が分かれずに丸みを帯びている。
理由として、沖縄よりも近い場所にある台湾のノコギリクワガタの近縁種で沖縄と台湾の中間の島で独自の進化と遂げたとされている。

大きさもオスで60ミリを超えるのがやっとで、多くは45から50ミリ程度。(飼育下でも大きくなりにくい)
固有種に近い存在の生物につき、現在では一部の島で採集禁止となっている。
自然下では、本土のノコギリクワガタ同様に6月から8月頃に発生のピークを迎える。
飼育下では、20℃以上の気温だと早期活動(羽化して1から3ヶ月後で活動開始)を起こしやすいので長期飼育の際は温度管理が必要。

自然界では夏〜秋に羽化してそのまま越冬して翌年の夏に活動する事から、羽化してから1年前後の長い寿命を持つ事になります。※活動後は3ヶ月前後。
従って繁殖品は羽化後1年ほどの長い寿命ですが、自然界(天然個体)ではカブトムシ同様に夏が終わる頃には死んでしまう傾向が強いです。

ヤエヤマノコギリクワガタのブログ記事>>

九州産ノコギリクワガタの一覧TOPへ

クメジマノコギリクワガタ

クメジマノコギリクワガタ

クメジマノコギリクワガタ

(Prosopocoilus dissimilis kumejimaensis)

沖縄本島の西に位置する久米島に生息するリュウキュウノコギリクワガタの仲間。
オキナワノコギリに比べてアゴが太く少し湾曲した感じの個体が多い。
60ミリを超える個体は、アゴだけで無く内歯の突起も太く独特の迫力が有ります。
また、沖縄と久米島のノコギリクワガタは、光沢が強く黒から赤褐色の体色の個体が存在しており、非常に綺麗です。

勿論、リュウキュウノコギリの仲間の特徴の一つでもある頭楯(頭部の先端の口の部分)が角張って二股に分かれる点も顕著に現れる。

大きさは最大で65ミリの飼育報告が存在します。※自然界では64ミリの採集例が複数存在する。
但し、自然界では40ミリ台が多く、55ミリを超える個体が極端に少なくなる。

自然界では、日本本土と同様に6月頃から発生が始まり梅雨明け後の7月中旬頃にピークを迎える。
但し、沖縄方面は、この頃から台風の接近が多くなるので採集時期が限られてしまうという欠点がある。

自然界では夏〜秋に羽化してそのまま越冬して翌年の夏に活動する事から、羽化してから1年前後の長い寿命を持つ事になります。
従って繁殖品は羽化後1年ほどの長い寿命ですが、自然界(天然個体)ではカブトムシ同様に夏が終わる頃には死んでしまう傾向が強いです。

クメジマノコギリクワガタのブログ記事>>

九州産ノコギリクワガタの一覧TOPへ

オキナワノコギリクワガタ

オキナワノコギリクワガタ

オキナワノコギリクワガタ

(Prosopocoilis dissimilis okinawanus)

沖縄本島に生息するリュウキュウノコギリクワガタの仲間。
※名前にオキナワが付きますがリュウキュウノコギリの原名亜種ではない。(原名亜種は、アマミノコギリ)

オス、メス共に光沢が強く綺麗な個体が多い。
体色は赤〜黒褐色で上翅の点刻が目立たない。
オスのアゴは、やや直線的で長く、湾曲が少ない。

60ミリを超える個体は、内歯(アゴの内側の突起)の第一歯と第二歯が離れて発達する傾向があり独特の迫力が有ります。
また、沖縄と久米島のノコギリクワガタの違いは、クメジマノコギリのアゴの方が太短く上から見ると弧を描く様に湾曲している点です。
オキナワノコギリの方がアゴが直線的でスリムな感じです。

勿論、リュウキュウノコギリの仲間の特徴の一つでもある頭楯(頭部の先端の口の部分)が角張って二股に分かれる点も顕著に現れる。

大きさは最大で70ミリの飼育報告が存在します。
但し、自然界では60ミリを超える大型個体が極端に少なくなる。

自然界では、日本本土と同様に6月頃から発生が始まり梅雨明け後の7月中旬頃にピークを迎える。
但し、沖縄方面は、この頃から台風の接近が多くなるので採集時期が限られてしまうという欠点がある。

自然界では夏〜秋に羽化してそのまま越冬して翌年の夏に活動する事から、羽化してから1年前後の長い寿命を持つ事になります。
従って繁殖品は羽化後1年ほどの長い寿命ですが、自然界(天然個体)ではカブトムシ同様に夏が終わる頃には死んでしまう傾向が強いです。

オキナワノコギリクワガタのブログ記事>>

九州産ノコギリクワガタの一覧TOPへ