カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全16270件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

去年孵化サキシマヒラタクワガタの幼虫掘り出し【2017年7月1日-鳥取県、Stag Pro ご苦労様より】

サキシマヒラタクワガタの幼虫

だんだんと蒸し暑くなってきて、蛹が新成虫になり始めました。
私は、今いる幼虫や蛹が成虫になった時どれくらいの大きさになるのかとても楽しみで早く成虫にならないかワクワクしています。

その中でも楽しみなのがサキシマヒラタクワガタの幼虫です。
私は一番大きいと思う幼虫の重さが知りたくて掘り出すことにしました。
もちろん、蛹室を作っていないかしっかりと確認して。
掘り出すときってすごくワクワクしますよね。 ドキドキしながら慎重にほりだしました。

びっくりしました。幼虫の重さが20グラムありました。 成虫になると何ミリくらいになるのでしょうか。とっても楽しみです。




店長よりコメント・・・いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。

幼虫は、常温(真冬は無加温)の寒冷な状態での飼育でしょうか?
7月になっても成熟(黄色化)していないので夏に最後の一伸びがありそうです。

ブログでも時々、述べさせていただいておりますが幼虫の体重は、途中の過程に過ぎないので○○グラムで○○ミリと断言する事が出来ません。
どんなサイズで羽化するのか楽しみですね。

因に真夏に冷房管理が出来る様でしたら二齢幼虫時の最初の1本目だけ菌糸ビン飼育をされると70ミリオーバーを狙える確率が一気にアップします。
※サキシマヒラタの場合、温度が高すぎると菌糸ビン1本目で蛹化してしまうのでご注意ください。
是非、今後の飼育の参考にしてみてください。

また、今後も面白い情報など御座いましたらお気軽にご報告くださいませ。

今後とも宜しくお願い致します。


サキシマヒラタクワガタの販売ページはコチラ>>>

サキシマヒラタのブログ記事>>>

クワガタのご報告の一覧>>>