買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全15719件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

《微粒子タイプにつき緩く詰めてください》大きく育てるならこれ!プレミアムクヌギ菌床ブロック4000cc(クワガタの幼虫のエサ、詰め替え用、上級者向け)

クワガタ用クヌギ菌床ブロック3500
クワガタの幼虫のエサの詰め替え様の菌床ブロックです。上級者向けです。

クワガタを大きく育てる為には、機械で生産された詰め置きの物よりも菌床ブロックを砕いて別の容器に詰めて菌糸を再活性させる通称:二次発菌と言われる手法が必要不可欠になります。
(当店の菌糸ビンも全て二次発菌です)

クワガタの幼虫は大好きなキノコを食べて大きく育ちます。
自然のままをコンセプトにキノコの菌糸がブロックになる為に必要最小限の天然素材の添加剤のみを用いています。
持ちの良さを重視したクヌギ100%のオガを使用しています。キノコの種類はオオヒラタケ(食用キノコの一種)です。内容量は4000ccです。お好きなボトルや容器に詰め替えて使用してください。

クヌギはブナよりも水っぽくなりにくく、劣化を遅らせるとされる成分が多く含まれるので菌糸ビン飼育が初めての方にもオススメです。


菌床ブロック1個で詰める事が出来る本数の目安は以下のとおりです。
※但し、詰める固さや量で多少前後しますので参考としてお考えください。
(注)通気性を確保する為にカチカチに詰めずにボトルの首のくびれ(肩口)で止めておいてください。
当店のブナ菌床に比べて粒子か細かいので固く詰めた際に白くならない場合も御座います。
必ず少し緩めに詰めてください。(軽くトントンといった感じで)

・550ccボトル・・・7本前後
・850ccボトル・・・4〜5本
・1500cc・・・2本(550ccが1本詰めれる量が余ります)
大きく育てて楽しんで下さい!

◆キノコ止めの薬品が入っておりませんので温度差でお届け時や使用時にキノコが出てしまう事も御座います。
品質や使用上の問題は御座いません。予めご了承ください。


◆◇◆菌糸を回す(白くする)温度について◆◇◆
菌糸ビンの「飼育温度」と砕いて菌を回す(白くする)「発菌温度」は、全く異なります。
一度、全体が真っ白になってしまえば少々の温度変化でも大丈夫なくらい菌は強くなります。
但し、バラバラに砕いて茶色くなった状態の物を再び白くする為には、20から24℃の温度で5から7日ほど養生させる必要が御座います。

20℃を下回れば下回るほど菌の回りが遅くなります。
また25℃を大きく超えるとボトル内の発菌温度が上がり過ぎて菌が死滅してカビてしまう恐れも御座います。
初めての方や発菌の為の温度管理環境が無い場合は、余りお勧めしません。

また、到着後直ぐに詰めるよりも2から3日ほど20℃前後の場所で箱から出して袋のまま温度慣らしを行い菌を活性させてからのボトル詰めをお勧めします。


■クヌギの菌糸ビン詰めは少し難しいのでコチラをご覧ください。>>>


会員様特価の飼育用品へ

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ アサミン様 2017-06-13
菌糸ビン詰めにチャレンジしたくリピートです。前回いただいた菌糸は今でも元気にしています。半月後の割り出しに向けて準備を開始します。今後ともアドバイスよろしくお願い申し上げます。
お店からのコメント
2017-06-14
いつもクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
この菌床ブロックは微粒子なので若齢幼虫にも有効です。
半月後の幼虫の割り出しが楽しみですね!
アサミン様のまたのご利用を心待ち申し上げます。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ t-nakaza様 2016-11-20
マット詰めは去年やったので、今年は菌糸瓶に挑戦してみようと思って購入しました!
もっとカチカチなブロックで重いのかと思っていたけど、そうでもなかったですね!!

うまくできていて、大きくなってくれたらと願います
お店からのコメント
2016-11-21
いつもクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
マットボトルは固さが命ですが、菌糸ビンは手加減が必要です。
慣れてくると詰め加減も分かってくると思います。
ご自身で詰められた菌糸ビンでの成長も楽しみですね!
t-nakaza様のまたのご利用を心待ち申し上げます。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ アイチのヤマちゃん様 2014-07-17
上級者ではないのですが、
何事も体験と思い菌床ブロックを購入
まだ菌糸ビンに入っていない幼虫用に作成します
お店からのコメント
2014-07-17
いつもクワガタ工房 虫吉をご利用頂きありがとうございます。
ホームページにも分かり易く菌糸ビンの詰め方を掲載しておりますので参考にして下さいね。
コツはあまり固く詰め過ぎないことです。
あと、気温が高い所で養生しないようにする事です。
アイチのヤマちゃん様のまたのご利用を心待ち申し上げます。

《微粒子タイプにつき緩く詰めてください》大きく育てるならこれ!プレミアムクヌギ菌床ブロック4000cc(クワガタの幼虫のエサ、詰め替え用、上級者向け)

価格:

1,450円 (税込)

[ポイント2倍中 58ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (3件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

◆クヌギ菌床ブロックの詰め方について

菌糸ビンをご自身でお詰めになられる際の商品ですが少し上級者向けです。
菌糸ブロックのボトル詰めは、必ず20℃前後(20から24℃以内)の環境で行ってください。
※強く詰め過ぎたり、温度が高過ぎても低過ぎても発菌せず(白くならず)に終わってしまう場合が御座います。

失敗時の補償は、御座いませんので初めての方や不慣れなお客様は、菌糸ビンをお買い求め頂く事をお勧めします。

到着後直ぐに詰めてしまうと白くなりにくいので20℃前後の環境で2から3日ほど(袋を開けずに)温度慣らしを行ってから詰めて頂く事を推奨します。

菌床ブロックを詰めるのに必要な道具

■菌床ブロックを詰めるのに必要な防具です。

収納用のコンテナケース、金網、ゴム手袋(使い捨てタイプでも可)、キッチンペーパー、ハサミ、ステーキナイフ、園芸用シャベル、ステンレスマットプレス、アルコールスプレー(中身は、消毒用のエタノール)、長めのピンセット、プラスドライバーを用意します。

※ピンセットとプラスドライバーは、長い箸(菜箸)で代用が出来るのでお好みでご用意ください。

ボトルの消毒をします

■ボトルの消毒を行います。

基本的に菌糸ビンを詰める際は、手袋をした状態で行ってください。
まず アルコール(エタノール)を入れたスプレーでボトル内を消毒します。
※エタノールは、薬局やドラッグストアで販売されている医療用の物が最も入手しやすく効果も高いです。

後で拭き取るのでスプレーは、シュッと一噴きで大丈夫です。

ボトル内を拭き取ります

■ボトル内を綺麗に拭き取ります。

ピンセット(長い箸でも可)を用いてボトル内の消毒液をキッチンペーパーで綺麗に拭き取ります。
消毒液が残ったままだと雑菌だけではなく、肝心な菌糸も死滅してしまうので念入りに拭き取ってください。
沢山の本数を詰める際は、上記の方法で始めにボトルを全部消毒しておくと良いです。
※先に行った方がアルコールの残留率が減ります。

コンテナ内と使用する道具も消毒します。

■コンテナ内と使用する道具も消毒します。

コンテナ内と使用する道具(菌床に直接触れる道具)もアルコールスプレーでしっかりと消毒します。
※金網(バーベキュー用金網が最適)は、菌床を細かく砕く際に重宝します。
※簡単に隙間無く詰める事が出来るので楽です。

使用する道具を拭き取ります。

■使用する道具を拭き取ります。

使用する道具も念の為、キッチンペーパーで綺麗に拭き取ります。
金網を使用される場合も軽く拭き取ってください。

コンテナ内も拭き取ります。

■コンテナ内も拭き取ります。

コンテナ内も綺麗に拭き取ります。
コンテナ内は、拭き取っても揮発したアルコールの成分が残っている事があるので臭いが無くなってから次に説明する作業に移ってください。

ハサミで菌床ブロックの袋を開けます。

■ハサミで菌床ブロックの袋を開けます。

菌床ブロックの袋を開ける際は、四角いフィルターの下の辺りをハサミが通過する様に真横に切れ目を入れて、切れ目の真ん中から縦にハサミを入れると取り出しやすくなります。
※T字に切れ目を入れて袋から出す感じです。

菌床ブロックの上の部分を取り除きます。

■菌床ブロックの上の部分を取り除きます。

菌床ブロックの上の厚さ5ミリから10ミリ程の部分をステーキナイフを用いて取り除きます。
フィルター越しに外気と最も接している部分なので雑菌混入防止の為の作業です。

菌床ブロックを割ります

■菌床ブロックを割ります。

菌床ブロック菌床ブロックの上の部分を取り除いたら、そのままステーキナイフを突き刺して大まかに割ります。
金網を使用する場合は、画像の様に4等分に割ると作業がしやすいです。

菌床ブロックを金網で擦りおろします

■菌床ブロックを金網で擦りおろします。

画像の様に金網を用いて菌床ブロックをきめ細かく擦りおろして砕いた方がボトルに詰める際に隙間なく詰まるので無理に押し固めなくても綺麗に仕上がります。
手で砕くとどうしても固まり(玉)が出来てしまい、隙間を埋める為に強く固め過ぎる事も想定されます。
強く押し固めると酸欠を起こして菌糸が死滅する恐れがあるので金網を用いて力を入れなくても隙間無く均一に詰まる様にすると良いです。

砕いた菌床をボトルに入れます。

■砕いた菌床をボトルに入れます。

砕いた菌床をボトルの肩口付近まで園芸用のシャベルで入れます。
マットと詰めと異なり菌床詰めは、固く詰めると酸欠で菌が死んでしまいます。
マット詰めと真逆の方法でボトルの片口付近まで一度に沢山の菌床を入れて固めると下半分が強く詰まり過ぎずに済みます。

マットプレスで菌床を詰めます。

■マットプレスで菌床を固めます。

ステンレス製のマットプレスを用いて菌床を詰めます。
※木製でも構いませんが強く詰まり過ぎる恐れがあるのでステンレスの組み立て式の方が安心です。
体重をかけずに肩口まで菌床を入れてトントントンと固め、肩口まで入れて固めを概ね3回くらい繰り返すと肩口の辺りまで綺麗に詰まると思います。
※酸欠の原因になりますので絶対に少しずつ入れて固めないでください。

詰めた菌糸ビンの中央にドライバーで穴を空けます。

■中央にドライバーで穴を空けます。

肩口のまで詰めたらプラスドライバー(長い箸でも可)で中央に空気が通る様に穴を空けます。
※穴は、底まで空けます。
当店が販売している1500ccは、通気口が大きいので穴を空ける必要はありません。
550ccと850ccのみ穴を開けた方が菌の回りが良くなります。

フタを閉めて白くなるのを待ちます。

■フタを閉めて白くなるまで数日待ちます。

フタを閉めたら気温20から24℃の場所で菌糸ビンが白くなるまで待ちます。
冒頭でお伝えしましたが気温が低過ぎても高過ぎても菌が回らないのでご注意ください。
真夏は、冷房の部屋で菌を回す必要があります。
また真冬に保温の為に発泡スチロールなどの密閉性が高い箱状の物に入れたり、ヒーター等の温熱器具の付近で直接加温されると酸欠や高温で白くならない恐れも御座います。

菌糸ビンが白くなったら出来上がりです。

■白くなったら出来上がりです。

気温や詰めの固さ、容器の種類にもよりますが概ね3から4日経過すると全体が白っぽくなり始めます。
1週間前後経過して画像の様に真っ白になったら幼虫を投入出来ます。
※気温が低かったり、固く詰め過ぎると10日以上掛かる場合も御座います。
十分に菌が回ってから幼虫を投入してください。


◆クヌギ菌床ブロックの注意点

クヌギ菌床ブロックとブナ菌床ブロックは、製造工場が異なります。
菌の種類が同じでもオガクズの粒子がクヌギの方が細かいので詰め過ぎに注意が必要です。
強く詰め過ぎると通気性が無くなり菌糸が白くならずにカビてしまう恐れが御座います。

クヌギ菌床を実際に詰めた際の重量を記載しておきますので参考にしてみてください。
※当店が販売している容器(550cc、850cc、1500cc)に肩口まで詰めてフタを閉めた状態の重量です。

・550ccボトル・・・380グラム前後

・850ccボトル・・・550グラム前後

・1500ccボトル・・・950グラム前後

初めてチャレンジされるお客様は、詰めやすいブナ菌床ブロックをお勧めします。

会員様特価の飼育用品へ

《微粒子タイプにつき緩く詰めてください》大きく育てるならこれ!プレミアムクヌギ菌床ブロック4000cc(クワガタの幼虫のエサ、詰め替え用、上級者向け)

価格:

1,450円 (税込)

[ポイント2倍中 58ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (3件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

■菌糸ビンや幼虫飼育関連の記事

オオクワガタ幼虫飼育方法
オオクワ幼虫飼育方法
ヒラタクワガタ幼虫飼育方法
ヒラタ幼虫飼育方法
ノコギリクワガタの幼虫飼育方法
ノコギリ幼虫飼育方法
クワガタの幼虫飼育に関するブログ記事
幼虫飼育のブログ記事
クワガタの羽化に関するブログ記事
羽化に関するブログ記事
特大幼虫に関するブログ記事
特大幼虫の記事
菌糸ビンに関するブログ記事
菌糸ビンのブログ記事