買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全14705件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

クワガタ幼虫を元気に大きく育てたい(虫吉式:菌糸ビン→マットボトルへの切替え飼育)

クワガタはキノコの菌糸が大好きです。

自然界でも写真の様にキノコが生えた朽ち木や切り株で育っています。

カワラタケが生えた朽ち木

キノコが生えた朽ち木

ボコボコしているのがキノコです。その下にはキノコの菌糸がびっしり生えていて、これをクワガタの幼虫はエサとして大きく育っています。

この特性を利用したのが「菌糸ビン」による幼虫飼育です。

菌糸ビンの誕生により、クワガタが手軽るにより大きく育つ様になりました。

種類によっては天然物より馬鹿デカく育つ様になりました。

ここまで聞くと至れり尽くせりの飼育方法に思えますが、大きな欠点が有ります。

サナギになる時の失敗、羽化する時の失敗、羽化しても直ぐ死ぬと言った死亡率が高くなることです。

菌糸ビンという自然界にない高密度の菌糸は栄養価が高すぎて、成長の終盤の幼虫は栄養の摂取のし過ぎで、機能障害を起こすからです。

しかし、現在の幼虫の飼育においては、常にこの死亡率より、大きさを追求すると言った「物的」な扱いとなっています。

自分はこの考えに真っ向反対です。

生き物をプラモデルを組み立てる様な感じで育てるのには物凄く抵抗を感じます。

菌糸ビンと相対する特性のマットボトルに着目しました。


・菌糸ビンの特性:早く大きく成りやすいが、種類によりかき回し現象(暴れ)で逆に小さくなったり、サナギから羽化直後の死亡率が高い
・マットボトルの特性:成長が遅く早めに交換しないと大きく成らないが、死亡率が低い

このマットボトルの「死亡率が低い」という特性を最大限利用しようと考えました。

種類にもよりますが、当店ではより自然に近付ける為に適切な時期に菌糸ビンから無添加虫吉幼虫マットへの交換で命をより大切に育てる事に努めており、お客様にも推奨致しております。

◆菌糸ビンからマットへの切り替えは、幼虫にストレスが少ない低刺激の『無添加マット』もしくは『低添加のマット』マットが必要不可欠です。

◆老熟幼虫の菌糸ビン飼育は、余りお勧めしません
※成熟期(終齢幼虫が白⇒黄色っぽくなり始める時期)を通り過ぎて完全に黄色みを帯びた状態を『老熟幼虫』と 呼びます。
飼育下では2年目の幼虫も含まれる事が多いです。

切り替えのタイミングは、慣れると簡単なので画像で紹介致します。
成熟期を迎えたクワガタの幼虫
↑↑↑2本目の菌糸ビンから出したクワガタの幼虫です。
画像の様に終齢幼虫が黄色みを帯びた状態を成熟期といい、菌糸ビンに入れても暴れたり食い止まったりする事が多くなります。
◆菌糸ビンの暴れについて>>>

菌糸ビン→マット飼育に切り替えた幼虫
成熟期を迎えた幼虫は、画像の様に『菌糸ビン→マット飼育』へ切り替えても大丈夫です。


ヒラタやノコギリに最適ですがオオクワガタにも応用出来ます。

オオクワガタのマット飼育への切り替えのタイミングについて>>>


菌糸ビンやマットなどクワガタの幼虫のエサはコチラ>>>


■幼虫用昆虫マット(切り替え飼育)に関するブログ記事>>>