買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全15980件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

ノコギリクワガタ・ヒラタクワガタの産卵方法

ヒラタクワガタの産卵セット ノコギリクワガタの産卵セット

ヒラタクワガタノコギリクワガタの繁殖方法です。

※オオクワガタやコクワガタの産卵方法はコチラの別のページです。>>>

ヒラタクワガタノコギリクワガタの仲間は「朽ち木(産卵木)」や「産卵専用昆虫マット」に産卵します。

産卵温度は23℃から28℃前後です。この温度にならない時は産卵しません。

クワガタの種類にもよりますが、羽化して3から6ヶ月経過もしくは、越冬後でなければクワガタは産卵しない事が多いです。

まず、柔らかめの朽ち木(産卵木)を用意します。これを2〜3時間ほど水に漬け込みます。
Beケース(中)に入る産卵木の目安はSSSサイズの場合は2〜3本、Mサイズの場合1〜2本、Lサイズの場合は1本です。(Beケース大の場合は上記の1.5〜2倍の本数です)
(左)太い産卵木の水浸け、(右)細い産卵木の水浸けの様子。

産卵木Lの水浸け 産卵木SSの水浸け


ざる等を使って、半日ほど水を切るために軽く日陰で干します。

産卵木の日陰干し


水が切れたら100円圴一で販売されているステーキナイフ等で朽ち木の皮を剥きます。

前準備はこれで終わりです。

産卵木の皮むき



次に産卵セットを組む準備です。

まずプラスチックケース中サイズ大サイズを用意します。

これに産卵専用マットマットプレスで底を3センチほどカチコチに詰めます。この時にケースを割らない様に注意して下さい。(雑誌や四つ折りの新聞を下に敷くと割れにくいです)

マットプレスで産卵専用マットを固く詰めます。


この上に先程準備した朽ち木を並べます。(写真は産卵木SS〜SですがMサイズ1〜2本でも大丈夫です)

産卵専用マットの上に産卵木を並べます。


この産卵木を昆虫マット(産卵専用マットもしくは通気性の確保と生まれて来た幼虫の為に幼虫専用マット)で完全に埋めます。※幼虫用マットは使わなくても産卵しますので無くてもOKです。
このマットは固めないのがコツです。

昆虫マットで完全に埋め込みます。


産卵用幼虫用の2種類のマットを利用した2層詰めです。下のマットは産卵促進用マットを3センチくらいぎっしり詰め、上は通気性が良いマットで軽く埋め込むのがコツです。

産卵セットの断面です。

Beケースと当店の産卵マット幼虫マット)を併用される場合は、マットの霧吹きや加水の必要は御座いません。(飼育が楽チンです♪)


ヒラタクワガタノコギリクワガタの実際の産卵セット例です。
エサ皿の他に隠れ家の落ち葉も入れます。 ※写真は産卵マットのみで埋め込んだ物ですが作り方は、上記の方法と同じでケースの下(底)3センチだけ産卵マットをカチカチに固めて、その上に乗せた産卵木産卵マットで再び固めずにフワッと埋め込むだけです。

ヒラタクワガタの産卵セット ノコギリクワガタの産卵セット


メスがオスに挟まれて傷付けられない様に3日間だけ同居させた後、必ずオスだけを取り出して別の容器で飼育します。
2週間経過してもケースの底に卵や幼虫、産卵木の削りカスが見えない時だけ再度3日間だけオスを入れてください。(卵や幼虫が見えている時は絶対にオスを入れないで下さい。)

飼育温度は23から28℃前後でキープします。

1ヶ月半から2ヶ月するとケースの底にクワガタの幼虫が見え始めます。 これが幼虫の取り出しの目安です。

ケースの底の幼虫


幼虫を傷つけない様にそっとケースをひっくり返します。ケースの底の方のマットからも幼虫が沢山出てきます。

底のマットからの幼虫


クワガタの幼虫は手で触らずに幼虫飼育専用スプーン等でそっとクリーンカップ(幼虫管理用カップ)に入れます。

採取したクワガタの幼虫


産卵木の中にもクワガタの幼虫がいますのでマイナスドライバー等で丁寧に慎重に割っていきます。

産卵木をマイナスドライバーで割っていきます。


幼虫は成虫と別の容器に管理して下さい。当店では採取した幼虫は1週間から10日ほどクリーンカップで管理しております。

この管理期間内に異常がないか確認してから菌糸ビンマットボトルに入れております。

幼虫管理用カップの販売は、幼虫管理用カップの販売をご覧下さい。

採取した幼虫はクリンカップに入れて管理します。

クワガタの幼虫のマットボトル飼育は、幼虫のマットボトル飼育をご覧下さい。

クワガタの幼虫の菌糸ビン飼育は、幼虫の菌糸ビン飼育をご覧下さい。


上記の種類の亜種の離島産ヒラタクワガタツシマヒラタサキシマヒラタスジブトヒラタアマミヒラタトクノシマヒラタタカラヒラタオキナワヒラタダイトウヒラタオキノエラブヒラタゴトウヒラタイキヒラタチョウセンヒラタ

離島産ノコギリクワガタトカラノコギリアマミノコギリトクノシマノコギリオキナワノコギリヤエヤマノコギリオキノエラブノコギリクメジマノコギリミシマイオウノコギリクロシマノコギリクチノエラブノコギリ

その他にもヤマトサビクワガタも同様の方法で産卵します。


ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタ等の産卵を紹介したブログ記事

本土ヒラタの産卵記事>> ・屋久島産ヒラタの産卵記事>> ・ツシマヒラタの産卵記事>>

サキシマヒラタの産卵記事>> アマミヒラタの産卵記事>> ・タカラヒラタの産卵記事>>

スジブトヒラタの産卵記事>> ・ダイトウヒラタの産卵記事>> ・ゴトウヒラタの産卵記事>>

イキヒラタの産卵記事>>

国産ノコギリの産卵記事>> ・トカラノコギリの産卵記事>> ・アマミノコギリの産卵記事>>

クロシマノコギリの産卵記事>> ・クチノエラブノコギリの産卵記事>> ・ヤクシマノコギリの産卵記事>>

ヤエヤマノコギリの産卵記事>> ・ヤマトサビクワガタの産卵記事>> ・トカラノコギリ(中之島産)の産卵記事>>


■□■関連コンテンツ■□■

クワガタの割り出しのタイミングについて>>>

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法>>>

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法>>>

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

幼虫の菌糸ビン飼育について>>>

幼虫のマット飼育について>>>

クワガタの産卵に関するブログ記事>>>


■□■お勧め商品■□■

産卵木の販売コーナーはコチラ!

虫吉マット(産卵専用マット)の販売はコチラ!