買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全15411件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

カブトムシ幼虫の観察ボトル飼育

一般的にカブトムシの幼虫は、Beケースの様な四角いプラスチック水槽で行ないます。
このコーナーでは、クワガタの様に1匹ずつボトルに入れて観察出来る飼育方法を紹介します。

↓↓↓必要な道具は、至ってシンプルで下記の2つが有れば大丈夫です。↓↓↓  

カブトムシ幼虫用マット(エサ)
虫吉無添加幼虫用マット4リットル入り
1袋で右の容器4本分(4匹分)の量。
無添加なので安全に大きく育ちます。
兎に角、良く食べてくれます。
カブトムシ幼虫観察飼育用ブロー容器1000cc
観察飼育用ブロー容器1000cc
透明で高さも有るので観察し易いです。
白い丸いシールは、乾燥とコバエの侵入を防ぎます。
通気性バツグンなので剥がさないで使ってください。
※キャップ(フタ)の色は赤の場合もあります。



それでは簡単ですが手順を紹介します。

スコップでカブトムシの幼虫のエサをボトルに入れます
先ず、園芸用のスコップで幼虫のエサとなる昆虫マット(幼虫マット)を入れて行きます。
マットを入れる際は、固める必要は有りません。

トントンと軽く叩いて幼虫マットの隙間を埋めます
隙間が出来る様でしたら、途中でボトルを持ち上げてトントンと軽く床を叩く様にして入れてください。
※強く叩き付ける必要はありますん。

容器の線の位置までカブトマット(幼虫のエサ)を入れます
↑↑↑上の写真の「容器の線の位置」の少し手前までマットを入れるのが目安です。
沢山入れると幼虫を入れた時に盛り上がって「通気穴」が塞がってしまう恐れが有ります。
※前述のとおり決して固めないでください。

カブトムシの幼虫をブロー容器1000ccに入れます
カブトムシの幼虫を入れます。
マットの上に置くと自力で潜って行きます。
但し、気温が低い時は動きが鈍くなるので心配な場合は軽く埋めてあげてください。
※1本の容器で1匹ずつしか飼育出来ません。

カブトムシ幼虫の観察容器での飼育例
フタをして完成です。
エサ交換の目安は1ヶ月に1回です。
但し、季節や気温、幼虫の大きさで若干早く糞が目立ち始める事が有りますのでその場合は、早めに交換してください。
6月頃にサナギになり始めますので5月を最後のエサ交換にすると良いです。
※ボトルは乾燥防止タイプなので霧吹きや加水の必要はありません。


カブトムシ幼虫の糞

←カブトムシ幼虫の糞の画像。
写真の様に小豆の大きさの黒い塊です。
1ヶ月経たないうちに増え始めたら早めに交換してください。
特に暖かい季節(春以降)は糞の増加とマットの減りが早まります。