買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全14705件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

オオクワガタ、コクワガタ、アカアシクワガタの産卵方法

オオクワガタコクワガタアカアシクワガタの繁殖方法です。
上記の3種類に加えスジクワガタ離島産のコクワガタも産卵方法は同じです。

※ヒラタクワガタやノコギリクワガタの産卵方法はコチラの別のページです。>>>

オオクワガタコクワガタの繁殖温度は23℃から28℃前後(アカアシクワガタは20〜25℃)です。この温度にならない時は産卵しません。

カブトムシ昆虫マットに産卵しますが、オオクワガタマットには産卵せず、朽ち木(産卵木)に産卵します。

産卵木のお求めは、産卵木をご覧下さい。


まず、硬めの朽ち木を用意します。これを2〜3時間ほど水に漬け込みます。

産卵木の水浸け


半日ほど水を切るために軽く日陰で干します。

産卵木の日陰干し


水が切れたら100円圴一で販売されているステーキナイフ等で朽ち木の皮を剥きます。

産卵木の皮むき


前準備はこれで終わりです。

次に産卵セットを組みます。

プラスチックケース中サイズ大サイズを用意します。

これに成虫飼育用の昆虫マットを3から5センチほど入れます。

産卵セットの準備1


この上に先程準備した朽ち木(産卵木)エサ皿、足場となる落ち葉を入れてペアで飼育します。
産卵木は、マットの上に置くかお好みで3分の1くらい軽く埋め込んでいただいても構いません。
オオクワガタやコクワガタの産卵は、至ってシンプルで簡単です。

産卵セット


これで産卵セットは完了です。

飼育温度は23から28℃前後でキープします。

1週間から1ヶ月くらいするとメスが朽木を削り始めます。

オオクワガタの場合はメスが木を削り始めたら産卵に集中させる為、オスを外して別のケースで飼育して下さい。

これがオオクワガタの産卵の目安となります。

オオクワガタの産卵の目安


産卵から約1ヵ月半から2ヶ月くらいしてこの朽木をマイナスドライバー等で丁寧に慎重に割っていくとオオクワガタの幼虫が採取できます。

産卵木をマイナスドライバーで割っていきます。


オオクワガタの幼虫は手で触らずに幼虫飼育専用スプーン等でそっとクリーンカップ(幼虫管理用カップ)に入れます。

採取したオオクワガタの幼虫


オオクワガタの幼虫は成虫と別の容器に管理して下さい。当店では採取した幼虫は1週間から10日ほどクリーンカップで管理しております。

この管理期間内に異常がないか確認してから菌糸ビンマットボトルに入れております。

オオクワガタの幼虫の飼育方法は「幼虫の菌糸ビン飼育」「マットボトル飼育」をご覧下さい。

幼虫管理用カップの販売は、幼虫管理用カップの販売をご覧下さい。

採取したオオクワガタの幼虫はクリンカップに入れて管理します。

クワガタの幼虫のマットボトル飼育は、幼虫のマットボトル飼育をご覧下さい。

クワガタの幼虫の菌糸ビン飼育は、幼虫の菌糸ビン飼育をご覧下さい。

オオクワガタ、コクワ、アカアシなどの産卵を紹介したブログ記事

国産オオクワガタの産卵記事>> ・国産コクワの産卵記事>> ・スジクワガタの産卵記事>>

アカアシクワガタ産卵記事>> ・アマミコクワの産卵記事>> ・ミシマコクワの産卵記事>>

トカラコクワの産卵記事>>ヤクシマコクワの産卵記事>>オオクワガタの産卵記事>>


■□■関連コンテンツ■□■

オオクワガタ産卵完全攻略!飼育用品フル装備セットはコチラ>>>

クワガタ産卵用品の販売コーナー>>>

クワガタの割り出しのタイミングについて>>>

クワガタの幼虫の成長過程について>>>

幼虫の菌糸ビン飼育について>>>

クワガタの産卵に関するブログ記事>>>

オオクワガタの幼虫飼育方法>>>