買い物かごをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全15411件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 送料 代引きなど支払い方法

死んだクワガタが蘇る-そしてゾンビとなり環境を破壊する-

お客様からのお問い合わせで「昆虫ゼリーのカップに溺れてクワガタのメスが死んだー!」というお電話を頂きました。

どうしてもクワガタの習性上、隠れ家に潜り込むという習性が有りますので特に「3センチ以下のクワガタ」には注意が必要です。

昔はゼリースプリッター(昆虫ゼリーの切断器)がなかったのでこういう事故が多々有りました。


実は、死んだと思っているクワガタは条件を満たすと蘇える事があります。


生物に詳しい人なら当たり前だよ!と言うかもしれませんが、クワガタをはじめとする昆虫は変温動物ですので人間の様な恒温動物ではないので、もともと酸素の消費量が少なく出来ています。

加えて、昆虫の大多数が大雨や洪水等の異常気象に対する絶滅回避の為の保険(多様性)として「一時的な無酸素状態での仮死状態」になるという性質を兼ね備えています。

実際にオサムシの無酸素仮死状態からの蘇生という体験をしたことが有りますが、クワガタも同じメカニズムでゾンビの様に復活します。


飛べない昆虫のオサムシは2日くらい水の中で沈んでいてもほぼ100%の確率で蘇生しました。

温度を15℃から20℃で保ち、乾燥したティッシュ等の上で保管し時間から3日間の時間を要して復活しました。


話しはクワガタに戻ります。

私も十年前くらいまでは、クワガタを昆虫ゼリーの中で溺死させる事故を頻繁に起こしていました。

ある時、昆虫ゼリーに溺れたクワガタのメスが一度に3匹も死んでしまいました。

この時、とっさにクワガタオサムシと同じ様に蘇生すると考えて試してみました。

すると6時間から3日掛けて全て蘇生しました。


飛べない昆虫という甲虫類の原点的なオサムシは地上でしか生活できない為に大雨や洪水などの異常気象が起きても逃げることが出来ません。

異常気象が起きても絶滅しない様に無呼吸仮死状態から蘇生できる様になっていると考えられます。

この遺伝子は飛ぶことが出来るクワガタなどの甲虫類にも引き継がれていることがはっきりと確認できました。


世界のクワガタが解禁されて十年以上達ちますが、この期間、死んだと思って捨てられた「仮死状態の世界のクワガタ」が野外に放たれた可能性があります。

というより、こういった情報が余りにも少な過ぎて知らない人は、死んだと思って確実に捨ててしまっています。

世界のクワガタを日本の野外に放ってしまうと、日本のクワガタが駆逐され、また雑種クワガタの誕生の危険性があります。

凍る様な寒さでも同じ様に仮死状態(越冬)になりますので注意して下さい。


死んだと思われるクワガタは最低限1週間は捨てずに保管し、死亡確認をしてから弔って下さい。


因に真冬にクワガタを購入された際、到着時に冬眠(仮死状態)になっている事が有りますのでご注意ください。
その際は、慌てて手や息(体温)、暖房器具の近くや温熱器具の上に置くと急激な温度差で本当に死んでしまうので室内の15℃前後(20℃以下)の場所で徐々に目を覚まさせてください。

幼虫の増やし過ぎに気を付けてね

生命を誕生させたいという「誕生の喜び」と、より大きな個体を育てたいという「大型個体への喜び」というのは格別です。

しかし、増やし過ぎには注意が必要です。

多くのお客様のお声で「増やし過ぎてどうしようもない!困った」というのをお聞きします。

適切な数だとご近所さんや仲間同士、お子様の同級生やお友達で楽しめます。
但し、飼育の許容範囲を超えてしまうと折角産まれて来た生命が可哀想な事になってしまいます。

念を押しておきますがカブトムシ、クワガタの増やし過ぎには十分に注意して下さい。


特に外国から輸入された『外来種のクワガタ、カブトムシ』は、日本の生態系を乱したり、固有種や在来種の遺伝子に影響を与えてしまうという懸念があり、専門家や環境省から『要注意外来生物』に指定されている種類もあります。
これらは、今後問題点が発生すると『特定外来生物』に指定されて新たな飼育や販売、譲渡(貰ったり、差し上げたり)も法律で禁止されてしまいます。
勿論、野外に放してしまっても法的に罰せられてしまいます。


2017年2月に外国産のクワガタの一部が沖縄や南西諸島の固有種のクワガタの種の保存の脅威になる恐れが有る事から特定外来生物に指定される事が決定しております。
今後、これを皮切りに日本の在来種や固有種の存在を脅かす事が確認された種類から徐々に対象の範囲も広がる可能性も御座います。
特定外来生物は、突然決定(発表)されるので現在飼育中の外国産の昆虫も例外で無くなる可能性もゼロでは無いかもしれません。

外国産の昆虫は、「逃がさない」「放さない」「捨てない」の三原則のモラルに加え、万が一に備え「増やし過ぎない」に注意する必要もあると思います。
※外来種は、自己責任の元で飼育と繁殖数の管理を計画的に行う必要があるかもしれません。


また里山の自然環境や生態系を守る為、国内外を問わず他所の地域から持ち込まれた昆虫(移入種も)の野外への放虫は絶対にしない様にご協力をお願い致します。