大型クワガタ写真ギャラリー【虫吉のパーソナルBEST】

国産クワガタ専門店 クワガタ工房 虫吉が過去に羽化させた大型個体や採集品のパーソナルベストの画像ギャラリーを50音順に並べて紹介しております。
ベスト記録を更新したら新たな画像と情報へ刷新します。

また現在、虫吉が行なっているエサの交換リレーや大型個体を紹介した記事へのリンクもございます。

ご興味がございましたら飼育の参考にしてみてください。

※一部、ブログの詳細記事が無いものが御座います。
飼育情報をご紹介する前に販売してしまい詳しくお伝え出来ずに申し訳御座いません。

◆アカアシクワガタ◆
アカアシクワガタ56ミリ(1匹目)現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降をオオクワマット(ボトルは550cc)で羽化させています。

アカアシクワガタ56ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆アマミコクワガタ◆
アマミコクワ38ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナもしくはクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降をオオクワマット(ボトルは550cc)で羽化させています。

アマミコクワガタ38ミリの羽化を紹介した記事>>

◆アマミシカクワガタ◆アマミシカクワガタ50ミリ現在、虫吉では主に1本目から無添加虫吉マット(容器は550cc)を3から4ヶ月毎の交換で羽化させています。

アマミシカクワガタ50ミリの羽化を紹介した記事>>

◆アマミノコギリクワガタ78ミリ◆
アマミノコギリクワガタ78.8ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

アマミノコギリクワガタ78ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆アマミヒラタクワガタ◆
アマミヒラタクワガタ75ミリ     現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

アマミヒラタクワガタ75ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆イキヒラタクワガタ◆イキヒラタクワガタ(イキヒラタ)78ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

イキヒラタクワガタ78ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆国産オオクワガタ(九州産)◆
国産オオクワガタ80ミリオーバー現在、虫吉では主に1本目をクヌギ菌糸ビン550cc→2本目をクヌギ菌糸ビン850cc→3本目をクヌギ菌糸ビン850cc(オスの30グラム級はクヌギ菌糸ビン1500cc)で羽化させています。
※3本目からオオクワマット(ボトルは850cc)に切り替えることもあります。

オオクワガタ80ミリオーバーの羽化を紹介したブログ記事>>

◆オキナワコクワガタ(リュウキュウコクワガタ)◆
リュウキュウコクワ39ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナもしくはクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降をオオクワマット(ボトルは550cc)で羽化させています。

オキナワコクワ(リュウキュウコクワ)39.5ミリの羽化を紹介した記事>>

◆オキナワノコギリクワガタ◆
オキナワノコギリクワガタ68ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

・オキナワノコギリクワガタ68ミリ(ブログ記事無し)

◆オキナワヒラタクワガタ◆
オキナワヒラタ(久米島産)70ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

オキナワヒラタクワガタ70ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆オキノエラブノコギリクワガタ◆
オキノエラブノコギリクワガタ64ミリ
現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

・オキノエラブノコギリクワガタ64ミリ(ブログ記事無し)

◆オキノエラブヒラタクワガタ◆
オキノエラブヒラタクワガタ
現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

オキノエラブヒラタクワガタ67ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆オニクワガタ◆オニクワガタ23ミリ
現在、虫吉では主に1本目から無添加虫吉幼虫用マット(ボトルは550cc)に投入して羽化させています。

オニクワガタ23ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆クチノエラブノコギリクワガタ◆
クチノエラブノコギリ69ミリ現在、虫吉では主に1本目をクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

クチノエラブノコギリクワガタ69ミリ羽化の記事>>

◆クメジマノコギリクワガタ◆
クメジマノコギリ63ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

クメジマノコギリクワガタ63ミリのブログ記事>>

◆クロシマノコギリクワガタ◆クロシマノコギリクワガタ70ミリ現在、虫吉では主に1本目をクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

クロシマノコギリクワガタ70ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆国産コクワガタ◆
コクワガタ52ミリ
現在、虫吉では主に1本目をブナもしくはクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降をオオクワマット(ボトルは550cc)で羽化させています。

コクワガタ52ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆ゴトウヒラタクワガタ◆ゴトウヒラタ77ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

ゴトウヒラタクワガタ77ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆サキシマヒラタクワガタ◆サキシマヒラタクワガタ80ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

サキシマヒラタクワガタ80ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆スジクワガタ(九州産)◆
スジクワガタ38ミリ現在、虫吉では主に1本目からオオクワマット(ボトルは550cc)に投入して羽化させています。

・スジクワガタ38ミリ(ブログ記事無し)

◆スジブトヒラタクワガタ◆スジブトヒラタ68ミリ現在、虫吉では主に1本目をクヌギもしくはブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

スジブトヒラタクワガタ68ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆ダイトウヒラタクワガタ◆ダイトウヒラタクワガタ59ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

ダイトウヒラタクワガタ59ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆タカラヒラタクワガタ◆
タカラヒラタ特大71ミリオーバー現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

タカラヒラタクワガタ71ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆チョウセンヒラタクワガタ(長崎県対馬産)◆
チョウセンヒラタクワガタ54.5ミリ現在、虫吉では主に1本目をクヌギもしくはブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

チョウセンヒラタクワガタ54ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆ツシマヒラタクワガタ◆
ツシマヒラタ80ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

ツシマヒラタクワガタ80ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆トカラコクワガタ◆
トカラコクワ51ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナもしくはクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降をオオクワマット(ボトルは550cc)で羽化させています。

トカラコクワガタ51.5ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆トカラノコギリクワガタ◆
トカラノコギリクワガタ(中之島)70ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

トカラノコギリクワガタ70ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆トクノシマコクワガタ◆
トクノシマコクワ40ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナもしくはクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降をオオクワマット(ボトルは550cc)で羽化させています。

トクノシマコクワガタ40ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆トクノシマノコギリクワガタ◆
トクノシマノコギリクワガタ73ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

トクノシマノコギリクワガタ73ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆トクノシマヒラタクワガタ◆
トクノシマヒラタクワガタ76ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

トクノシマヒラタクワガタ77ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆国産ノコギリクワガタ◆ノコギリクワガタ70ミリ現在、虫吉では主に1本目をクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させていますが、1本目から無添加虫吉マットボトル850ccに投入して4ヶ月毎の交換でも70ミリを何度も羽化させています。

ノコギリクワガタ70ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆本土ヒラタクワガタ(国産ヒラタ)◆
本土ヒラタクワガタ73ミリ現在、虫吉では主に1本目をブナ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

ヒラタクワガタ73ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆ミシマイオウノコギリクワガタ◆
ミシマイオウノコギリ69.4ミリ現在、虫吉では主に1本目をクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

ミシマイオウノコギリクワガタ69ミリの羽化を紹介した記事>>

◆ミシマコクワガタ◆
ミシマコクワ48ミリ後半現在、虫吉では主に1本目をブナもしくはクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降をオオクワマット(ボトルは550cc)で羽化させています。

ミシマコクワガタ48ミリの羽化を紹介したブログ記事>>

◆国産ミヤマクワガタ◆
国産ミヤマクワガタ74.5ミリオーバー虫吉では主に1本目から無添加虫吉マットボトル850ccに投入して基本的に4ヶ月毎に新しいボトルに交換する方法で大型個体を羽化させました。

ミヤマクワガタ74.5ミリオーバーの羽化を紹介した記事>>

◆ヤエヤマノコギリクワガタ◆
ヤエヤマノコギリ(石垣島)56ミリ現在、虫吉では主に1本目をクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

ヤエヤマノコギリクワガタ56ミリの羽化を紹介したブログ記事>>>

◆ヤクシマコクワガタ◆
ヤクシマコクワ51.5ミリの極太系現在、虫吉では主に1本目をブナもしくはクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降をオオクワマット(ボトルは550cc)で羽化させています。

・ヤクシマコクワガタ51ミリの羽化を紹介したブログ記事>>>

◆ヤクシマスジクワガタ◆
ヤクシマスジクワガタ38ミリオーバー現在、虫吉では主に1本目からオオクワマット(ボトルは550cc)に投入して羽化させています。

ヤクシマスジクワガタ38ミリの羽化を紹介した記事>>>

ヤクシマノコギリクワガタヤクシマノコギリ68.5ミリ現在、虫吉では主に1本目をクヌギ菌糸ビン550cc→2本目以降を無添加虫吉マットボトル850ccで羽化させています。

ヤクシマノコギリクワガタ68.5ミリの羽化を紹介した記事>>>

◆ヤマトサビクワガタ◆ヤマトサビ27ミリ現在、虫吉では主に1本目から無添加虫吉幼虫マット(ボトルは550ccに投入)して羽化させています。

ヤマトサビクワガタ27.4ミリの羽化を紹介した記事>>>

◆ここから先は、虫吉の採集のパーソナルベストです。

◆天然採集ノコギリクワガタ◆天然ノコギリクワガタ71ミリ天然ノコギリクワガタ71ミリを紹介した記事>>>

◆本土採集ヒラタクワガタ(天然)◆
天然採集ヒラタクワガタ69ミリ
天然本土ヒラタクワガタ69ミリオーバーを紹介した記事>>>

※画像が残っていませんが昔、70ミリや71.5ミリを採集した事があります。

◆天然採集ミヤマクワガタ◆
天然ミヤマクワガタ71.5ミリ天然ミヤマクワガタ71.5ミリを紹介した記事>>>

◆天然採集カブトムシ◆
カブトムシ80ミリ天然カブトムシ80ミリの採集記事>>>

◆天然採集コクワガタ◆天然コクワガタ(福岡県福津市産)49.7ミリ天然採集コクワガタ49.7ミリの採集記事>>

また更なる大型個体の記録が出たら情報を更新致します。