アマミコクワなど2018年春の羽化状況

日をまたいでしまいましたが今日(4月5日)は、午後から久しぶりの雨になりましたが暖かい一日でした。

今日は、3時間(超ハイペース)で110本以上のマットボトルを3人で手作業で固詰めしたので肩が上がりませんが何とかブログを書いています。
※1500ccは、流石に重労働です。

今回は、3月中旬から下旬に掛けて羽化したコクワガタの仲間を紹介したいと思います。

アマミコクワ34ミリ画像は、3月22日に羽化したばかりのアマミコクワ34ミリの大型のオスです。
※羽化して間もないので未だ翅が真っ赤です。

リュウキュウコクワの仲間で本土に生息するコクワガタよりも小型でアゴが短いのが特徴です。

アマミコクワの産卵方法

昨年の秋に産卵セットを割り出して出て来た幼虫を育てました。
※今年の冬は、昨年よりも2から3度くらい高めの21から22℃で飼育したので少しだけ早く羽化しているようです。

●下記のエサ交換リレーで羽化させました。

・1本目(2017年9月17日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月17日、終齢幼虫):虫吉オオクワマット(飼育ボトル550cc木製マットプレスで強く押し固めた物)

⇒2018年2月19日に前蛹(サナギに変化する前段階の幼虫)になっているのを確認したので3本目の交換なしです。

クワガタの幼虫の成長過程

アマミコクワ36ミリこちらも3月中旬に羽化したばかりのアマミコクワ36ミリの特大のオスです。
小型種なので写真で大きさをお伝えするのが難しいですが現時点で今シーズンの最大サイズです。

●エサ交換リレーは、下記のとおりです。

・1本目(2017年9月14日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月17日、終齢幼虫):オオクワマット(容器は550ccボトル)

⇒2018年3月2日にサナギになっているのを確認したので3本目の交換無し。

※2本目からは、いつもの様に終齢幼虫での菌糸ビンの暴れ(菌糸の掻き混ぜ行動)を避けて確実に大きく育てる為にマット飼育へ切り替えました。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育

昨年は、例年よりも少し多めに産卵セットを組んだのでこれからも羽化すると思います。
翅が硬くなり次第に販売予定です。

アマミコクワの販売コーナー>>>

 

トカラコクワ49ミリこちらは、3月下旬に羽化したばかりのトカラコクワ49ミリの特大サイズのオスです。
赤みと光沢が強いコクワガタです。

トカラコクワの産卵方法

昨年の夏に産卵セットを割り出して出て来た幼虫を育てて羽化させました。
※昨年販売分(2017年羽化個体)とは別の血筋(血統)になります。

●エサ交換リレーは下記のとおりです。

・1本目(2017年8月13日、二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目(2017年12月1日、終齢幼虫):オオクワマット(ボトルは550cc)

⇒2018年3月10日にサナギになっているのを確認したので3本目の交換無し。

コクワガタの幼虫飼育方法>>>

今年のトカラコクワは、数が少ないうえにメスが羽化しない(オスが過多)の可能性が高いのでペアが成立せずに販売できないかもしれません。

トカラコクワの販売コーナー>>>

コクワガタと関連商品一覧>>>

昆虫マットの販売>>>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)