カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全18283件) サイトマップ  HOME
新規会員登録で100point GET! 会員様限定クワガタ飼育用品販売 15000円以上のお買い物で送料無料 代引きなど支払い方法

産地?累代WF1、F1、F2、F3って?

「累代F○」とはクワガタ・カブトムシの繁殖に使われる専門用語です。
※○の中は数字です。
当店でも商品の説明文の中で「繁殖品(飼育下交配○代目:F○」や「繁殖品(天然個体の子供:WF1)」と使っています。
これは他のペット(犬や猫など)にはないクワガタ・カブトムシだけに使われている飼育繁殖に関する特殊な専門表記です。

同じ種類の同産地の別血統を飼育下で交配させた子供をF1と呼んでいます。このF1同士を近親交配させて産まれた子供をF2と呼んでいます。
更にF2同士を交配させて産まれた子供をF3、以降同じ様な法則でF4、F5・・・と呼んでいます。

また天然採集品の子供をWF1と呼んでいます。
このWF1同士の近親交配の子供をF2と呼びます。
以降F3、F4・・・・となります。
※これらの記号は、自家繁殖が主流の昆虫ペット市場や昆虫愛好家の間で派生した統一性が全く無い表現なので、生物学や遺伝子学で用いられる表記とは意味が異なります。

記号数字の表記は品質ではなく同種、同産地の個体間での近親交配の回数です。(下記は具体例)

・天然のメスのみから産まれた子供(飼育下で交配させずに産まれた子供)=WF1
※同じ1代目でも飼育下ではなく、自然界(WILD)で交配したメスから産まれた物(飼育下での交配無し)を区別する為の表記に過ぎません。

・天然物同士、繁殖品同士を問わず飼育下で新たな血で交配させた物(血の入れ替え後)の1代目=F1
以降の近親交配を回数に応じてF2、F3、F4と記しています。
※前述のとおり同じ血筋のWF1同士からの交配も同様の表記です。

・少し特殊なケースになりますが親子で交配させた場合、例えば親(F3)と子(F4)の交配で産まれて来た子供は、近親交配の5代目という事に変わりないのでF5という表記になります。

当店では種類、サイズの他に天然物か繁殖品かで価格を設定しており、産地や累代で価格を変える販売方法は行なっておりません。
その理由として、同じ種類の同じサイズなのに目に見えない付加価値で生きものを物的、差別的な見方をしないで純粋に楽しんで頂ければと考えている事と同時に子供達に一部の大人達が決めた営利目的(産地累代=価値、お金)の逸脱した価値観や情報を与える事が教育上の問題で相応しく無いという観点や配慮からそう致しております。

当店では、累代や産地は価格や価値の指標ではなく、種の多様性の問題のほかに近親交配の回数の指標目的として表記致しております事を御了承ください。


Fの数字の大きさは見た目や産卵数、次世代の形や大きさには全く影響しません。
当店では累代F○を血統(血の濃さ)の管理指標としております。

ちなみにクワガタは飼育下交配15代目のF15までは大丈夫だということが知られています。これは20年近く飼育したことに相当します。

国産カブトムシに関しても同様で近親交配で小さくなるというのは俗説で10年近く累代飼育(近親交配)しておられる方も実際にいます。

大きくならない最大の理由として飼育の慣れに伴う過密飼育やエサ交換の遅れ、飼育温度等が挙げられます。

◆クワガタやカブトムシで用いられる累代の表記方法(基準)や記号は、『遺伝子学』の統一された数値とは異なり、昆虫愛好家が用いる独自性が強い固定化されていない一定義(個人の表現や解釈の程度)に過ぎません。
※遺伝子学で用いられる記号と酷似していますが、全く性質が異なる愛好家独自の表現と言った方が良いかもしれません。

その為、絶対的な存在では有りませんし、価値を決める物でもありません。
個人的には、気にせずに飼育を楽しんでいただく事をお勧めします。
折角産まれて来た小さな命が記号や数字で価値を決められてしまうと余りに可哀想なので・・・



産地とは一般的な生産物(野菜等)と一部異なり、繁殖品の場合は、この個体の大元の親の採集地を表しています。
天然物の場合は、そのまま採集地の事を意味します。



◆虫吉からのお願い!(繁殖の注意点)

日本は、列島と沢山の島々から形成されている小さな島国です。
同じ種類で姿や形も同じ生き物や昆虫でも住んでいる地域によっては、遺伝子情報や遺伝子の形が違っています。
国内外を問わず違う産地や違う種類(亜種)間で交配をして産まれた交雑種や遺伝子撹乱を起した個体が野外に放たれると環境や生態系に害を及ぼす恐れがあります。(大学の研究機関や昆虫の研究者の間で懸念されている問題です)
必ず同じ種類の同じ産地の昆虫同士で交配をさせてください。
また、購入したり余所から持込まれた昆虫は、野外に放したりせずに最後まで責任を持って飼育してください。(野外に放たれると自然界で交雑や遺伝子撹乱が起こるリスクがあります)
この問題は、オオクワガタ等の珍しい昆虫だけでは無く、身近な自然に住んでいる『コクワガタ』や『カブトムシ』等の全ての昆虫にもいえる問題です。

オスだけ?メスだけ?をお探しの方への注意点

クワガタのオス

お電話やメールで「オスだけ採集したのでメスだけが欲しい」「オスを拾ったのでメスだけ欲しい」「メスがいるのでオスだけ・・・」など雌雄のうち片方だけいるのでもう一方を購入したいという趣旨のお問い合わせを多くいただきます。

但し、当店では環境や種の多様性の観点から実際に該当のクワガタ(産地)を購入頂いたお客様への死亡時のサポート販売以外は一切行っておりません。

日本は、北海道、本州、四国、九州、周辺の小さな島々で成り立った島国です。
また、陸地の殆どが高い山脈で隔たりが出来ています。

その為、同じ種類のカブトムシやクワガタでも住んでいる気候や植生などの環境が異なりますので遺伝子の情報や形も異なります。
クワガタに限らず、全ての野生生物には地域固有の遺伝子が存在します。

例えるなら関東のカブトムシから見ると九州産のカブトムシは余所者(よそもの)になります。
勿論、ヒラタやノコギリ、コクワ、ミヤマ等のクワガタやその他の昆虫も他の産地(地域)から持ち込まれた種類は同様になります。
海だけでなく、山を一つ超えた時点で遺伝子が異なる種類も実際に確認されています。

同じ種類でも他の地域から人為的に持ち込まれた個体は、『国内外来種』と同等であると認識する必要があります。

上記の事を踏まえた上で身近な里山で採集した昆虫と他の地域から持ち込まれた昆虫を一緒に飼育(交配)させた際の注意点を考える必要があると思います。

異なる産地同士の交配によって、その地域に古くから生息している種(土着の在来種)に他所から持ち込まれた種(外来種、国内外来種)の遺伝子が入り込んでしまい遺伝子汚染、遺伝子撹乱を起こした子供が生まれます。

最も懸念される問題は、異産地交配で遺伝子汚染(撹乱)を起こしている事を気付かずに飼育される事です。
その結果、殖え過ぎて飼育出来なくなった場合に「在来種だから野外に逃がしても良い」という誤った認識や交配済みのメスを元の自然に帰してしまう事が最大の自然環境破壊になってしまいます。
勿論、例えになりますが九州産の昆虫を関東の自然に放してしまう様な事も環境の為に絶対に行ってはならない行為です。

在来の遺伝子を持った固有種がいなくなったり、本来いないはずの昆虫が住み着いたりして、長い年月を掛けて生態系が壊れてしまう恐れが有ります。
※実際に、大学や生物研究機関が懸念している問題の一つです。


オスだけ、メスだけしかいない場合は、繁殖を諦めて単品で最期まで責任を持って飼育して頂く事や無理に採集(持ち帰り)をしない割り切りも必要かもしれません。

現在は、通販の普及で手軽かつ簡単に昆虫が入手できる時代になっております。
購入した昆虫は、国内外の種類を問わず、絶対に野外に離さないでください。
その為にご自身の飼育のキャパシティを超えない様に計画的に管理を行ってください。

なお、産卵に使用した産卵木やマットも中に幼虫や卵が残っている可能性が有りますので絶対に野外放棄しないでください。
1回目の割り出し後に使用したマットと産卵木片(割りカス)を念の為、飼育容器に戻して4週間から1ヶ月ほど保管してから再び幼虫の有無の確認を行ってください。
幼虫がいない事を確認してから週2回の家庭ゴミ(収集ゴミ)に入れて処分して頂くと自然や環境にも優しいと思います。


日本の里山の自然を守る為の飼育マナーとしてご理解とご協力をお願いいたします。