カゴをみる(御会計) マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声(全20368件) サイトマップ  HOME
新規会員登録 会員様限定飼育用品 15000円以上で送料無料 支払い方法

卵から羽化までの成長過程

クワガタの卵から成虫になるまでの様子や成長段階別の飼育方法等を画像を載せて紹介致します。

期間は、エサや温度などの環境で多少変わるので参考程度にしてください。


卵です。

卵

産みつけられた卵は、10日から20日前後で孵化が始まります。

孵化が近づくにつれて少しずつ大きく丸くなります。

卵の大きさは種類によってまちまちですが約2から3ミリ前後です。

乳白色か少し黄色っぽい色をしています。

卵は、管理用カップに各種幼虫マットを入れて1匹ずつ管理をして孵化を待ちます。


孵化したばかりの初齢(一齢)幼虫。

孵化したばかりの初齢

孵化直後の小さな幼虫です。(頭部は真っ白で未だ卵の殻をかぶっています。)

卵から孵化した直後は、白っぽく貧弱な姿をしていますがエサの朽ち木やマットを食べながら少しずつ大きくなって行きます。

傷や虚弱の有無を見極めるために菌糸ビンやマットボトルには入れずに管理用カップにマットを入れて1匹ずつ管理をして成長を待ちます。

※4から10日ほど養生させる感じです。


成長した初齢幼虫です。

初齢(一齢)幼虫

孵化して数日経過した初齢幼虫です。

既にエサ(マットや朽ち木)も食べておりお腹(腸内)が茶褐色に色付いています。

体長は種類によってまちまちですが約5から10ミリ前後です。

頭の大きさは約1から2ミリ前後です。

初齢幼虫も卵同様管理用カップに各種幼虫マットを入れて1匹ずつ管理をします。(最低でも4から7日前後)

オオクワガタの菌糸ビン飼育の際、写真の状態の大きさで550ccに入れないと大きくなりにくいです。

但しマット飼育やその他の種類は次で説明する二齢になるまでカップの中で育てます。


脱皮したばかりの二齢幼虫です。

脱皮したばかりの二齢幼虫

初齢幼虫が約2から3週間後に最初の脱皮を行った直後です。

体は透き通った様な綺麗な白色をしています。

少し頭でっかちな状態です

割り出しやエサ交換の際にこの状態で出て来たらカップにマットを入れて頭がオレンジ色になるまで待ちます。


成長した二齢幼虫です。

二齢幼虫

脱皮して数日が経過して頭部もオレンジ色になりエサを食べて少し大きくなった状態です。

体長は種類によってまちまちですが約15から25ミリ前後です。頭の大きさは約3から6ミリ前後です。

この時点で菌糸ビン550ccもしくは、850ccボトルに各種マットを詰めて入れます。

※初齢から入れると死んでしまう事が多い種類もいます。

なお、ミヤマやネブトはマット飼育です。

ヒラタの仲間、ノコギリの仲間の1本目のエサは、マットボトル、菌糸ビンどちらでも大丈夫です。

オオクワは、前述のとおり初齢から入れても大丈夫です。


終齢(三齢)幼虫の前期です

終齢幼虫(前期)

二齢が3から4週間後に脱皮した最終段階の幼虫です。

大きな種類では頭部も1センチ前後の大きさになります。

体の大きさは、オスの場合だと5センチ以上になり、メスも500円玉よりも大きくなる種類もいます。

この時点でオスとメスの区別が可能です。

幼虫の雌雄の見分け方はコチラ>>>

画像の幼虫は未だ体が白いので更に大きく成長可能です。


終齢(三齢)幼虫の後期です

終齢幼虫(後期)

終齢幼虫は前期(成長期)⇒後期(成熟期→老熟期)の大きく2つに分けられます

成長しきった終齢幼虫が成熟期を過ぎて完全に黄色みを帯びた姿(老熟期)です。

この段階を迎えると大きくならないので菌糸ビンを使っても効果が余りありません。

殆どの種類は、マット飼育に切り替えても蛹になってくれます。

※老熟期は蛹室を作り始める段階に達した幼虫の事で飼育下では越冬幼虫(2年目)の物も含まれる事もあります。


前蛹(ぜんよう)です。

前蛹

成熟した幼虫は、暖かい季節を迎えたり気温が上がって蛹になる為の空洞(蛹室)を作り始めます。

その直後に迎える蛹の準備段階を「前蛹(ぜんよう)」と呼びます。

撮影の為に出していますが、実際は絶対安静ですのでマネはしないでください。

気温や幼虫の大きさにも左右されますがこの状態が2から3週間続きます。


サナギ(前期)です。

蛹(前期)

前蛹の期間を過ごした幼虫が脱皮を行ってサナギになった姿です。

※画像はノコギリクワガタの仲間のサナギです。

最初は画像の様にクリーム色っぽい色をしていますが羽化が近づくと茶褐色に変化して行きます。

体が折れ曲がった様な姿をしています。

撮影の為に出していますが、無理に出すと羽化不全(羽化の失敗)の原因になります。

気温や性別、サイズにも影響されますが約3から4週間後に羽化します。


サナギ(後期)です。

蛹(後期)

サナギになってから2週間前後が経過して大アゴや頭部、胸部、脚部が徐々に茶褐色に色付き始めた状態です。

※画像はヒラタの仲間のサナギです。

昆虫の雑学になりますがサナギのお尻には左右一対の突起が有り、それを蛹室の壁に引っ掛ける様に寝返りを打ちます。

また外的が近づいたり警戒した際にも巧みに利用して音を立てて防衛しているという説も有ります。

この状態まで進むと羽化はもう目の前です。
※実際は出さずに安静に羽化を待ちます。


羽化直後の成虫です。

羽化直後の成虫です。

最初は、上翅が真っ白で下翅も畳んでいません。

胸部と頭部は、蛹の姿同様に前屈姿勢で折れ曲がったままですが時間と共に徐々にまっすぐに伸びて下翅も畳みます。

羽化している時は、揺らしたり、ひっくり返さないようにしてください。


羽化して数日後の成虫です。

羽化して数日後

羽化して数日経過したクワガタの新成虫です。

体が徐々に黒く色づき、固まって行きます。
体が固まるまで約1ヶ月前後掛かります。

種類や気温(季節)、個体差にもよりますが数ヶ月間(半年以上)エサを食べない事も有ります。

反対に羽化後1から3ヶ月以内でエサを食べ始めて活動を開始する個体もいます。

心配な場合は羽化から約1ヶ月が経過した時点でボトルから出して飼育容器に移し替えてあげると良いです。

オオクワガタの幼虫飼育方法

オオクワガタ

このコーナーでは、日本に生息する通称:国産オオクワガタの幼虫飼育についてご紹介致します。

●推奨温度:5から28℃(基本的に常温飼育が可能ですが30℃以下をお勧めします。)

成長を促す為(大型個体作出)の推奨温度として秋冬は18から20℃前後、春夏は21から25℃前後をお勧めします。

高温に弱いので30℃以上の環境を避けてください。

★一般的に餌の種類を問わずボトル内の温度は、外気温よりも2から3℃(場合によっては、それ以上)も高くなると云われています。

一方、最低気温は記載した温度よりも多少低くても問題はありません。

種類や個体差、環境にもよりますが15℃を大きく下回ると冬眠してエサを余り食べなくなります。

冬眠中は、成長が一時的に止まりますが問題は御座いません。

※但し、氷点下の環境は、ボトル内が凍ってしまいますので避けてください。

オオクワガタの場合は、若干低い温度でも成長(加齢)しますが15℃以下の環境のだと少しずつ成長が遅くなります。

常温(温度管理無し)の場合、エサの種類に関係なく真夏の高温で大きく育つ前に早熟してしまい小型化して羽化する傾向があります。

また真冬に気温が低いと冬眠してエサを食べずに成長が止まるので幼虫期間が長くなってしまいエサの交換回数が増えてしまう傾向があります。

真冬の25℃を超える過度な加温環境は、エサの乾燥や劣化だけでなく成長のサイクルが狂ってしまい蛹化しない等のトラブルの恐れがあるので余りお勧めしません。

※冷暖房などで温度管理をされる場合、夏と冬の気温の逆転を避けた方が良いです。


◆産卵木から割り出しについて

産卵木から出て来た初齢

産卵木から出て来た初齢です。

菌糸ビンで大型個体を狙う場合は、初齢で割り出した方が断然有利です。

詳しい産卵方法について>>

幼虫の成長過程について>>

カップに入れます

産卵木から割り出し採取したら画像の様に一時管理用カップに虫吉オオクワマットを固めずに入れて4から7日前後養生させてから各種ボトルに入れ替えると良いです。

※上記の養生日数は、割り出し時に傷付いたり、潰していた際に数日後に死んでしまう事が多いので見極める為の期間です。

・管理ラベルに種類や日付を記載して貼っておくと今後の飼育に役立ちます。


■割り出し時に必要なアイテム

オオクワマット
オオクワマット
カップ
管理用カップ
ラベル1500cc
管理ラベル
スプーン
交換用スプーン

★これから紹介する方法は、実際に当店が取り扱っている用品を用いた参考例です。

※他社様の用品を使用された際は、結果が異なる可能性も御座います。

予めご了承くださいませ。


●マット飼育について>>>


●菌糸ビン飼育について>>>


●切り替えについて>>>


マット飼育について

ボトル内の幼虫

こちらの方法は、菌糸ビンと異なり『コンディション(劣化)』や暴れ(掻き混ぜ行動)、コスト面を気にせずに気軽に飼育が出来ます。

また羽化不全(羽化の失敗)も少ない傾向があります。

一方、大型個体が羽化しにくい事や成長速度が遅く交換回数が多くなる傾向があります。

「大きさ重視」ではなく、「手軽さ重視」の方法になります。

マットのみだと大きな個体を羽化させる事が困難というのが一般的です。

沢山殖え過ぎて手間やコストが大変な場合に割り切って活用すると良いかもしれません。

幼虫の年齢、大きさ、雌雄に関係なく、オオクワマットを木製プレスで850ccもしくは1500ccボトルに固く詰めた物に投入します。

※基本的に高温に弱いので30℃を超えない環境で飼育する必要があります。

下記は、冷房が効いた28℃以下の環境を推奨します。


◆詰め方について

ボトルに詰めている様子

木製プレスという道具を用いてボトルに固く詰め込む必要があります。

固く詰めるコツは、一度に沢山のマットをボトルに入れない事です。

園芸用のスコップ2杯相当の量を入れて少量ずつ固めると良いです。

※兎に角、朽ち木に見立てて強く詰めます。

添加剤配合タイプにつき固く詰めた状態で発送すると再発酵によるガス発生のリスクがあるのでボトル詰め商品の取り扱いができません。

お客様の方でボトル詰め作業をお願いします。

・詰め方について>>


交換のタイミングとして、基本的に【蛹室】と呼ばれるサナギの部屋(横型の空洞)を作り始めるまで3から4ヶ月毎の交換の必要があります。

マットは、目に見えない良質な土壌菌や微生物が絶えずオガクズを分解しているので時間の経過と共に劣化します。

真冬に余り食べていなくても4ヶ月後の交換をお勧めします。


■理想の交換リレーについて

・1本目:850cc

・2本目:850cc

・3本目以降:850ccもしくは、1500cc(大型のオス)

上記は、参考例につき環境や気温によって実際の成長速度が異なる場合も御座います。

冬場の常温(無加温)環境の際は、越冬後の5月以降に蛹化する事があります。

出来れば6から8月の交換を避ける為に4から5月迄に交換を済ませてしまう事をお勧めします。

なお、マット飼育は成長速度が遅いので気温や産卵の時期によって2年掛けて羽化する場合も御座います。

その場合も蛹室を作り始めるまで4ヶ月毎の交換を続ける必要が御座います。


■必要なアイテム

オオクワマット
オオクワマット
850cc
850ccボトル
1500cc
1500ccボトル
木製プレス
木製プレス

◆投入方法について

穴を空けます
表面に穴を空けます。
スプーンを用いて投入します
ボトル内に投入します。

専用のスプーンを用いて表面に幼虫が入る大きさの穴を空けて余分なマットを取り除いてください。

※特に終齢の場合は、潜る際に土が盛り上がって通気口が塞がってしまう恐れが御座いますので思い切って捨ててください。

終齢は、穴に入れると勝手に潜って行きますので特に埋め戻す必要は御座いません。

初齢や二齢は、上からマットを軽く掛けて埋め戻してあげても大丈夫です。

投入後は、フタを閉めて涼しい静かな場所に保管します。

また、ストレスに弱いので無闇にボトルを触ったり、掘り起こしたりしないでください。


◆交換方法について

慎重に取り出します。

オオクワガタの幼虫は、とてもデリケートです。

衝撃や温度変化等のストレスに敏感なので直接手で触れたり衝撃を与えるなどの乱暴な扱いをしてしまうと傷付いたり自爆(自傷行為)の原因になってしまいます。

交換用スプーンを用いて慎重に掘り出したり移動させると良いです。

エサ交換に関する説明>>


◆蛹室について

蛹室

蛹室の画像です。

空洞を作っていたらエサ交換を中止してください。

◆万が一、蛹室を壊してしまったら!!(蛹室崩壊時の救援策)

慌てて埋め戻したり掻き出したりせずに下記の方法を試してみてください。

※折角、羽化まであと一歩の所まで育てたので是非頑張ってください。

露天掘り
露天掘りについて
人工蛹室
人工蛹室ついて


菌糸ビン飼育について

幼虫の画像

菌糸ビンとは、キノコの栽培に使用される菌床を幼虫のエサとして改良して作られた商品です。

栄養価やオガクズ、含水率など成長に最適な状態に整えられている物が多く、爆発的な大きさに育つ事が見込まれます。

近年のオオクワガタ飼育では、「大型個体の必需品」的な存在になっており、始めての方でも80ミリオーバーのご報告がある程です。

最大のメリットは、『爆発的なデカさ』の一言で済ませる事ができる程です。

菌糸の食性が強いので出来れば「初齢」と呼ばれる卵から孵化して二齢への脱皮する前(5ミリから1センチ未満の大きさ)で入れると比較的簡単に大型個体が狙えます。

『 物事は最初が肝心』の言葉が当てはまります。

成長速度が早い反面、高温下だと劣化や早期羽化(小型化)の原因になってしまうので28℃以下の環境を推奨します。

※大型個体を目指す場合は、25℃以下(理想として20から24℃前後)をお勧めします。

それでは、簡単な流れを紹介します。

★最初の1本目の投入の適齢期は?

初齢
初齢の画像
二齢
二齢の画像

最大の魅力の一つ『大きな成虫を羽化させる』為には、上記の若齢と呼ばれる初齢と二齢の段階で投入する必要があります。

※出来れば初齢で菌糸ビン550ccへ投入する事をお勧めします。

550ccのボトルは、後ほど詳しく説明しますが若齢時の1本目に最適なサイズです。

終齢

終齢の画像です。

この状態で投入しても効果が得られにくいので冒頭でお伝えしましたとおり、早めの産卵木の割り出しをお勧めします。

小さなうちに投入して終齢まで育った幼虫の方が2本目以降の成長の伸びが大きい傾向があります。

※終齢の場合は、850ccをお勧めします。


◆若齢時の最初の1本目の投入について

穴を空けます。
専用シャベルで表面に穴を空けます。
穴に入れます。
専用スプーンで穴に入れます。

投入した後は、フタを閉めて28℃を超えない(出来れば25℃以内)の環境で保管します。

エサ交換の時以外は、フタの開け閉めや中身の掘り出しをしないでください。

また、不用意な移動や振動は、ストレスになりますので避ける事をお勧めします。


■初齢、二齢(一本目)に最適な菌糸ビン

ブナ550cc
ブナ550cc
クヌギ550cc
クヌギ550cc

★ボトルの容量と消費期限の関係について

菌糸ビンは、ボトル内で生きたキノコの菌が常にオガクズを分解しています。

なので2から3ヶ月後には、見た目は綺麗でも実際は、分解(劣化)が進んでしまいます。

従って小さな若齢(初二齢)のボトルのサイズは、上記の2から3ヶ月で食い尽くしてしまう容量でなければなりません。

若齢には、550ccが最適な理由です。

若齢時にいきなり大きな容量の物に投入してしまうと食い尽くしてしまう前に劣化が進んでしまい効率が悪くなってしまいます。

特に大型個体を狙う場合、1本目に大きなボトルに入れて長期間引っ張る方法は余りお勧めしません。


■理想の交換リレーについて

・1本目:550cc

・2本目:850cc(終齢時) 

・3本目以降:850ccもしくは、1500cc(大型のオス。)

※上記の交換パターンは、参考例につき温度や環境で大きく異なります。

寒い季節に割り出した幼虫の場合、気温が下がるので1本目から2本目への交換の際に若齢のまま出て来る事もあります。

その場合は、外見で判断出来る様でしたら2本目も550ccに投入していただいても問題ありません。

多くの場合、1年前後で蛹化(羽化)しますが気温や割り出しの時期、サイズによっては、『二年一化』と呼ばれる羽化までに2年掛かってしまうケース発生します。

秋以降に産卵木から割り出した場合、無加温(低温)で飼育すると冬眠して成長が止まってしまうので羽化までに2年掛かってしまう確率が増えてしまいます。

交換する菌糸ビンは、菌種が同系統同士の交換であれば特に問題は無いのでクヌギかブナの樹種に関してはお好みで大丈夫です。

例)1本目クヌギ→2本目ブナなどの交換もOK!【当店で検証済み】


■交換タイミングについて

白い部分がなくなった状態

エサ交換のタイミングは、画像の様に6から7割ほど白い部分が無くなってしまった状態か白い部分が多くて余り食べていなくても2から3ヶ月で交換する必要があります。

従って、冬場に余り食べていなくても菌床が劣化しているので最低でも3ヶ月後の交換が必要になります。

2から3ヶ月での交換の理由として前述の『劣化』と中心だけを食い尽くして外見が真っ白のままの『居食い』と呼ばれる食べ方があるからです。


◆『居食い』についての解説

居食いです。
外見上は、綺麗な居食いのボトル。
中央だけ食い尽くした様子
中央だけ綺麗に食い尽くしています。

★1本目→2本目以降の交換について

850cc

2本目は、基本的に終齢(頭部のオレンジ色の部分の大きさが1センチ前後)になっている事が多いので雌雄を問わず、画像の850ccの菌糸ビンで大丈夫です。

※850ccの理由として、若齢で1本目に投入しているので掘り出すまで雌雄や大きさを予測できないからです。

終齢まで育っていれば雌雄の判別が可能になっている事が多いので管理ラベルに性別を記載しておくと以降のエサ交換や管理に役立ちます。

※2本目で大きなオスだった場合、次の交換時に1500ccを準備すると良いです。


◆雌雄の判別に関する解説

オス
・オスの終齢
お尻から腰に掛けて斑紋がありません
メス
・メスの終齢
後部(腰)に左右一対の斑紋(雌班)あり。

■二本目への交換に最適な菌糸ビン

ブナ850cc
ブナ850cc
クヌギ850cc
クヌギ850cc

◆取り出す際の注意点

エサ交換

取り出しの際は、エサ交換専用スプーンを用いて慎重に行います。

その際に手で触ったり落下等の衝撃を与えると幼虫が自分の腹部やお尻を噛み切ってしまったり肛門から直腸が飛び出して戻らない状態(脱肛)になってしまいサナギになれずに死んでしまう報告例もあるので慎重に行う必要があります。


特に終齢と高温時は、動きも活発になるので要注意です。

エサ交換の方法について>>


◆終齢時の投入方法について

穴を空けます
シャベルで穴を空けます。
投入します。
慎重に運んで穴に入れます。

専用シャベルを用いて幼虫が入る大きさの穴をあけて、その中に投入して蓋を閉めます。

終齢は、大きいので潜った際に菌床が盛り上がって通気口が塞がってしまう恐れが御座います。

シャベルでくり抜いた際に出た余分な菌床は、思い切って捨ててください。

なお、大きく育っている為、勝手に潜って行きますので埋め戻す必要は御座いません。

3本目以降も基本的に850ccへの交換で大丈夫です。

オスの30グラム級の終齢

極稀に30グラム級の特大サイズのオスの終齢が出て来る事があります。

その場合、850ccでは手狭になるので下記の1500ccをお勧めします。

ブナ1500cc
ブナ1500cc
クヌギ1500cc
クヌギ1500cc

◆蛹化について

サナギの画像

サナギの画像です。

サナギになる数週間前から終齢は、画像の様な空洞(蛹室)を作り始めます。

蛹室と思われる空洞を作っていたら交換を避けて様子を見てください。

蛹室を壊してしまうと羽化出来なくなる恐れが御座いますので十分にご注意ください。


◆万が一、蛹室を壊してしまったら!!(蛹室崩壊時の救援策)

慌てて埋め戻したり掻き出したりせずに下記の方法を試してみてください。

※折角、羽化まであと一歩の所まで育てたので是非頑張ってください。

蛹室の露天掘り
蛹室の露天掘りについて
人工蛹室
人工蛹室の作り方について

◆ご自身で菌床をお詰めになられる場合

前述の説明のコーナーで紹介した各菌糸ビンは、ご自身でお詰めいただく事も可能です。

但し、詰める強さや温度によっては、菌が回らない(白くならない)というリスクも御座います。

初めての方や温度管理ができない場合には余りお勧め出来ません。

ボトルに詰めて白く発菌させる為の推奨温度は、20から24℃です。

20℃を下回るほど白くなるのに時間が掛かります。

したがって真冬の寒い状態では、菌が回らずに失敗の恐れも御座います。

また、25℃以上の環境の場合、菌が回らずにカビてしまう事も予想されます。

真夏の高温下での作業は、菌が死滅して白くならない場合があるのでご注意ください。


◆詰め方について

菌床を詰めています

ステンレス製プレスという道具を用いてボトルに砕いた菌床を詰めます。

強く詰め過ぎると酸欠で菌が死滅して白くならない事もあり注意が必要です。

※マットと異なり菌糸が広がると勝手に固まりますので絶対に強く押さえ付けないでください。

温度や詰め方に不備が無ければ概ね5から7日後には真っ白になります。

・菌床の詰め方について>>

■必要なアイテム

ブナ菌床
ブナ菌床
クヌギ菌床
クヌギ菌床
550ccボトル
550ccボトル
850ccボトル
850ccボトル
1500ccボトル
1500ccボトル
ステンレス製プレス
ステンレス製プレス


切り替え飼育について

これからは、当店が実際に行っている菌糸ビンとマットの『いいとこ取り』の飼育方法を紹介します。

下記の双方のメリットを活かす方法です。

・菌糸ビンのメリット:成長が早い。大きく育つ。

・デメリット:交換回数が増えるとコストが掛かる、劣化が早い、暴れる、交換タイミングに気を使う。


・マットのメリット:エサの持ちが良い、低コスト、羽化不全が少ない、暴れの心配が無いなど。

・デメリット:成長が遅い(羽化までに時間が掛かり過ぎる)、交換回数が増える、若齢から入れると大きくならない。

上記の緑色のメリットの部分を上手く組み合わせ、菌糸ビンで大きく育ててから暴れによる大きな縮みを回避する為にマットへ切り替えるという方法です。


■切り替え時の交換例

・1本目:菌糸ビン550cc

・2本目:〃〃850cc(終齢時)

・3本目:虫吉オオクワマット(ボトルのサイズは、850ccか1500cc) 

※加齢していない場合は、4本目からの切り替えでも構いません。

上記の交換例は、参考であり温度や成長具合で大きく異なる場合があります。

基本的に温度に関係なく交換直後に暴れ(掻き混ぜ)を起こして、2週間経過しても蛹室を作らない場合は、切り替えて問題無いです。

朝晩や季節に関係なく20℃以上の一定の気温管理の場合は、成長が早まるので2本目もしくは3本目で暴れて直ぐに蛹化してしまう事もあります。

無加温飼育(冬が寒く、夏が高温)の場合は、春から初夏の最後のエサ交換で切り替えて蛹化させるという方法が良いかもしれません。


◆菌糸ビンの暴れ(掻き混)行動について

暴れについて

暴れに関する解説>>


終齢末期

終齢は蛹化が近付くと徐々に黄色みが強くなるので画像の状態を切り替えの目安にしてみてください。

エサの種類に限らず、交換直後の高温下の環境は、極端に落ち着きが悪くなってしまうので少し温度が低い涼しい場所へ移動させるか温度を下げるなどの工夫が必要です。

切り替えについての解説>>

ヒラタクワガタの幼虫飼育方法

ヒラタクワガタ

このコーナーでは、日本に生息するヒラタクワガタ(離島産を含む)の飼育方法を紹介しています。

●推奨温度:5から28℃(基本的に常温飼育が可能ですが30℃以下をお勧めします。)

※大型個体を狙う場合は、秋冬15から18℃前後、春夏20から25℃前後をお勧めします。

高温に弱いので30℃以下で管理してください。

★一般的にボトル内の温度は、外気温よりも2から3℃(場合によっては、それ以上)も高くなると云われています。

一方、最低気温は記載した温度よりも多少低くても問題はありません。

幼虫は、個体差や環境にもよりますが15℃を大きく下回ると冬眠してエサを余り食べなくなります。

冬眠中は、成長が一時的に止まりますが問題は御座いません。

※但し、氷点下での飼育はボトル内が凍ってしまいますので避けてください。

ヒラタクワガタは、大きさに似合わず成長速度が早く、気温が高いほど早く羽化して小型化する傾向があります。

その為、常温(温度管理無し)でも孵化して翌年の初夏から夏に掛けて蛹化(羽化)する事が多いです。

因に後ほど紹介する「マット飼育」「菌糸ビン飼育」共に大きく育ち、どちらの方法でも1年以内に羽化する事が殆どです。

※二年一化(二年掛けて羽化する事)の発生率は他の種類よりも遥かに低いです。

25℃を大きく超える環境は、早期羽化(幼虫期間の縮小)を招き大型個体を狙いにくい傾向があります。


◆割り出しについて

産卵セットから出て来た幼虫

産卵セットから出て来たヒラタクワガタの幼虫です。

傷付けない様に専用スプーンを用いて慎重に一時管理用のカップに入れると良いです。

大型個体を狙う為には、出来れば初齢もしくは二齢幼虫の段階で割り出した方が良いです。

・産卵方法について>>

・成長過程の説明>>

カップに入れます。

産卵セットから割り出し採取した幼虫は、画像の様に一時管理用カップに無添加虫吉マットを固めずに入れて4から7日前後養生させます。

※割り出し時に傷付いたり、摂食障害などで成長出来なかったり死んでしまう場合もあるので見極める為の期間です。

その後、健康な二齢幼虫から菌糸ビンまたはマットボトルに入れ替えると良いです。

その際に幼虫管理ラベルに種類や日付を記載して貼っておくと今後の飼育に役立ちます。


☆幼虫の摂食障害(通称:ブヨブヨ病)について

摂食障害(ブヨブヨ)の幼虫
摂食障害の幼虫
正常な幼虫
正常な幼虫

左の画像の様に体の半分以上が透き通っている幼虫は、摂食障害を起こしてしまい成長出来ずに死んでしまいます。

気になる場合は、無理に菌糸ビンやマットボトルに入れずにカップの中で様子を見ていただく事をお勧めします。

産卵セットの割り出しの遅れ等の幼虫にとって不衛生な環境が長引くと目に見えない真菌の仲間が体内に入り込んで発症率が上がってしまう事が推察されます。

摂食障害(ブヨブヨ病)に関する説明>>


■幼虫割り出し時に役立つアイテム

無添加虫吉幼虫マット
無添加幼虫マット
管理用カップ
管理用カップ
管理ラベル1500cc
管理ラベル
専用スプーン
専用スプーン

★これから紹介する方法は、実際に当店が取り扱っている用品を使用した飼育例です。

※他社様の用品を使用された際は、結果が異なる可能性も御座います。

予めご了承くださいませ。


●マット飼育について>>>


●菌糸ビン飼育について>>>


●菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>


マット飼育について

幼虫

マット飼育は、エサの劣化や暴れ(菌糸の掻き混ぜ)を気にせずに低コストで気軽に飼育が出来ます。

また、羽化不全(脱皮失敗)も少ない傾向があります。

手軽でシンプルに飼育したい方に最適です。

※前述のとおり、高温に弱いので30℃を超えない環境で飼育する必要があります。

真夏でも25から28℃の環境を推奨します。

菌糸ビンに比べて成長速度が少し遅く、二齢から終齢への成長時の爆発的な伸びがありません。

但し、じっくりと大きく育ちます。

当店の無添加マットだけでも本土ヒラタの20グラムオーバーや70ミリ前後の羽化のご報告もあります。

上記の商品は、「幼虫に優しい無添加」につきボトルに固く詰めて使用しても安全です。

幼虫の年齢、雌雄、サイズに関係なく、下記のマットボトルと呼ばれるアイテムに投入します。


■超固詰めタイプ!マットボトルのご案内

850cc
マットボトル850cc
1500cc
マットボトル1500cc

◆ご自身でボトルを詰める場合

ボトルに詰めている様子

木製プレスというボトルに強く詰める道具を用いて固く押し固めます。

時間と体力が必要ですが既にボトルをお持ちの方は、経済的に済ませる事が可能です。

固く詰めるコツは、一度に沢山のマットをボトルに入れない事です。

※園芸用スコップ2杯程度の少量ずつを何回かに分けて固めます。

・詳しい詰め方について>>


■ボトル詰めの際に必要なアイテム

無添加幼虫用
無添加幼虫マット
850ccボトル
850ccボトル
1500ccボトル
1500ccボトル
木製プレス
木製プレス

◆投入について

穴を空けます
穴を空けます。
幼虫を投入します
幼虫を投入します

専用のスプーンを用いて表面に幼虫が入る大きさに合わせて穴を空けて余分な部分は取り除きます。

特に終齢の場合、潜る際に土が盛り上がって通気口が塞がってしまう恐れが御座いますので思い切って捨ててください。

勿論、小さな幼虫の場合だと殆ど取り除く必要もありません。

終齢の場合、穴に入れると勝手に潜って行きますので埋め戻す必要は御座いません。

若齢(初、二齢)は、軽く埋め戻した方が早く潜って行きます。

投入後は、フタを閉めて涼しい静かな場所で飼育します。

また、ストレスや潰しなどの原因になりますので無闇にボトルを触ったり幼虫を掘り起こしたりしないでください。

産卵セットから割り出して間も無い若齢幼虫(初齢、二齢)に使用される場合、摂食障害の有無を見極める為に出来れば二齢幼虫で投入される事をお勧めします。(初齢の場合は、二齢までカップで育ててから)

冒頭の説明のとおり、ブヨブヨ病と呼ばれる致死率100%の病気があるので見極めが大切です。


交換のタイミングとして、基本的に蛹室(サナギになる為の空洞)を作り始めるまで3から4ヶ月に1回の頻度で行う必要があります。

大きなオスの終齢は、食べる速度が早いので糞食による痩せを避ける為に3ヶ月毎の交換をお勧めします。

マットは、良質は土壌菌(目に見えない生き物)が絶えずオガクズを分解しているので時間の経過と共に劣化します。

真冬に余り食べていなくても4ヶ月後の交換をお勧めします。


■エサの交換例について

・1本目:850cc

・2本目以降(終齢):850cc(大型のオスは1500cc。)

上記は、飼育例につき飼育環境や気温によって成長速度が異なります。

成長速度が早いので気温が高い場合、メスが2本目で蛹化してしまう場合も御座います。

冬場の常温(無加温)飼育の際は、終齢幼虫で越冬して気温が上がり始める5月以降に蛹化する場合が御座います。

初夏から夏の蛹化の時期を避けて、春先の4から5月上旬に交換を済ませてしまう事をお勧めします。


◆交換の方法について

交換用スプーンで取り出します。

幼虫は、振動や温度変化等のストレスに敏感なので直接手で触れたり衝撃を与えるなどの乱暴な扱いを避けてください。

強い衝撃や傷が原因で死亡してしまう事も御座います。

交換の際、専用のスプーンを用いて慎重に掘り出して移し替えると良いです。

エサの交換方法に関する説明>>


◆蛹室について

蛹室

蛹室の画像です。

空洞を作っていたらエサ交換を中止してください。


◆万が一、蛹室を壊してしまったら!!(サナギの救援策)

慌てて埋め戻したり掻き出したりせずに下記の方法を試してみてください。

※折角、羽化まであと一歩の所まで育てたので是非頑張ってください。

露天掘り
露天掘りについて
人工蛹室
人工蛹室について


菌糸ビン飼育について


大きく育った終齢

菌糸ビンとは、キノコの栽培に使用される菌床を幼虫のエサとして改良して作られた商品です。

栄養価やオガクズ、含水率など成長に最適な状態に整えられている物が多く、爆発的な大きさに育つ事が見込まれます。

また、前述のマット飼育に比べて成長速度も速いです。

近年の飼育で「大型個体の必需品」的な存在になっています。

但し、ヒラタクワガタの幼虫は、早く終齢まで育ちますが突然『暴れ』と呼ばれる菌床の掻き混ぜ行動を起こして逆に縮んでしまう場合もあります。

また、25℃を超える高温下の飼育の場合は、メスが1本目、オスが2本目で早く羽化してしまい小型化してしまう事もあります。

高温下の飼育は、小型化だけで無く、死亡や菌糸ビンの劣化を招くので28℃以下での飼育をお勧めします。

※大型個体を狙う場合は、25℃以下(理想として秋冬18から20℃前後、春夏20から23℃前後)をお勧めします。

前述のとおり、成長が早いので大型個体を狙う際は、温度管理や暴れの回避がポイントになります。

※大型個体を狙う場合、真冬の20℃を大きく超える過度な温度管理だと成長が加速して直ぐに暴れてしまい小型化のリスクが上がってしまいます。

(高温下の場合、2本目で暴れやすくなります。)


★最初の1本目の投入の適齢期は?

二齢
二齢の画像
終齢
終齢の画像

投入後の死亡によるエサのロス率を抑えるために、異常が無い健康な二齢を投入する事をお勧めします。

因に初齢や二齢は、『若齢幼虫』と称する場合も御座います。

若齢時に菌糸を食べずに育った終齢に関しては、既に成長の伸びシロが決まっているので大型化しない事が多いです。

割り出し時に終齢だった場合は、マット飼育の方が無難です。

終齢からの菌糸ビンは、暴れるだけで結果が出にくいです。

他の種類にも言えますが『 物事は最初が肝心』の言葉が当てはまります。


◆若齢幼虫の最初の1本目の菌糸ビン投入

穴を空けます。
菌糸ビン用シャベルで表面に穴を空けます。
幼虫を入れます。
交換用スプーンを用いて幼虫を穴に入れます。

割り出して最初の幼虫(若齢幼虫)は、小さいので菌糸ビン550ccに入れます。

※当店では、クヌギとブナの2種類の樹種が御座いますがお好みで構いません。

菌糸に空ける穴は少し深めにしておくと投入した幼虫は、自力で潜って行きます。

軽く埋め戻しても大丈夫ですが誤って幼虫を押し潰さない様にご注意ください。

幼虫を投入した後は、フタを閉めて30℃を超えない(出来れば25℃以内)の環境で飼育します。

エサ交換以外は、無闇に動かしたり掘り起こしたりしないでください。

菌糸ビンは、ボトルの中で生きたキノコの菌がオガクズを絶えず分解しており、2から3ヶ月後には、見た目は綺麗でも劣化が進んでしまいます。

従って小さな若齢と呼ばれる幼虫の菌糸ビンのサイズは、上記の2から3ヶ月で食い尽くしてしまう容量の550ccでなければなりません。

小さな幼虫をいきなり大きな容量のボトルに投入してしまうと食い尽くしてしまう前に劣化が進んでしまい効率が悪くなってしまいます。

※特に大型個体を狙う場合、1本目に大きなボトルに入れて長期間引っ張る飼育は余りお勧めしません。


■若齢幼虫(初齢、二齢)に最適な菌糸ビン

ブナ550cc
ブナ550cc
クヌギ550cc
クヌギ550cc


■以降の菌糸ビンの交換例について

・1本目(二齢):550cc

・2本目(終齢):850cc

・3本目(終齢):850cc(離島産の大型のオスは1500cc)

※上記の交換パターンは、参考例につき飼育温度で大きく異なります。

例えば真夏の高温下の飼育の際は、メスが1本目、オスが2本目で蛹室(サナギになる為の空洞)を作る事が多いです。

低温飼育で成長速度が鈍化した場合に4本目以降が発生する場合も御座います。

また寒い季節に割り出した幼虫の場合、気温が下がるので1本目から2本目への交換の際に若齢のまま出て来る事もあります。

その場合は、2本目も550ccへの投入で問題ございません。


■菌糸ビンの交換タイミングについて

白い部分が無くなった様子

交換のタイミングは、画像の様に6から7割ほど白い部分が無くなった状態。

もしくは、白い部分が多くて余り食べていなくても2から3ヶ月で交換する必要があります。

従って、冬場でも余り食べていなくても中身が劣化しているので最低でも3ヶ月後の交換が必要になります。

2から3ヶ月での交換の理由として前述の『劣化』と中心だけを食い尽くして外見が真っ白のままの『居食い』と呼ばれる食べ方があるからです。


◆『居食い』についての解説

居食いのボトル
食べた形跡が全く無い居食いのボトル
中央だけ食い尽くしています
中心部分を綺麗に食い尽くしています

★1本目→2本目以降の交換について

終齢

因に2本目は、基本的に終齢(頭部のオレンジ色の部分が7ミリから1センチ前後)になっている事が多いので雌雄を問わず、850ccでも大丈夫です。

但し、気温が低い秋から冬に掛けて1本目に投入した際は、二齢幼虫のままの可能性も御座います。

外見で幼虫の年齢を判断出来る様でしたら再び550ccでも構いません。

離島産の大型亜種の大きなオスの終齢は、菌糸ビン1500ccでチャレンジしても面白いかもしれません。

ボトルの通気口が大きいので幼虫の落ち着きが早く暴れにくいです。

■終齢幼虫に最適な菌糸ビン

ブナ850cc
ブナ850cc
クヌギ850cc
クヌギ850cc
ブナ1500cc
ブナ1500cc
クヌギ1500cc
クヌギ1500cc

◆幼虫を取り出す際の注意点

交換の様子

交換の際は、専用スプーンを用いて慎重に行います。

幼虫は、衝撃や温度変化等のストレスに敏感なので直接手で触れたり、落下させるなど乱暴な扱いをしてしまうと傷が原因で死亡してしまう事も御座います。

潰さない様に交換用スプーンを用いて慎重に掘り出したり移動させると良いです。

エサ交換の手順に関する説明>>


◆終齢の投入について

大きめの穴をくり抜きます。
幼虫の大きさに合わせてくり抜きます
投入します
慎重に移動させて投入します。

交換する菌糸ビンは、全く同じ菌種であれば問題無いのでクヌギかブナの樹種に関してはお好みで大丈夫です。
例)1本目クヌギ→2本目ブナなどの交換もOK!【当店で検証済み】

なお、自力で菌糸ビンに潜って行きますので投入後は、フタを閉めて出来るだけ涼しい場所で飼育します。

終齢幼虫は、若齢幼虫よりも更にデリケートなので投入直後の急激な温度上昇は、『暴れ』と呼ばれる菌糸ビンの掻き混ぜの原因になってしまいます。
※菌糸ビンは、飼育下の気温で1から3日ほど温度慣らしを行って投入直後の1週間は、少し気温を落とした環境が最適です。

特に野外で1年で羽化して直ぐに活動を開始するとされる『スジブトヒラタ』は、成長速度が異常に早く2本目への交換直後に暴れ始める事があるので注意が必要です。


●終齢幼虫まで育っていると雌雄の判別が可能になっている事が多いので管理ラベルに性別を記載しておくと以後のエサ交換や管理に役立ちます。

◆幼虫の雌雄の判別法

幼虫のオス
・オスの終齢
お尻から腰に掛けて斑紋がありません
幼虫のメス
・メスの終齢
後部に左右一対の斑紋(雌班)あり。

◆菌糸ビンの暴れについて

菌糸ビンで暴れた幼虫
菌糸ビンで暴れた幼虫の画像。
主に終齢幼虫の後半(成熟期)の蛹室を作り始める直前に発生しやすくなります。
グルリと周囲を掻き混ぜる様に動き回って白い部分が無くなってしまいます。
放置すると小型化したり水っぽくなってしまい羽化不全の危険性が高くなります。

・菌糸ビンの暴れについて>>

暴れた際は、後半で説明する菌糸ビン→マットへの切り替え飼育をお勧めします。

※その際に使用する【無添加虫吉幼虫マット】は、切り替え飼育に対応する為に数万匹単位の飼育を元に研究、進化させ続けている商品です。

菌糸ビンの蛹室

菌糸ビンでサナギになった
菌糸ビンの中のサナギの画像です。
サナギになる数週間前から終齢幼虫は、画像の様な空洞(蛹室)を作り始めます。
蛹室と思われる空洞を作っていたら交換を避けて様子を見てください。
蛹室を壊してしまうと羽化出来なくなる恐れが御座いますので十分にご注意ください。


◆万が一、蛹室を壊してしまったら!!(蛹室崩壊時の救援策)
慌てて埋め戻したり掻き出したりせずに下記の方法を試してみてください。
※折角、羽化まであと一歩の所まで育てたので是非頑張ってください。

蛹室の露天掘り
蛹室の露天掘りについて
人工蛹室
人工蛹室の作り方について


ご自身で菌糸ビンをお詰めになられる場合

菌糸ビン飼育の説明のコーナーで紹介した各菌糸ビンは、ご自身でお詰めいただく事も可能です。
但し、詰める強さや温度によっては、菌が回らない(白くならない)というリスクも御座いますので初めての方や菌糸を回す為の温度管理ができない場合には余りお勧め出来ません。

菌糸ビンの『飼育温度』と『菌を回す温度』は、全く異なります。
具体的には、菌が回って白くなってしまえば少々の温度変化(低温や高温)でも問題ありません。
但し、菌床を砕いて菌を回す(二次発菌)場合は、菌糸ビンを白くするために必要な温度や詰め方が必要になります。

菌糸ビンを詰めて白く発菌させる為の推奨温度は、20から24℃です。

20℃を下回るほど白くなるのに時間が掛かります
したがって真冬の寒い状態では、菌が回らずに終わってしまう恐れも御座います。
また、25℃以上の環境の場合、菌が回らずにカビてしまう事も予想されます。
真夏の高温下での作業は、菌糸が回る際の発菌温度も高くなってしまい菌が死滅して白くならない場合があるのでご注意ください。


◆菌糸ビンのボトル詰めについて

菌糸ビン詰めをしています

ステンレス製プレスという道具を用いてボトルに砕いた菌床を詰めます。
強く詰め過ぎると酸欠で菌が死滅して白くならない事もあり注意が必要です。
※マットと異なり菌糸が広がると勝手に固まりますので絶対に強く押さえ付けないでください。
温度や詰め方に不備が無ければ概ね5から7日後には真っ白になります。※ヒラタの仲間の終齢幼虫は、10日ほど経過してからの投入の方が落ち着きが良くなります。

・菌糸ビンの詰め方について>>


■菌糸ビン詰めに必要なアイテム

ブナブロック
ブナ菌床ブロック
クヌギブロック
クヌギ菌床ブロック
ボトル550cc
飼育ボトル550cc
ボトル850cc
飼育ボトル850cc
ボトル1500cc
菌糸用飼育ボトル1500cc
ステンレス製プレス
ステンレス製プレス



菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について

これから紹介する飼育方法は、当店が実際に行っている飼育方法です。
双方の『いいとこ取り』で虫吉が最も得意としている飼育方法です。

ヒラタクワガタの場合、双方の飼育方法で下記のメリットとデメリットがあります。

・菌糸ビン飼育のメリット:成長が早く巨大な終齢幼虫を育てる事も可能
・デメリット:コストが高い。終齢幼虫の投入では結果が得られないタイミングがある。直ぐに暴れやすい(逆に小型化する確率が高い)

・マット飼育のメリット:エサの持ちが良い、低コスト、羽化不全が少ない、暴れの心配が無いなど。
・デメリット:成長が遅く、大型個体作出に必要な巨大な終齢幼虫(巨頭の大型オスの幼虫=通称:ビッグヘッド)を得られにくい。

上記のメリットとデメリットを考察するとヒラタクワガタの幼虫は、若齢(二齢)までに菌糸ビンに投入しなければ大型個体を得られにくい。
反面、終齢幼虫の育ち切った状態で菌糸ビンに入れると『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を起こしてしまい小さくなってしまうリスクが高くコストと結果が釣合わない確率があがる。

結論から申し上げると菌糸ビン飼育で大型化する条件を満たした幼虫に育っていれば後は、ストレスが少ない『無添加虫吉マット』での飼育で問題無いと言う事になります。

上記の商品は、切り替え飼育に対応する様に菌床を強化配合した無添加でも大きく育つ様に研究開発しています。

発酵ガスが発生しない上に劣化が遅いので幼虫へのストレスを軽減できます。

■切り替え時の交換例

・1本目(二齢幼虫):菌糸ビン550cc

・オスの2本目:菌糸ビン850ccもしくは1500cc

・メスの2本目及びオスの3本目:マットボトル850cc(離島産の大型のオスは1500cc)

基本的に終齢幼虫まで育っていれば、雌雄に関係なく2本目から切り替えても大型個体が羽化しています。

※3本目の菌糸ビンは、ギャンブル性を伴いますので自己判断でお願いします。


上記の交換例は、参考であり温度や幼虫の成長具合で大きく異なる場合があります。

交換直後に暴れ(菌床の掻き混ぜ)を行ったらマットへの切り替えで問題無いです。

朝晩や季節に関係なく20℃以上の一定の温度管理や真夏の高温下の飼育の場合は、成長が早まるので2本目もしくは3本目で暴れて直ぐに蛹化してしまう事もあります。

●温度管理(夏の冷房、冬の暖房)の飼育の場合は、2本目の菌糸ビンを2ヶ月経つか経たないかで切り捨ててマット飼育に切り替えると暴れる前にマットで蛹化させるベストなタイミングになる事が多い。

●無加温飼育(冬が寒く夏が高温)の場合は、春から初夏(4から5月に掛けて)の最後のエサ交換でマット飼育へ切り替えて蛹化させるという方法が良いかもしれません。


菌糸ビンの暴れについて
菌糸ビンの暴れについて>>>


終齢幼虫末期の幼虫
幼虫は蛹化が近付くと徐々に黄色みが強くなるので画像を目安にしてみてください。
ヒラタクワガタの幼虫は、加齢速度も速いので画像よりも少し手前の段階(微妙に黄色みを帯び始める頃)の菌糸ビン投入で暴れやすくなってしまいます。

菌糸ビン飼育やマット飼育の説明でもお伝えしておりますがエサの種類に限らず、交換直後の高温下の飼育は極端に幼虫の落ち着きが悪くなってしまうので少し温度が低い涼しい場所へ移動させるか温度を下げるなどの工夫が必要です。

切り替え飼育について>>

虫吉が実際に羽化させたサキシマヒラタ80ミリの飼育情報>>


■菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育で紹介したアイテム

ブナ550cc
>>ブナ菌糸ビン550cc
クヌギ550cc
>>クヌギ菌糸ビン550cc
ブナ850cc
>>ブナ菌糸ビン850cc
クヌギ850cc
>>クヌギ菌糸ビン850cc
ブナ1500cc
>>ブナ菌糸ビン1500cc
クヌギ1500cc
>>クヌギ菌糸ビン1500cc
マットボトル850cc
>>マットボトル850cc
マットボトル1500cc
>>マットボトル1500cc

ノコギリクワガタの幼虫飼育方法

ノコギリクワガタ

このコーナーでは、日本および離島産のノコギリクワガタの飼育方法を紹介しています。
国産種であれば飼育方法は、殆ど同じです。
大型個体作出の為のポイントがあれば、その都度ご紹介します。

●幼虫の飼育温度:5から28℃(基本的に常温飼育が可能ですが30℃以下をお勧めします。)
成長を促す為(大型個体作出)の推奨飼育温度として秋冬は10から18℃前後、春夏は20から24℃前後をお勧めします。

高温に弱いので30℃以上での飼育は避けてください。
★一般的に菌糸ビン、マットを問わずボトル内の温度は、外気温よりも2から3℃(場合によっては、それ以上)も高くなると云われています。

※一方、最低気温は記載した温度よりも多少低くても問題はありません。
幼虫は、個体差や環境にもよりますが15℃を大きく下回ると冬眠してエサを余り食べなくなります。
冬眠中は、成長が一時的に止まりますが問題は御座いません。
※但し、氷点下での飼育はボトル内のマットや菌床が凍ってしまいますので避けてください。

基本的に本土に生息するノコギリクワガタは、夏場の冷房管理のみで真冬の加温無しでも大型個体を育てる事が可能です。

加温飼育の際は、急激な温度の上昇で幼虫の落ち着きが悪くなって上に出て来てしまい羽化不全や蛹化不全のリスクが上がります。
真夏の高温下の飼育の際も同じです。

真冬のエアコン以外の方法での加温の際(簡易温室など)は、温度が安定せずに異常加熱のリスクが上がるので温度を低めに保つなど自己責任で行ってください。

ノ大きさの割りに幼虫の成長速度が遅く秋以降に割り出した幼虫を常温(10度以下の低温)で飼育すると冬眠してしまい二年一化(2年掛けて羽化)の発生率が上がります。
但し、幼虫期間が長くなる分だけ巨大化する確率が高くなるメリットがあります。

他の種類に比べると明らかに成長速度が遅く、幼虫も小さいです。
小さいと言っても成虫は、細身の体型なので終齢幼虫の8から10グラム前後のオスでも普通に60ミリを超えるサイズで羽化する事が多い。

※因に離島産の大型亜種でも16から20グラム前後の体重で70ミリを大きく超える成虫が羽化する事が多い。

因に後ほど紹介する「マット飼育」でも大きく育ちます。
菌糸ビン飼育」の場合は、若齢(初齢、二齢)から終齢幼虫への成長速度が速いが2本目もしくは、3本目で菌糸ビン投入時に『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を起こして小さくなってしまう事が多い。
したがって菌糸ビン→マットへの切り替え飼育が最も大型個体が羽化しやすい。
※それぞれの飼育方法の詳細は後ほど説明します。

真夏の25℃以上の気温を大きく超える環境は、早期羽化(幼虫期間の縮小)を招き大型個体を狙いにくくなる。
また終齢幼虫での高温下での飼育は、エサの種類(菌糸、マット)に関わらず、交換直後の落ち着きが悪くなり潜らずに上に出てくるので避けておきたい。


◆産卵セットから割り出した幼虫について

産卵セットから出て来た幼虫

産卵セットから出て来た幼虫です。
幼虫は、傷を付けない様に専用スプーンを用いて慎重に一時管理用のカップに入れると良いです。
大型個体を狙う為には、出来れば若齢幼虫(初齢、二齢)の段階で割り出した方が良い。

・産卵方法について>>

・卵から羽化までの成長過程>>

幼虫をカップに入れます。

産卵セットから割り出し採取した幼虫は、画像の様に一時管理用カップに無添加虫吉マットを固めずに入れて4から7日前後養生させてからボトル(菌糸ビンまたはマットボトル)に入れ替えると良いです。
※割り出し時に傷付いたり、摂食障害などで成長出来なかったり死んでしまう場合もあるので見極める為の期間です。

・幼虫管理ラベルに種類や日付を記載して貼っておくと今後の飼育に役立ちます。


☆幼虫の摂食障害(通称:ブヨブヨ病)について

摂食障害(ブヨブヨ)の幼虫
摂食障害の幼虫
正常な幼虫
正常な幼虫
左の画像の幼虫の様に体の半分以上が透き通っている幼虫は、摂食障害を起こしてしまい成長出来ずに死んでしまいます。

気になる場合は、無理に菌糸ビンやマットボトルに入れずにカップの中で様子を見ていただく事をお勧めします。
産卵セットの割り出しの遅れ等の幼虫にとって不衛生な環境が長引くと雑菌の発生やバクテリアの異常で発症率が上がってしまう事が推察されます。

摂食障害(ブヨブヨ病)に関する説明>>


■幼虫割り出し時に役立つアイテム

無添加虫吉幼虫マット
>>無添加虫吉幼虫マット
幼虫管理用カップ
>>幼虫管理用カップ
幼虫管理ラベル
>>幼虫管理ラベル
幼虫エサ交換用スプーン
>>幼虫エサ交換用スプーン


★これから紹介する飼育方法は、実際に当店が販売している飼育用品を用いた飼育例です。
※他社様の飼育用品を使用された際は、結果が異なる可能性も御座います。
予めご了承くださいませ。


●マット飼育について>>>


●菌糸ビン飼育について>>>


●菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>


マット飼育について

幼虫のマット飼育
マット飼育は、菌糸ビン飼育と異なり『菌糸のコンディション(劣化)』や暴れ(菌床の掻き混ぜ行動)を気にせずに低コストで気軽に飼育が出来ます。
またノコギリクワガタの仲間の幼虫は、終齢幼虫になると菌糸を嫌がって暴れてしまい羽化不全(羽化の失敗)があるのでマット飼育の方が手堅く飼育出来ます。

手軽にかつシンプルに飼育したい方、菌糸ビン飼育で『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を避けたい場合の飼育に最適です。

>>菌糸ビンの暴れについて>>

※前述のとおり、高温に弱いのでマット飼育の際も30℃を超えない環境で飼育する必要があります。
出来れば真夏でも28℃以下(冷房が可能なら25℃前後)を推奨します。

マットなら高温でも大丈夫と思っておられる方も多いので念の為、記載しておきます。

本土産の場合は、冬場の加温を避けて自然の温度環境に近付けてあげた方が幼虫が落ち着いてくれます。
寒い時期に無理に加温してしまうと上に出てくる場合があります。

ノコギリクワガタに関して言えば、マット飼育のみでも大型個体を育てる事が可能です。

菌糸ビンよりも若干、成長速度(加齢、成熟速度)が遅い程度です。

割り出し時に既に終齢幼虫だった場合は、菌糸ビン飼育で結果が得られない場合が多いのでマット飼育をお勧めします。

幼虫の年齢(二齢、終齢幼虫)、雌雄(性別)に関係なく、下記のマットボトルと呼ばれるボトルに幼虫専用マットを固く詰めた物に投入する飼育方法です。

★当店の幼虫マットは、「幼虫に優しい無添加」につきボトルに固く詰めて使用しても安全です。
但し、他社様の添加剤配合マットを使用された際の再発酵によるアンモニア等のガスや発熱による幼虫のトラブルに関しましては自己責任でお願いします。


■超固詰めタイプ!マットボトルのご案内(初めての方、マットを詰めるお時間が無い方に最適です。)

マットボトル850cc
>>虫吉マットボトル850cc

離島産も含め幅広く使えます。
マットボトル1500cc
>>虫吉マットボトル1500cc

離島産大型ノコギリのオスに最適!


◆ご自身でボトルにマットを詰める場合

ボトルにマットを詰めている様子
マットプレスというボトルにマットを強く詰める道具を用いて固く押し固めます。
時間と体力が必要ですが既にボトルをお持ちの方は、経済的に済ませる事が可能です。
固く詰めるコツは、一度に沢山のマットをボトルに入れない事です。
※少しの量を何回かに分けて固めます。

・マットの詰め方について>>

■マットボトル作成の際に必要なアイテム

無添加虫吉幼虫マット
>>無添加虫吉幼虫マット
幼虫飼育ボトル850cc
>>幼虫飼育ボトル850cc
幼虫飼育ボトル1500cc
>>幼虫飼育ボトル1500cc
木製マットプレス
>>木製マットプレス


◆幼虫のマットへの投入について

スプーンを用いて穴を空けます
交換用スプーンを用いて穴を空けます。
交換用スプーンを用いて幼虫を投入します
交換用スプーンを用いて幼虫を投入します

マットは、幼虫が入る大きさに合わせてスプーンで穴を空けて余分なマットは取り除いてください。
※特に終齢幼虫の場合、潜る際にマットが盛り上がって通気口が塞がってしまう恐れが御座いますので思い切って捨ててください。 (勿論、小さな幼虫の場合だと殆ど取り除く必要もありません。)

終齢幼虫の場合、穴に入れると勝手に潜って行きますので埋め戻す必要は御座いません。
若齢幼虫(二齢まで)は、軽く埋め戻した方が早く潜って行きます。

投入後は、フタを閉めて涼しい静かな場所で飼育します。
また、エサ交換以外に無闇にボトルを触ったり幼虫を掘り起こしたりしないでください。

産卵セットから割り出して間も無い若齢幼虫(初齢、二齢)に使用される場合、摂食障害の有無を見極める為に出来れば二齢幼虫で投入される事をお勧めします。(初齢の場合は、二齢までカップで育ててから)

幼虫の摂食障害(ブヨブヨ病)について


マット交換のタイミングとして、基本的に蛹室(サナギになる為の空洞)を作り始めるまで3から4ヶ月毎の交換の必要があります。

少しズボラ気味の交換でも大丈夫です。
但し、終齢幼虫での気温が上がり始める季節(概ね5月中旬から8月)の交換の際は、エサの種類(マットか菌糸ビン)を問わず環境の変化で幼虫が落ち着かなくなったり潜らなくなって上に出て来るトラブルの発生率が上がります。
初めての方で良く分からない場合、エサ交換が4から5月に終わる様に「3ヶ月後の交換」「4ヶ月後の交換」を上手く組み合わせて調整すると良いです。

マットは、良質は土壌菌(目に見えない生き物)が絶えずオガクズを分解しているので菌糸ビン同様に時間の経過と共に劣化します。
余り食べていなくても4ヶ月後の交換をお勧めします。


■マットの交換例について

・1本目:850cc
・2本目:850cc
・3本目以降:850ccもしくは、1500cc(離島産のアマミノコギリなど大型のオスの幼虫飼育に最適です。)

上記は、飼育例につき飼育環境や気温によって成長速度が異なります。
基本的に成長速度が遅い傾向がありますが気温が高い場合、2から3本目で蛹化してしまう場合も御座います。
大きなオスや低温での飼育の際は、4本目以降の交換が発生する場合も御座います。

飼育温度や幼虫の成長具合にもよりますが羽化迄に2年掛かる事もあります。
※特に大型のオスが羽化迄に時間が掛かる傾向があります。

オオクワやヒラタに比べて幼虫が小さいの外見から幼虫の姿が確認出来ない事が有りますが元気に生きている事が殆どです。

冬場の常温(無加温)飼育の際は、余り食べずに越冬して気温が上がり始める5月以降に成長や蛹化が始まる場合が御座います。

【蛹室】と呼ばれるサナギの部屋を作り始めるまで3から4ヶ月ごと にマットを交換するという単純作業で大丈夫です。

冒頭でもお伝えしましたが成長が遅いので、1年目で羽化しない事もあり二年一化(2年目で羽化)の発生率が高いです。
その場合も根気づよく3から4ヶ月毎の交換の必要があります。


◆幼虫のマット交換の方法について

慎重に幼虫を取り出します。
幼虫は、衝撃や温度変化等のストレスに敏感なので直接手で触れたり衝撃を与えるなどの乱暴な扱いをしてしまうと傷が原因で死亡してしまう事も御座います。
交換用スプーンを用いて慎重に掘り出したり移動させると良いです。

幼虫のエサ交換に関する説明>>


◆蛹室について

蛹室
蛹室の画像です。
空洞を作っていたらエサ交換を中止してください。


◆万が一、蛹室を壊してしまったら!!(蛹室崩壊時の救援策)
慌てて埋め戻したり掻き出したりせずに下記の方法を試してみてください。
※折角、羽化まであと一歩の所まで育てたので是非頑張ってください。

蛹室の露天掘り
蛹室の露天掘りについて
人工蛹室
人工蛹室の作り方について


マット飼育で国産ノコギリ70ミリが羽化した記事>>



菌糸ビン飼育について


菌糸で育った幼虫
菌糸ビンとは、キノコの栽培に使用される菌床を幼虫のエサとして改良して作られた商品です。
栄養価やオガクズ、含水率など成長に最適な状態に整えられている物が多く、マット飼育に比べて早い成長が見込まれます。
但し、菌床の鮮度が2から3ヶ月しか持たない事や菌床の劣化を防ぐ為にマットよりも低温で飼育する必要があるなど、少し気をつける点が多いのも事実です。

近年の飼育で菌糸ビンは、「大型個体の必需品」的な存在になっていますが、終齢での暴れ(菌床の掻き混ぜを行ってしまい逆に縮んでしまう場合もあります。
※25℃を超える環境での飼育の場合は、成長が早まり2本目もしくは3本目で高確率で暴れてしまう事もあります。

高温下の飼育は、早熟に伴う「菌糸ビンの暴れ」だけで無く、菌糸ビンの劣化を招くので出来るだけ涼しい環境での飼育をお勧めします。
※大型個体を狙う場合は、25℃以下(理想として18から22℃:冬眠せずに菌糸を食べる温度)をお勧めします。
真冬が寒い環境だと食べずに冬眠して成長が止まってしまい菌糸ビンだけが劣化するので温度管理の環境が無い場合は「マット飼育」もしくは、「菌糸ビン→マットへの切り替え飼育」をお勧めします。

本土のタイプとの同亜種は、真冬の加温を避けて常温の方がトラブルが少ないです。

※国産ノコギリや一部の沖縄方面のノコギリは、余り大きくならないので個人的には菌糸ビンが勿体無いと思います。
大型種が多い鹿児島県の離島産亜種以外は、マット飼育をお勧めします。
その他の種類は、少し早く羽化する程度でサイズ的には変わらないので菌糸ビンだと『時間を買っている程度』で終わってしまう事が多いです。

前述のとおり、終齢は、暴れのリスクが高いので暴れたらマット飼育でも大丈夫です。 但し、暴れる前にマット飼育へ切り替え」の方が大型個体が狙いやすいのも事実です。


★最初の1本目の菌糸ビン投入の適齢期は?

二齢幼虫
二齢幼虫の画像
終齢幼虫
終齢幼虫の画像

冒頭にお伝えしたとおり、摂食障害(ブヨブヨ病)の幼虫を見極める為に出来れば二齢まで育った健康な幼虫を菌糸ビンに投入される事をお勧めします。
因に初齢や二齢幼虫は、『若齢幼虫』と称する場合も御座います。

若齢幼虫時に菌糸ビンを食べずに育った終齢幼虫に関しては、既に成長の伸びシロが決まっているので大型化しない事が多く、マット飼育の方が無難です。
成長し切っている幼虫の菌糸ビン飼育は、『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』によるサイズの縮小のリスクもあります。

ノコギリクワガタの菌糸ビン飼育は、他の種類に比べて投入や交換のタイミングが難しいのも事実です。


◆若齢幼虫の最初の1本目の菌糸ビン投入

菌糸ビン用シャベルで穴を空けます。
菌糸ビン用シャベルで表面に穴を空けます。
>>菌糸ビン専用シャベルはコチラ!
交換用スプーンで幼虫を入れます。
交換用スプーンを用いて幼虫を穴に入れます。
エサ交換用スプーンはコチラ!

割り出して最初の幼虫(若齢幼虫)は、小さいので菌糸ビン550ccに入れます。
※当店では、クヌギとブナのオオヒラタケの菌糸ビンが御座いますが樹種はお好みで構いません。

菌糸に空ける穴は少し深めにしておくと投入した幼虫は、自力で潜って行きます。
軽く埋め戻しても大丈夫ですが誤って幼虫を押し潰さない様にご注意ください。

幼虫を投入した後は、菌糸ビンのフタを閉めて出来る限り涼しいの環境(出来れば24℃以内)で飼育します。
エサ交換以外は、無闇に動かしたり掘り起こしたりしないでください。

菌糸ビンは、ボトルの中で菌糸が生きている状態(生き物)なので絶えず菌糸によるオガクズの分解が進んでおり2から3ヶ月後には、見た目は綺麗でも劣化が進んでしまいます。

従って小さな若齢と呼ばれる幼虫の菌糸ビンのサイズは、上記の2から3ヶ月で食い尽くしてしまう容量でなければなりません。

小さな幼虫をいきなり大きな容量の菌糸ビンに投入してしまうと食い尽くしてしまう前に劣化が進んでしまい効率が悪くなってしまいます。
※特に大型個体を狙う場合、1本目に大きなボトルに入れて長期間引っ張る飼育は「暴れ」だけで無く「糞食」や「食い止まり」を起こしてしまう事があるので余りお勧めしません。


■若齢幼虫(初齢、二齢)に最適な菌糸ビン

ブナ菌糸ビン550cc
>>ブナ菌糸ビン550cc
クヌギ菌糸ビン550cc
>>クヌギ菌糸ビン550cc


■以降の菌糸ビンの交換例について

・1本目(二齢幼虫):550cc
・2本目(終齢幼虫):850ccもしくは、1500cc(離島産ノコギリの大型のオスの幼虫飼育に最適です。) 
・3本目以降(終齢幼虫):850ccもしくは、1500cc

※上記の交換パターンは、参考例につき飼育温度で大きく異なります。
例えば真夏の高温下の飼育の際は、2から3本目で蛹室(サナギになる為の空洞)を作ったり、『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を行う事が多いです。

低温飼育で成長速度が鈍化した場合に4本目以降が発生する場合も御座います。
また寒い季節に割り出した幼虫の場合、気温が下がるので1本目から2本目への交換の際に若齢のまま出て来る事もあります。
その場合、外見で年齢が判断出来る様でしたら2本目も菌糸ビン550ccへの投入で問題ございません。


ノコギリクワガタは、地中の朽ち果てた根っこや腐葉土化した朽ち木に生息している事から「根食い系」「泥食い系」と呼ばれます。
終齢幼虫になると菌糸ビンを突然嫌がって暴れるので要注意です。

万が一、暴れたら即 虫吉マットでの飼育で大丈夫です。


■菌糸ビンの交換タイミングについて

菌糸ビン550ccを食い尽くした幼虫です。
エサ交換のタイミングは、画像の様に6から7割ほど白い部分が無くなってからか白い部分が多くて余り食べていなくても2から3ヶ月で交換する必要があります。
冬場だけで無く、暖かい季節でも菌糸ビンを余り食べ無いままの場合も御座いますが菌床が劣化しているので最低でも3ヶ月後の交換が必要になります。

2から3ヶ月での交換の理由として前述の『菌糸の劣化』と中心だけを食い尽くして外見が真っ白のままの『居食い』と呼ばれる食べ方があるからです。

◆『居食い』についての解説

居食いの菌糸ビンです。
外見上は、食べた形跡が全く無い菌糸ビン
投入から約2から2.5ヶ月経過
居食いしています。
菌糸ビンの上の方をスプーンで掘った様子
中央だけ綺麗に食い尽くしています。

★1本目→2本目以降の交換について

終齢幼虫

因に2本目は、基本的に終齢幼虫(頭部のオレンジ色の部分の大きさが5ミリから10ミリ前後)になっている事が多いので雌雄を問わず、菌糸ビン850ccでも大丈夫です。

但し、気温が低い秋から冬に掛けて1本目に投入した際は、二齢幼虫のままの可能性も御座います。
前述とおり外見で幼虫の年齢を判断出来る様でしたら再び550ccでも構いません。

■終齢幼虫に最適な菌糸ビン

ブナ菌糸ビン850cc
>>ブナ菌糸ビン850cc
クヌギ菌糸ビン850cc
>>クヌギ菌糸ビン850cc
ブナ菌糸ビン1500cc
>>ブナ菌糸ビン1500cc
クヌギ菌糸ビン1500cc
>>クヌギ菌糸ビン1500cc

菌糸ビン1500ccは、通気口が大きいので幼虫の落ち着きが良いので、離島産の大型亜種のオスの終齢に使用されても面白いかもしれません。


◆菌糸ビンから幼虫の取り出す際の注意点

幼虫を菌糸から取り出します。
幼虫の菌糸ビン交換は、エサ交換専用スプーンを用いて慎重に行います。
幼虫は、衝撃や温度変化等のストレスに敏感なので直接手で触れたり衝撃を与えるなどの乱暴な扱いをしてしまうと傷が原因で死亡してしまう事も御座います。
幼虫の圧迫に注意しながら交換用スプーンを用いて慎重に掘り出したり移動させると良いです。

幼虫のエサ交換に関する説明>>


◆終齢幼虫の菌糸ビン投入について

大きめの穴をくり抜きます。
専用シャベルで大きめの穴を空けます。
※幼虫の大きさに合わせてくり抜きます
幼虫を菌糸ビンに入れます。
交換用スプーンを用いて投入します。
ストレスを与えない様に慎重に行います

交換する菌糸ビンは、全く同じ菌種であれば問題無いのでクヌギかブナの樹種に関してはお好みで大丈夫です。
例)1本目クヌギ→2本目ブナなどの交換もOK!【当店で検証済み】

なお、自力で菌糸ビンに潜って行きますので投入後は、フタを閉めて出来るだけ涼しい場所で飼育します。

終齢幼虫は、若齢幼虫よりも更にデリケートなので投入直後の急激な温度上昇は、『暴れ』と呼ばれる菌糸ビンの掻き混ぜの原因になってしまいます。
※菌糸ビンは、飼育下の気温で1から3日ほど温度慣らしを行って投入直後の1週間は、少し気温を落とした環境が最適です。

交換直後の急激な環境の変化で幼虫が落ち着かずに縮んでしまう事が多いので大型個体を狙う為には注意が必要です。


●終齢幼虫まで育っていると雌雄の判別が可能になっている事が多いので管理ラベルに性別を記載しておくと以後のエサ交換や管理に役立ちます。

◆終齢の雌雄の判別法

幼虫のオス
・オスの幼虫
お尻から腰に掛けて斑紋がありません
クワガタの幼虫のメス
・メスの幼虫
後部に左右一対の斑紋(雌班)あり。

◆菌糸ビンの暴れについて

菌糸ビンで暴れた幼虫
菌糸ビンで暴れた幼虫の画像。
主にエサ交換直後や終齢幼虫の後半(成熟期)の蛹室を作り始める際に発生しやすくなります。
グルリと周囲を掻き混ぜる様に動き回って白い部分が無くなってしまいます。
放置すると小型化したり水っぽくなってしまい羽化不全の危険性が高くなります。

・菌糸ビンの暴れについて>>

暴れた際は、特殊製法の【無添加虫吉幼虫マット】での菌糸ビン→マットへの切り替え飼育をお勧めします。
※【無添加虫吉幼虫マット】は、菌糸ビンからマットへの切り替え飼育に対応する為に数万匹単位の飼育を元に研究、進化させ続けているマットです。
当店が育てている大型個体の全てがこの飼育方法です。

他社様のマットの使用に関するトラブルにつきましては自己責任で行ってください。

菌糸ビンの蛹室

菌糸ビンでなったサナギ
菌糸ビンの中のサナギの画像です。
サナギになる数週間前から終齢幼虫は、画像の様な空洞(蛹室)を作り始めます。
蛹室と思われる空洞を作っていたら交換を避けて様子を見てください。
蛹室を壊してしまうと羽化出来なくなる恐れが御座いますので十分にご注意ください。


◆万が一、蛹室を壊してしまったら!!(蛹室崩壊時の救援策)
慌てて埋め戻したり掻き出したりせずに下記の方法を試してみてください。
※折角、羽化まであと一歩の所まで育てたので是非頑張ってください。

蛹室の露天掘り
蛹室の露天掘りについて
人工蛹室
人工蛹室の作り方について


ご自身で菌糸ビンをお詰めになられる場合

菌糸ビン飼育の説明のコーナーで紹介した各菌糸ビンは、ご自身でお詰めいただく事も可能です。
但し、詰める強さや温度によっては、菌が回らない(白くならない)というリスクも御座いますので初めての方や菌糸を回す為の温度管理ができない場合には余りお勧め出来ません。

菌糸ビンの『飼育温度』と『菌を回す温度』は、全く異なります。
具体的には、菌が回って白くなってしまえば少々の温度変化(低温や高温)でも問題ありません。
但し、菌床を砕いて菌を回す(二次発菌)場合は、菌糸ビンを白くするために必要な温度や詰め方が必要になります。

菌糸ビンを詰めて白く発菌させる為の推奨温度は、20から24℃です。

20℃を下回るほど白くなるのに時間が掛かります
したがって真冬の寒い状態では、菌が回らずに終わってしまう恐れも御座います。
また、25℃以上の環境の場合、菌が回らずにカビてしまう事も予想されます。
真夏の高温下での作業は、菌糸が回る際の発菌温度も高くなってしまい菌が死滅して白くならない場合があるのでご注意ください。


◆菌糸ビンのボトル詰めについて

菌糸ビン詰めをしています

ステンレス製マットプレスという道具を用いてボトルに砕いた菌床を詰めます。
強く詰め過ぎると酸欠で菌が死滅して白くならない事もあり注意が必要です。
※マットと異なり菌糸が広がると勝手に固まりますので絶対に強く押さえ付けないでください。
温度や詰め方に不備が無ければ概ね5から7日後には真っ白になります。※ノコギリクワガタの仲間の終齢は、詰めてから10日ほど経過して投入の方が落ち着きが良くなります。

・菌糸ビンの詰め方について>>


■菌糸ビン詰めに必要なアイテム

ブナ菌床ブロック
ブナ菌床ブロック
クヌギ菌床ブロック
クヌギ菌床ブロック
幼虫飼育ボトル550cc
飼育ボトル550cc
幼虫飼育ボトル850cc
飼育ボトル850cc
幼虫飼育ボトル1500cc
菌糸用飼育ボトル1500cc
ステンレス製マットプレス
ステンレス製マットプレス



切り替え飼育について

これから紹介する飼育方法は、当店が実際に行っている飼育方法です。
菌糸ビン飼育とマット飼育の『いいとこ取り』で虫吉が最も得意としている飼育方法です。

ノコギリクワガタのマット飼育と菌糸ビン飼育では、下記の一長一短があります。

・菌糸ビン飼育のメリット:成長や成熟が早く羽化迄に時短ができる。
・菌糸ビン飼育のデメリット:コストが高い。終齢幼虫で暴れて小型化しやすい。持ちが悪い

・マット飼育のメリット:エサの持ちが良い、低コスト、羽化不全が少ない、暴れの心配が無いなど。
・マット飼育のデメリット:成長が遅く羽化迄に時間が掛かる。

上記のメリットとデメリットを考察すると成長が遅いノコギリクワガタの幼虫は、若齢(二齢)までに菌糸ビンに投入して早く終齢幼虫まで育ててしまう事が得策。
※終齢幼虫で菌糸ビンに入れると『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を起こしてしまい小さくなってしまい対費用効果が無くなるリスクが上がる。

結論から申し上げると菌糸ビンで終齢幼虫まで育ててしまえばストレスが少ない『無添加虫吉マット』での飼育で問題無いと言う事になります。
※当店及びお客様の飼育でも最も大型個体が出ている必殺飼育法です。

何度か申し上げておりますが『無添加虫吉マット(幼虫用)』は、菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育に対応する様に菌床を強化配合した無添加でも大きく育つ様に研究されたマットです。
他社様のマットをご使用の際のトラブルに関しては自己責任でお願いします。


■マット飼育への切り替え時の交換例

・1本目(二齢幼虫):クヌギ菌糸ビン550cc

・2本目以降:※終齢幼虫まで育っていればマットボトル850ccもしくは1500cc(離島産大型種用)でも大丈夫です。
二齢幼虫のままだった場合は、再び菌糸ビン550cc。
離島産の大型のオスの終齢幼虫で少し冒険してみたい方は、2本目をブナ菌糸ビン850ccもしくはブナ菌糸ビン1500cc(ブナの方が少し粒子が粗く暴れにくいです)
※3本目の菌糸ビンは、ギャンブル性を伴いますので自己判断でお願いします。

●飼育例は、少し難しく感じるかもしれませんが基本的に菌糸ビンで終齢幼虫まで育ててマット飼育というシンプルな方法です。

上記の交換例は、参考であり温度や幼虫の成長具合で大きく異なる場合があります。

交換直後に暴れ(菌床の掻き混ぜ)を行ったらマットへの切り替えで問題無いです。

無加温飼育(冬が寒く夏が高温)の場合は、夏季の高温時(6から8月)の終齢幼虫でのエサ交換は、落ち着きが悪くなってしまうので4から5月でマット飼育へ切り替えていただく事をお勧めします。


菌糸ビンの暴れについて
菌糸ビンの暴れについて>>>


終齢幼虫末期の幼虫
画像の様に終齢幼虫は成長し切って成熟すると徐々に黄色みが強くなるので菌糸ビンは避けていただく事をお勧めします。
終齢は、暴れやすいので少し手前の段階(微妙に黄色みを帯び始める頃)でも暴れてしまう事がありますので余り欲張らずに早めのマットへの切り替えが良いです。

菌糸ビン飼育やマット飼育の説明でもお伝えしておりますがエサの種類に限らず、交換直後の高温下の飼育は極端に幼虫の落ち着きが悪くなってしまうので少し温度が低い涼しい場所へ移動させるか温度を下げるなどの工夫が必要です。
■終齢時の初夏から夏の交換を避ける為に4から5月にエサ交換を済ませる様に調整すると良いです。

幼虫の菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>


■菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育で紹介したアイテム

ブナ菌糸ビン550cc
>>ブナ菌糸ビン550cc
クヌギ菌糸ビン550cc
>>クヌギ菌糸ビン550cc
ブナ菌糸ビン850cc
>>ブナ菌糸ビン850cc
クヌギ菌糸ビン850cc
>>クヌギ菌糸ビン850cc
ブナ菌糸ビン1500cc
>>ブナ菌糸ビン1500cc
クヌギ菌糸ビン1500cc
>>クヌギ菌糸ビン1500cc
マットボトル850cc
>>マットボトル850cc
マットボトル1500cc
>>マットボトル1500cc

コクワガタの幼虫飼育方法

コクワガタ

このコーナーでは、日本に生息するコクワガタ(離島産も含む)の幼虫の飼育方法を紹介しています。
大型個体作出の為のポイントがあれば、その都度ご紹介します。

●幼虫の飼育温度:5から28℃(基本的に常温飼育が可能ですが30℃以下をお勧めします。)
成長を促す為(大型個体作出)の推奨飼育温度として秋冬は15から18℃前後、春夏は20から24℃前後をお勧めします。

高温に弱いので30℃以上での飼育は避けてください。
★一般的に菌糸ビン、マットを問わずボトル内の温度は、外気温よりも2から3℃(場合によっては、それ以上)も高くなると云われています。

※一方、最低気温は記載した温度よりも多少低くても問題はありません。
幼虫は、個体差や環境にもよりますが15℃を大きく下回ると冬眠してエサを余り食べなくなります。
冬眠中は、成長が一時的に止まりますが問題は御座いません。
※但し、氷点下での飼育はボトル内のマットや菌床が凍ってしまいますので避けてください。

基本的に本土に生息するコクワガタは、夏場の冷房管理のみで真冬の加温無しでも大型個体を育てる事が可能です。

真冬の加温飼育と真夏の高温化での際は、早期羽化(早過ぎる羽化)や死亡率の上昇の原因になる。

真冬のエアコン以外での加温の際(簡易温室など)は、温度が安定せずに異常加熱のリスクが上がるので温度を低めに保つなど自己責任で行ってください。

成虫が小型なので幼虫も小さく他の種類に比べて成長(加齢)が早いです。
5から9月までに割り出した幼虫の殆どは、1年以内に羽化します。

体重に関しては、本土コクワの亜種のオスの幼虫でも6グラム以上で50ミリ前後の大きさで羽化する事が多いです。
一回り小さな種類のリュウキュウコクワの亜種でも4から5グラム前後で35から40ミリ前後の超特大サイズで羽化する事があります。

因に後ほど紹介する「マット飼育」でも大きく育ちます。
菌糸ビン飼育」の場合は、若齢(初齢、二齢)から終齢幼虫への成長速度が速いが終齢幼虫で菌糸ビン投入時に『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を起こして小さくなってしまう事が多い。
したがって菌糸ビン→マットへの切り替え飼育が最も大型個体が羽化しやすい。
※それぞれの飼育方法の詳細は後ほど説明します。

真夏の25℃を大きく超える環境は、早期羽化(幼虫期間の縮小)を招き大型個体を狙いにくくなる。
また終齢幼虫での高温下での飼育は、エサの種類に関わらず、交換直後の落ち着きが悪くなり潜らずに上に出てくる事もあるので避けておきたい。


◆産卵セットから割り出した幼虫について

産卵セットから出て来た幼虫
産卵セットから出て来た幼虫です。
幼虫は、孵化して間も無い初齢だと2から3ミリにも満たない事もあり、非常に小さいので傷を付けない様に専用スプーンを用いて慎重に一時管理用のカップに入れると良いです。
大型個体を狙う為には、出来れば若齢幼虫(初齢、二齢まで)の段階で割り出した方が良い。

・産卵方法について>>

・の成長過程の紹介>>

幼虫をカップに入れます。
産卵セットから割り出し採取した幼虫は、画像の様に一時管理用カップに無添加虫吉マットを固めずに入れて4から7日前後養生させてからボトル(菌糸ビンまたはマットボトル)に入れ替えると良いです。
※割り出し時に傷付いたり、摂食障害などで成長出来なかったり死んでしまう場合もあるので見極める為の期間です。

・幼虫管理ラベルに種類や日付を記載して貼っておくと今後の飼育に役立ちます。


☆幼虫の摂食障害(通称:ブヨブヨ病)について

摂食障害(ブヨブヨ)の幼虫
摂食障害の幼虫
正常な幼虫
正常な幼虫

左の画像の幼虫の様に体の半分以上が透き通っている幼虫は、摂食障害を起こしてしまい成長出来ずに死んでしまいます。

コクワガタは、発生率が低いとされていますが割り出しの遅れで発生する事があります。
気になる場合は、無理に菌糸ビンやマットボトルに入れずにカップの中で様子を見ていただく事をお勧めします。
産卵セットの割り出しの遅れ等の幼虫にとって不衛生な環境が長引くと雑菌の発生やバクテリアの異常で発症率が上がってしまう事が推察されます。

摂食障害(ブヨブヨ病)に関する説明>>


■幼虫割り出し時に役立つアイテム

オオクワマット
>>虫吉オオクワマット
幼虫管理用カップ
>>幼虫管理用カップ
幼虫管理ラベル1500cc
>>幼虫管理ラベル
幼虫エサ交換用スプーン
>>幼虫エサ交換用スプーン


★これから紹介する飼育方法は、実際に当店が販売している飼育用品を用いた飼育例です。
※他社様の飼育用品を使用された際は、結果が異なる可能性も御座います。
予めご了承くださいませ。


●マット飼育について>>>


●菌糸ビン飼育について>>>


●菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>>


マット飼育について

幼虫のマット飼育
マット飼育は、菌糸ビン飼育と異なり『菌糸のコンディション(劣化)』や暴れ(菌床の掻き混ぜ行動)を気にせずに低コストで気軽に飼育が出来ます。
特にコクワガタの仲間の幼虫は、成虫が小型な分だけ成長速度も速く、マット飼育でも二年一化(2年掛けての羽化)の発生率も低いので手軽に飼育を行いたい方にはオススメです。
また、終齢幼虫になると菌糸を嫌がって暴れてしまう事が多いのでマット飼育の方が手堅く飼育出来ます。

手軽にかつシンプルに飼育したい方、菌糸ビン飼育で『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を避けたい場合の飼育に最適です。

>>菌糸ビンの暴れについて>>

※前述のとおり、高温に弱いのでマット飼育の際も30℃を超えない環境で飼育する必要があります。
出来れば真夏でも28℃以下(冷房が可能なら25℃前後)を推奨します。

マットなら高温でも大丈夫と思っておられる方も多いので念の為、記載しておきます。

本土コクワは、冬場の加温を避けて自然の温度環境に近付けてあげた方が幼虫が落ち着いてくれます。
寒い時期に無理に加温してしまうと上に出て来たり、早く羽化して小型化してしまう事もあります。
※離島産も真冬は、無理に20℃以上にする必要はありません。
その他の種類に関しましても真冬の加温飼育の場合、冒頭に説明した15から18℃(15℃前後)で大丈夫です。

マット飼育のみでも大型個体を育てる事が可能です。
菌糸ビンよりも成長速度が遅くサイズが少し劣る程度です。

割り出し時に既に終齢幼虫(1円玉の大きさ前後)だった場合は、菌糸ビン飼育で結果が得られない場合が多いのでマット飼育をお勧めします。

幼虫の年齢(二齢、終齢幼虫)、雌雄(性別)に関係なく、オオクワマットを幼虫飼育ボトル(550ccもしくは850cc)に木製マットプレスを用いてを固く詰めた物に投入する飼育方法です。

マットは、菌床と異なり皮膜(白い膜)が無いので乾燥しやすい性質があります。
真冬の加温飼育の際は、乾燥しやすいので小さな550ccのボトルよりも850ccのボトルの方が乾燥の心配が無く安全です。

★当店の幼虫マットは、「幼虫に優しい微添加」につきボトルに固く詰めて使用していただいても安全です。
但し、他社様の添加剤配合マットを使用された際の再発酵に伴うアンモニア等のガスや発熱による幼虫のトラブルに関しましては自己責任でお願いします。


◆マットの詰め方について

ボトルにマットを詰めている様子 マットプレスというボトルにマットを強く詰める道具を用い朽ち木に見立てて強く押し固めます。
固く詰めるコツは、一度に沢山のマットをボトルに入れない事です。
※少しの量を何回かに分けて固めます。
オオクワマットボトルの販売の件ですが、添加剤配合マットにつきボトルに固く詰めた状態で発送すると環境の変化で再発酵によるリスクがあるので行う事が出来ません。予めご了承ください。

・マットの詰め方について>>

■マットボトル作成の際に必要なアイテム

虫吉オオクワマット
>>虫吉オオクワマット
幼虫飼育ボトル550cc
>>幼虫飼育ボトル550cc
幼虫飼育ボトル850cc
>>幼虫飼育ボトル850cc
木製マットプレス
>>木製マットプレス


◆幼虫のマットへの投入について

スプーンを用いて穴を空けます
交換用スプーンを用いて穴を空けます。
交換用スプーンを用いて幼虫を投入します
交換用スプーンを用いて幼虫を投入します

マットは、幼虫が入る大きさに合わせてスプーンで穴を空けてていただくか表面を少し解して投入してください。
※幼虫が小さいのでマットを取り除く必要はありません。
マットの上に乗せると自力で潜って行きますので埋め戻す必要は御座いません。

投入後は、フタを閉めて涼しい静かな場所で飼育します。
また、幼虫はストレスに弱いのでエサ交換以外に頻繁にボトルを触ったり幼虫を掘り起こしたりしないでください。

産卵セットから割り出して間も無い若齢幼虫(初齢、二齢)に使用される場合、摂食障害の有無を見極める為に出来れば二齢幼虫で投入される事をお勧めします。(初齢の場合は、二齢までカップで育ててから)

幼虫の摂食障害(ブヨブヨ病)について


マット交換のタイミングとして、基本的に蛹室(サナギになる為の空洞)を作り始めるまで3から4ヶ月毎の交換の必要があります。

少しズボラ気味の交換でも大丈夫です。
但し、550ccの容器で加温飼育の際は、乾燥の恐れがあるので3ヶ月毎の交換をお勧めします。
終齢幼虫での気温が上がり始める季節(概ね5月中旬から8月)の交換の際は、エサの種類(マットか菌糸ビン)を問わず環境の変化で幼虫が落ち着かなくなったり潜らなくなって上に出て来るトラブルの発生率が上がります。
初めての方で良く分からない場合、エサ交換が4から5月に終わる様に「3ヶ月後の交換」「4ヶ月後の交換」を上手く組み合わせて調整すると良いです。

マットは、良質は土壌菌(目に見えない生き物)が絶えずオガクズを分解しているので菌糸ビン同様に時間の経過と共に劣化します。
余り食べていなくても最低でも4ヶ月後の交換をお勧めします。


■マットの交換例について

・1本目:550cc(加温飼育の際は850cc)
・2本目以降:550ccもしくは850cc

基本的に成長速度が早い傾向がありますので飼育温度にもよりますが概ね2から3本目で蛹化する場合が殆どです。

真夏など気温が高い環境での飼育の際は、孵化した年に蛹化する事もあります。
※1から2本目で蛹化する事もあります。

オオクワやヒラタに比べて幼虫が小さいので外見から幼虫の姿が確認出来ない事が有りますが元気に生きている事が殆どです。

冬場の常温(無加温)飼育の際は、余り食べずに越冬して気温が上がり始める5月以降に成長や蛹化が始まる場合が御座います。

【蛹室】と呼ばれるサナギの部屋を作り始めるまで3から4ヶ月ごと にマットを交換するという単純作業で大丈夫です。


◆幼虫のマット交換の方法について

幼虫を取り出します。
幼虫は、衝撃や温度変化等のストレスに敏感なので直接手で触れたり衝撃を与えるなどの乱暴な扱いをしてしまうと傷が原因で死亡してしまう事も御座います。
交換用スプーンを用いて慎重に掘り出したり移動させると良いです。

幼虫のエサ交換に関する説明>>


◆蛹室について

蛹室
蛹室(ようしつ)の画像です。
空洞を作っていたらエサ交換を中止してください。

成長過程(卵から羽化までの紹介)>>


◆万が一、蛹室を壊してしまったら!!(蛹室崩壊時の救援策)
慌てて埋め戻したり掻き出したりせずに下記の方法を試してみてください。
※折角、羽化まであと一歩の所まで育てたので是非頑張ってください。

蛹室の露天掘り
蛹室の露天掘りについて
人工蛹室
人工蛹室の作り方について



菌糸ビン飼育について


菌糸で育った幼虫
菌糸ビンとは、キノコの栽培に使用される菌床を幼虫のエサとして改良して作られた商品です。
栄養価やオガクズ、含水率など成長に最適な状態に整えられている物が多く、マット飼育に比べて早い成長が見込まれます。
但し、菌床の鮮度が2から3ヶ月しか持たないので交換の頻度の他に菌床の劣化を防ぐ為にマットよりも低温で飼育する必要があるなど、少し気をつける点が多いのも事実です。

近年の幼虫飼育で菌糸ビンは、「大型個体の必需品」的な存在になっていますが、コクワガタの場合は成長が早く、早く終齢に加齢して暴れ(菌床の掻き混ぜを行ってしまい逆に縮んでしまう場合もあります。
※25℃を超える環境での飼育の場合は、成長が早まり1本目もしくは2本目で高確率で暴れてしまう事もあります。

高温下の飼育は、早熟に伴う「菌糸ビンの暴れ」だけで無く、菌糸ビンの劣化を招くので出来るだけ涼しい環境での飼育をお勧めします。
※大型個体を狙う場合は、25℃以下(理想として18から22℃:冬眠せずに菌糸を食べる温度)をお勧めします。
真冬が寒い環境だと食べずに冬眠して成長が止まってしまい菌糸ビンだけが劣化するので温度管理の環境が無い場合は「マット飼育」もしくは、「菌糸ビン→マットへの切り替え飼育」をお勧めします。

国産(本土)コクワは、真冬の加温を避けて常温の方がトラブルが少ないです。

前述のとおり、終齢での暴れのリスクが高いので暴れたらマット飼育へ切り替えても大丈夫です。

暴れる前に切り替えた方が大型個体が狙いやすいのも事実です。


★最初の1本目の菌糸ビン投入の適齢期は?

二齢幼虫
二齢幼虫の画像
終齢幼虫
終齢幼虫の画像

冒頭にお伝えしたとおり、摂食障害(ブヨブヨ病)の幼虫を見極める為に出来れば二齢まで育った健康な幼虫を菌糸ビンに投入される事をお勧めします。
因に初齢や二齢幼虫は、『若齢幼虫』と称する場合も御座います。

若齢幼虫時に菌糸ビンを食べずに育った終齢幼虫に関しては、既に成長の伸びシロが決まっているので大型化しない事が多く、マット飼育の方が無難です。
成長し切っている幼虫の菌糸ビン飼育は、『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』によるサイズの縮小のリスクもあります。

小型な上に幼虫期間も短いコクワガタの菌糸ビン飼育は、他の種類に比べて投入や交換のタイミングが難しいのも事実です。


◆1本目の菌糸ビン投入について

菌糸ビン用シャベルで穴を空けます。
菌糸ビン用シャベルで表面に穴を空けます。
菌糸ビン専用シャベルはコチラ!
交換用スプーンで幼虫を入れます。
交換用スプーンを用いて幼虫を穴に入れます。
エサ交換用スプーンはコチラ!

コクワガタの幼虫は、小さいので菌糸ビン550ccに入れます。
※当店では、クヌギとブナのオオヒラタケの菌糸ビンが御座いますが樹種はお好みで構いません。

菌糸に空ける穴は少し深めにしておくと投入した幼虫は、自力で潜って行きます。
軽く埋め戻しても大丈夫ですが誤って幼虫を押し潰さない様にご注意ください。

幼虫を投入した後は、菌糸ビンのフタを閉めて出来る限り涼しいの環境(出来れば24℃以内)で飼育します。
エサ交換以外は、無闇に動かしたり掘り起こしたりしないでください。

菌糸ビンは、ボトルの中で菌糸が生きている状態(生き物)なので絶えず菌糸によるオガクズの分解が進んでおり2から3ヶ月後には、見た目は綺麗でも劣化が進んでしまいます。

従って菌糸ビンのサイズは、上記の2から3ヶ月で食い尽くしてしまう容量でなければなりません。

小さな幼虫を大きな容量の菌糸ビンに投入してしまうと食い尽くしてしまう前に劣化が進んでしまい効率が悪くなってしまいます。
※大きなボトルに入れて長期間引っ張る(放置)飼育は「暴れ」だけで無く「糞食」や「食い止まり」で成長障害(摂食障害)を起こしてしまう事があるので余りお勧めしません。


■最適な菌糸ビンのご案内

ブナ550cc
ブナ550cc
クヌギ550cc
クヌギ550cc


■以降の菌糸ビンの交換例について

・1本目(二齢幼虫):550cc
・2本目以降(幼虫の年齢に関係なく):550cc

※菌糸ビン飼育の場合は、基本的に蛹室を作るまで2から3ヶ月毎の交換で大丈夫ですが気温により多少異なる場合もあります。
例えば真夏の高温下の飼育の際は、1本目で蛹室(サナギになる為の空洞)を作ったり、『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を行う事が多いです。

蛹室(サナギになる為の横向きの空間)を作っていたらエサ交換をせずに羽化を待ちます。

低温飼育で成長速度が鈍化した場合に3本目以降が発生する場合も御座います。
また寒い季節に割り出した幼虫の場合、気温が下がるので1本目から2本目への交換の際に若齢のまま出て来る事もあります。

万が一、暴れたら即 マット飼育で大丈夫です。


■菌糸ビンの交換タイミングについて

6割ほど食い尽くした状態
エサ交換のタイミングは、画像の様に6から7割ほど白い部分が無くなってからか白い部分が多くて余り食べていなくても2から3ヶ月で交換する必要があります。
小型なので冬場だけで無く暖かい季節でも菌糸ビンを余り食べ無いままの場合も御座いますが菌床が劣化しているので最低でも3ヶ月後の交換が必要になります。

2から3ヶ月での交換の理由として前述の『菌糸の劣化』と中心だけを食い尽くして外見が真っ白のままの『居食い』と呼ばれる食べ方があるからです。

◆『居食い』についての解説

外見上は綺麗な居食いの菌糸ビンです。
外見上は、食べた形跡が全く無い菌糸ビン
投入から約2から2.5ヶ月経過
中央だけ食い尽くして居食いしています。
菌糸ビンの上の方をスプーンで掘った様子
中央だけ綺麗に食い尽くしています。

★1本目→2本目以降の交換について

終齢幼虫

因に2本目は、年齢や雌雄を問わず、菌糸ビン550ccで大丈夫です。


◆菌糸ビンから幼虫の取り出す際の注意点

菌糸から取り出します。
菌糸ビン交換は、専用スプーンを用いて慎重に行います。
幼虫は、衝撃や温度変化等のストレスに敏感なので直接手で触れたり衝撃を与えるなどの乱暴な扱いをしてしまうと傷が原因で死亡してしまう事も御座います。
幼虫の圧迫に注意しながら交換用スプーンを用いて慎重に掘り出したり移動させると良いです。

幼虫のエサ交換に関する説明>>


◆終齢幼虫の菌糸ビン投入について

菌糸ビン用シャベルで大きめの大きめの穴をくり抜きます。
専用シャベルで大きめの穴を空けます。
※幼虫の大きさに合わせてくり抜きます
交換用のスプーンで菌糸ビンに入れます。
交換用スプーンを用いて投入します。
ストレスを与えない様に慎重に行います

交換する菌糸ビンは、全く同じ菌種であれば問題無いのでクヌギかブナの樹種に関してはお好みで大丈夫です。
例)1本目クヌギ→2本目ブナなどの交換もOK!【当店で検証済み】

なお、自力で菌糸ビンに潜って行きますので投入後は、フタを閉めて出来るだけ涼しい場所で飼育します。

終齢幼虫は、若齢幼虫よりも更にデリケートなので投入直後の急激な温度上昇は、『暴れ』と呼ばれる菌糸ビンの掻き混ぜの原因になってしまいます。
※菌糸ビンは、飼育下の気温で1から3日ほど温度慣らしを行って投入直後の1週間は、少し気温を落とした環境が最適です。


●終齢幼虫まで育っていると雌雄の判別が可能になっている事が多いです。
但し、性別に関係なく、全く同じエサ交換で済む上に雌雄の羽化時期のズレも少ないので参考程度でラベルに記載されると良いかもしれません。

◆終齢の雌雄の判別法

幼虫のオス
・オスの幼虫
お尻から腰に掛けて斑紋がありません
幼虫のメス
・メスの幼虫
後部に左右一対の斑紋(雌班)あり。

◆菌糸ビンの暴れについて

菌糸ビンで暴れた幼虫
菌糸ビンで暴れた幼虫の画像。
主にエサ交換直後や終齢幼虫の後半(成熟期)の蛹室を作り始める際に発生しやすくなります。
グルリと周囲を掻き混ぜる様に動き回って白い部分が無くなってしまいます。
放置すると小型化したり水っぽくなってしまい羽化不全の危険性が高くなります。

・菌糸ビンの暴れについて>>

暴れた際は、特殊製法の【微添加オオクワマット】での菌糸ビン→マットへの切り替え飼育をお勧めします。
※虫吉のオオクワマットは、菌糸ビンからマットへの切り替え飼育に対応する為に添加量を減らして幼虫に優しい配合になっております。
当店が羽化させている大型個体の全てがこの飼育方法です。

他社様のマットの使用に関するトラブルにつきましては自己責任で行ってください。

菌糸ビンの蛹室

菌糸ビンでサナギになった
菌糸ビンの中のサナギの画像です。
サナギになる数週間前から終齢幼虫は、画像の様な空洞(蛹室)を作り始めます。
蛹室と思われる空洞を作っていたら交換を避けて様子を見てください。
蛹室を壊してしまうと羽化出来なくなる恐れが御座いますので十分にご注意ください。


◆万が一、蛹室を壊してしまったら!!(蛹室崩壊時の救援策)
慌てて埋め戻したり掻き出したりせずに下記の方法を試してみてください。
※折角、羽化まであと一歩の所まで育てたので是非頑張ってください。

蛹室の露天掘り
蛹室の露天掘りについて
人工蛹室
人工蛹室の作り方について


ご自身で菌糸ビンをお詰めになられる場合

菌糸ビン飼育の説明のコーナーで紹介した各菌糸ビンは、ご自身でお詰めいただく事も可能です。
但し、詰める強さや温度によっては、菌が回らない(白くならない)というリスクも御座いますので初めての方や菌糸を回す為の温度管理ができない場合には余りお勧め出来ません。

菌糸ビンの『飼育温度』と『菌を回す温度』は、全く異なります。
具体的には、菌が回って白くなってしまえば少々の温度変化(低温や高温)でも問題ありません。
但し、菌床を砕いて菌を回す(二次発菌)場合は、菌糸ビンを白くするために必要な温度や詰め方が必要になります。

菌糸ビンを詰めて白く発菌させる為の推奨温度は、20から24℃です。

20℃を下回るほど白くなるのに時間が掛かります
したがって真冬の寒い状態では、菌が回らずに終わってしまう恐れも御座います。
また、25℃以上の環境の場合、菌が回らずにカビてしまう事も予想されます。
真夏の高温下での作業は、菌糸が回る際の発菌温度も高くなってしまい菌が死滅して白くならない場合があるのでご注意ください。


◆菌糸ビンのボトル詰めについて

菌糸ビン詰めをしています

ステンレス製マットプレスという道具を用いてボトルに砕いた菌床を詰めます。
強く詰め過ぎると酸欠で菌が死滅して白くならない事もあり注意が必要です。
※マットと異なり菌糸が広がると勝手に固まりますので絶対に強く押さえ付けないでください。
温度や詰め方に不備が無ければ概ね5から7日後には真っ白になります。※ヒラタの仲間の終齢幼虫は、10日ほど経過してからの投入の方が落ち着きが良くなります。

・菌糸ビンの詰め方について>>


■菌糸ビン詰めに必要なアイテム

ブナ菌床ブロック
ブナ菌床ブロック
クヌギ菌床ブロック
クヌギ菌床ブロック
幼虫飼育ボトル550cc
飼育ボトル550cc
ステンレス製マットプレス
ステンレス製マットプレス



切り替え飼育について

これから紹介する飼育方法は、当店が実際に行っている飼育方法です。
菌糸ビン飼育とマット飼育の『いいとこ取り』で虫吉が最も得意としている飼育方法です。

コクワガタのマット飼育と菌糸ビン飼育では、下記の一長一短があります。

・菌糸ビン飼育のメリット:成長が早く大きな幼虫に育ちやすい。
・菌糸ビン飼育のデメリット:コストが高い。終齢幼虫で直ぐに暴れてしまい折角育った幼虫が小型化しやすい。持ちが悪い

・マット飼育のメリット:エサの持ちが良い、低コスト、羽化不全が少ない、暴れの心配が無いなど。
・マット飼育のデメリット:成長が遅く羽化迄に時間が掛かる。若齢から投入すると若干サイズが小さい。

上記のメリットとデメリットを考察すると他の種類よりも成長が早いコクワガタの幼虫は、若齢(二齢)までに菌糸ビンに投入して早く大きな終齢幼虫まで育ててしまう事が得策。
※終齢幼虫で菌糸ビンに入れると『暴れ(菌床の掻き混ぜ)』を起こしてしまい小さくなってしまい対費用効果が無くなるリスクが上がる。

結論から申し上げると菌糸ビンで終齢幼虫まで育てて、暴れる前に低ストレス、低刺激の微添加オオクワマットへ切り替えて大型個体を狙うという方法です。
※当店及びお客様の飼育でも最も大型個体が出ている必殺飼育法です。

何度か申し上げておりますが『虫吉オオクワマット(幼虫用)』は、菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育に対応する様に添加剤を減らして自然に近いミネラルのみで大きく育つ様に研究されたマットです。
他社様の添加マットをご使用の際のトラブルに関しては自己責任でお願いします。


■マット飼育への切り替え時の交換例

・1本目(二齢幼虫):菌糸ビン550cc

・2本目以降:終齢幼虫まで育った時点でオオクワマット(ボトルは550ccもしくは850cc)
※二齢幼虫のままだった場合は、再び菌糸ビン550cc。

終齢幼虫まで育っていたら思い切って即マット飼育へ切り替えてください。
ここでは、終齢幼虫を菌糸ビンに入れる必要はありません。

●飼育例は、少し難しく感じるかもしれませんが基本的に菌糸ビンで終齢幼虫まで育ててマット飼育というシンプルな方法です。
また菌糸ビン飼育で暴れてしまった際の幼虫の救済策です。

上記の交換例は、参考であり温度や幼虫の成長具合で大きく異なる場合があります。

気温が高いと1本目の菌糸ビンで蛹化や暴れが発生する事も予想されます。

夏季の高温時(6から8月)の終齢幼虫でのエサ交換は、落ち着きが悪くなってしまうので温度管理や交換タイミングに注意が必要です。

菌糸ビン飼育やマット飼育の説明でもお伝えしておりますがエサの種類に限らず、交換直後の高温下の飼育は極端に幼虫の落ち着きが悪くなってしまうので少し温度が低い涼しい場所へ移動させるか温度を下げるなどの工夫が必要です。

菌糸ビンからマットへの切り替え飼育について>>


菌糸ビンの暴れについて
菌糸ビンの暴れについて>>>


■菌糸ビン⇒マットへの切り替え飼育で紹介したアイテム

ブナ菌糸ビン550cc
>>ブナ菌糸ビン550cc
クヌギ菌糸ビン550cc
>>クヌギ菌糸ビン550cc
虫吉オオクワマット
>>虫吉オオクワマット
幼虫飼育ボトル550cc
>>幼虫飼育ボトル550cc

幼虫のマット飼育

マット飼育はクワガタの幼虫をより簡単でより安全に飼育する方法です。

菌糸ビン飼育の場合、キノコの菌糸がナマモノなので30℃未満(20から24度を推奨)で飼育しないといけませんが、マット飼育でしたらこの様な心配がありません。

菌糸ビン飼育より若干時間が掛かり、菌糸ビンほど大きくなりませんが、より安全に飼育できます。

マット飼育に使うマットボトル(850cc)です。幼虫はこの中の昆虫マットを食べてすくすくと育ちます。
※1本のボトルで1匹ずつ大切に飼育します。

マットボトル

約3から4ヶ月おきにエサ交換をします。

まず、古いマットボトルからマットを専用スプーンなどを用いてそっとかき出します。

マットをかき出します。

幼虫を傷つけない様にそっと取り出します。

幼虫を取り出します。

取り出した幼虫は新しいマットボトルに入れ替えます。幼虫の大きさに合わせて容器の大きさを変えます。

幼虫をマットボトルに入れます。

幼虫をマットボトルに入れます。

日本に生息する殆どの種類の幼虫は、雌雄を問わず、マットボトル850ccで十分です。

大きく育ったオスの幼虫はマットボトル1500ccで飼育します。


種類にもよりますが、オスで半年から1年前後でサナギになります。

メスで概ね3から6ヶ月でサナギになります。

温度により多少変動しますので目安として下さい。

サナギになる時は土マユ(蛹室)を作りますのでこの時期から成虫になるまで大きな振動や衝撃を与えないで下さい。

オスのサナギの写真

オスのサナギの写真

このページで紹介した飼育用品は、ホームページ内で好評販売中です。

幼虫の菌糸ビン飼育

多くのクワガタの幼虫は、キノコの菌糸が大好きです。

自然界でもキノコの菌糸部分を食べて育っています。

このため、「菌糸ビン(菌床)」という物で飼育します。

菌糸ビンは幼虫用の昆虫マットより早く大きく育つ特徴があります。

菌糸ビン550cc

まず、小さな幼虫(初齢から二齢の若齢幼虫)には、菌糸ビン550ccを用意してください。

後から説明しますが菌糸ビンは、生物(なまもの)なので小さな幼虫が2から3ヶ月で食べきることができるサイズで大丈夫です。

幼虫をいれます

小さな若い幼虫(初齢)を菌糸ビンに入れる場合は画像の様に菌糸ビンの中央に菌糸ビン穴あけ用シャベルやドライバー等で穴を開けます。

この中に幼虫を入れます。

交換間近の菌糸ビン

菌糸ビンはキノコの菌床で出来ておりナマモノです。

出来ましたら20℃以上25℃未満の環境で飼育して頂けることを推奨します。

下の画像のように菌糸の白い部分が6から7割ほど無くなりましたら新しい菌糸ビンと交換して下さい。

また、菌糸ビンは常に菌床のオガ(木くず)を分解してますので使用期限があります。

幼虫を入れてから2から3ヶ月を目安に菌糸ビン交換が必要です。

幼虫の掘り出し

中の幼虫を潰さない様に専用スプーンで優しく掘り出してください。

幼虫

手で触るとストレスを与えてしまうので同様にスプーンで優しく運び出します。

850cc

2本目以降の菌糸ビン交換は幼虫の成長過程に合った容量の物を用意します。

日本に生息する種類の殆どの終齢は、菌糸ビン850ccで大丈夫です。

1500cc

オオクワガタなどの30グラム前後の特大のオスの終齢は、菌糸ビン1500ccが最適です。

くり抜き

幼虫を菌糸ビンに入れる際は幼虫の大きさ分だけ菌床をくり抜き幼虫をそっと入れます。

幼虫を入れます

幼虫をくり抜いた穴に専用スプーンでそっと入れます。

基本的に蛹室と呼ばれる蛹の部屋(空洞)を作るまで2から3ヶ月毎に交換します。

オスのサナギ

オスのサナギの写真です。

種類にもよりますが、オスで概ね半年から1年前後でサナギになります。

メスで3から6ヶ月前後でサナギになります。温度により多少変動しますので目安として下さい。

サナギになる時は土マユ(蛹室)を作りますのでこの時期から成虫になるまで大きな振動や衝撃を与えないで下さい。

このページで紹介した飼育用品は、ホームページ内で好評販売中です。

飼育ボトルのサイズ選び

産まれて来たクワガタの幼虫の飼育の際にどの大きさの容器を使用して良いのか分からないという方の為に当店が実際に飼育の際に使用(販売)している適切なサイズのボトルを説明致します。

※国産種の幼虫飼育の目安です。

ボトルのサイズ選びの鉄則は、エサが新鮮な内(出来れば3ヶ月前後)にエサを食べ切る事が出来る大きさの物を使用する事です。

小さな幼虫をいきなり大きなボトルに入れて長く引っ張る(放置する事)や逆に大きな幼虫を小さな容器に入れて頻繁な交換や糞食をさせるとよく有りません。

それでは、簡単な説明を致します。


◆550ccボトル【初齢幼虫、二齢幼虫、コクワなどの小型種向け】

飼育ボトル550cc
飼育用空ボトル550cc
クヌギ菌糸ビン550cc
クヌギ菌糸ビン550cc
ブナ菌糸ビン550cc
ブナ菌糸ビン550cc

・550ccの容量のボトルは、種類を問わず主に菌糸ビン飼育の際の1本目(初齢、二齢幼虫時)に使用します。

小さな若い幼虫は、口も小さいので食べる速度も遅いです。

菌糸ビン(菌床)は、3ヶ月前後で劣化が始まるのでその前に食べ切って交換出来る容量が550ccです。

※菌糸ビン飼育の最初の1本目のボトルは、この大きさの物を与えて食い尽くすか3ヶ月以内で交換する方が良いです。

・また、コクワ(離島産も)、スジクワ、アカアシ、ヤマトサビ、アマミシカなどの小型種は、幼虫の年齢や菌糸ビン、マット飼育を問わずに終始550ccで大丈夫です。


◆850ccボトル【ノコギリ、ヒラタ、ミヤマ、オオクワのマット飼育や菌糸ビン飼育の終齢幼虫向け】

飼育ボトル850cc
飼育用空ボトル850cc
クヌギ菌糸ビン850cc
クヌギ菌糸ビン850cc
ブナ菌糸ビン850cc
ブナ菌糸ビン850cc
マットボトル850cc
マットボトル850cc

・850ccのボトルは菌糸ビン飼育の際、オオクワ、離島産を含むヒラタとノコギリの終齢幼虫(主に2本目以降)で使用する事が多いです。

・また、上記の種類やミヤマのマット飼育の際は、幼虫の年齢や性別、交換回数(○本目)を問わず850ccで大丈夫です。

※これらの大きく育つ種類のマット飼育は、エサの早期の劣化の心配が無いので1本目から850ccの方がスムーズに飼育出来ます。

マットボトルは二齢幼虫から入れた方がベストです。

850ccは、国産種の飼育に雌雄を問わず、幅広く使えるので最もポピュラーな容器です。


◆1000ccブロー容器【ノコギリ、ヒラタなどのマット飼育(観察)向け】

ブロー容器1000cc
ブロー容器1000cc
マットボトル1000cc
マットボトル1000cc

・ブロー容器1000ccは、主にノコギリやヒラタなどの観察飼育に最適です。

マットで手軽に飼育出来ますが素材が柔らかいので潰さない様に取り扱いの注意が必要です。

また、大きくなる種類を入れると齧って穴が空く事も考えられますので身近な里山の種類の幼虫の観察飼育用という位置付けで使用される事をお勧めします。


1500ccクリアボトル【ノコギリ、ヒラタク、ミヤマ、オオクワのオスの特大終齢幼虫のマット飼育向け】

クリアボトル1500cc
クリアボトル1500cc
マットボトル1500cc
マットボトル1500cc

・1500ccのボトル(クリアボトル)は、主にオオクワ、大型離島産ヒラタやノコギリ、ミヤマなどの超特大のオスの幼虫(VIP待遇)のマット飼育に使用すると良いです。

体重が25から30グラムオーバーの幼虫に使用すると良いです。

※通気性の面から菌糸ビン飼育は、後述のボトルの方が向いていますので、こちらのクリアボトルはマット飼育向けの位置づけです。


◆菌糸ビン用1500ccボトル【オオクワや離島産ヒラタの特大終齢幼虫の菌糸ビン飼育向け】

菌糸ビン飼育ボトル1500cc
飼育用空ボトル1500cc
クヌギ菌糸ビン1500cc
クヌギ菌糸ビン1500cc
ブナ菌糸ビン1500cc
ブナ菌糸ビン1500cc

・1500cc菌糸ビン飼育ボトルは、大容量菌糸ビンに起こりやすい酸欠を防止する為に大型通気口の仕様になっています。

その為、折角大きく育った特大終齢幼虫の暴れのリスクが軽減出来て幼虫も落ち着いて大きくなりやすいです。

この1500ccボトルのみ幼虫を投入して1週間後にひっくり返して使用します。

蓋にスリットが有るのでひっくり返す事で乾燥防止や菌糸が出す二酸化炭素をスムーズに排出します。

主に80ミリに迫る勢いのオオクワや離島産ヒラタの幼虫(25から30グラムオーバー)の菌糸ビン飼育の2もしくは3本目以降の交換に最適です。

※菌糸ビン飼育向けの大型通気口タイプなのでマット飼育の際は乾燥し過ぎるので前述のクリアボトル1500ccがお勧めです。

マットボトルの詰め方

マットボトルとは、クワガタの幼虫のマット飼育に使うエサの事です。

このページでは、ボトルにマットを固く詰める方法を紹介いたします。

飼育ボトル

まず、幼虫の飼育容器(ボトル)を用意します。

幼虫用マット

無添加幼虫用マットを用意します。※オオクワガタの場合は、オオクワマットを使用。

使用する道具

木製マットプレス(虫吉オリジナル版)、園芸用スコップ、マットを入れるコンテナが有れば意外と簡単に作れます。

用意する備品はこんな感じです。

それでは、簡単に詰め方を紹介します。

ボトルにマットを入れます。

スコップでボトルにマットを入れます。

一度に沢山の量を入れると固く詰まらないのでスコップ2杯ずつ入れると良いです。

マットプレスで固める

マットプレスで固めにコツコツと詰めていきます。

※ボトルにマットをスコップ2杯入れて固めて→また2杯入れて固めるの作業を繰り返します。

容器の肩口くらいまでマットを詰めていきます。

あまり沢山マットを入れると幼虫を入れた際に容器の通気口が詰まってしまい窒息死の原因となります。

マットボトル

完成したマットボトルです。

詰め終わったら蓋を閉めた状態で飼育環境下で2から3日ほど温度慣らしを行ってから幼虫を投入してください。

そうする事で幼虫が早く落ち着いてくれます。

交換タイミングは、3から4ヶ月に1回の間隔で大丈夫です。

菌糸ビンの詰め方(上級者向け)

菌糸ビンは、クワガタの幼虫をより大きく早く育てるためのクワガタの幼虫専用のエサです。

菌糸ビンはキノコの菌床で出来ています。キノコの菌床はカビ等の雑菌に非常に弱いために消毒等の衛生管理と温度管理(20℃から25℃)をしなければなりません。

そのため菌糸ビン作りはある程度クワガタ飼育に慣れた人向けです。

菌糸ビンを作るための菌床ブロックです。

菌床ブロック

菌糸ビン作成に使うクワガタの幼虫飼育容器です。

クワガタの幼虫の飼育容器の販売は、飼育ケース・容器をご覧下さい。

飼育容器

菌糸ビン詰めに用意する道具は、幼虫飼育容器(550cc、850c、1500cc)、アルコールを入れたスプレー(アルコールは薬局で販売されている医療用)、20リットルくらいの収納ケース、衛生ゴム手袋、園芸用ショベル、マットプレス、ステーキナイフ、ピンセット、ティッシュ、ハサミです。

菌糸ビン詰めの道具

まず、衛生手袋をはめて手をアルコール消毒します。

菌床ブロックを詰める容器(飼育ポリボトル等)をアルコールで消毒します。

飼育容器の消毒

消毒した容器はティッシュとピンセットを使って綺麗に拭き取ります。

アルコールを拭き取ります。

使用する道具は全てアルコール消毒をします。

道具をアルコール消毒します。

菌床ブロックをほぐすための収納ケースもアルコール消毒をして綺麗に拭き取ります。これで前処理は終了です

収納ケースの消毒

菌床ブロック<の袋をハサミで切り、中身を収納ケースに出します。

菌床ブロックを収納ケースに移します。

菌床ブロックの上部1センチ位をステーキナイフを使って削り取ります。
※上の部分は、フィルター越しに外気に最も接触している箇所なので雑菌が付着している恐れがあるので剥ぎ取ります。

菌床の上部を削り取ります。

菌床ブロックを手を使って小さくほぐします。
※ほぐす際は、金網に擦り付けて粉々に擦りおろすと簡単です。

ほぐします。

ほぐし終わったら園芸用ショベルを使って飼育容器の中に菌床を入れます。

飼育容器に入れます。

マットプレスで容器の中に入れた菌床を固めます。あまり固く詰め過ぎないのがコツです。概ねの目安は以下のとおりです。
550cc容器:6~7本。
850cc容器:4~4.5本。
1500cc容器:2本+550cc容器が1本詰まる程度です。

大きな容器に詰める場合は、酸欠防止の為に少し緩めに詰めてください。
また、初めての方も上記の目安より若干緩く詰めてください。

菌床ブロックを砕く際に穴網で擦りおろして頂いた方が細かく解れるので軽い力で隙間無く詰める事ができて確実です。

マットプレスで固めます。

飼育容器にショベルで菌床を入れてはマットプレスで固める作業を数回繰り返し、写真の様に飼育容器の肩口まで詰めます。(飼育容器の上部から3センチくらいののりしろを空けます。)

あまり上まで詰め過ぎると通気性が悪くなり幼虫の成長に良くありません。

飼育容器の肩口くらいまで詰めます。

飼育容器のフタを閉めて菌床詰めの作業、終了です。

残りの菌床も同じ工程で全部詰めていきます。

注意事項ですが、一度袋から出した菌床は全部使い切って下さい。菌床はナマモノですので一度でも外気に触れるとカビや雑菌に侵されてしまいます。
また使用未使用に関わらず、不必要なフタの開け閉めは避けてください。

菌床詰め完了

詰め終わった>菌糸ビンは20℃から25℃以下の温度で1週間から10日くらい養生します。

下の写真の様に白くなっていれば菌糸ビンの出来上がりです。

菌糸ビンの出来上がり

詳しい飼育は、幼虫の菌糸ビン飼育をご覧下さい。

このページで紹介した飼育用品は、ホームページ内で好評販売中です。

幼虫のエサ交換の方法

クワガタの幼虫のエサの菌糸ビンやマットを交換の際に幼虫を傷付けてしまったというご報告を度々いただきますので交換方法のコツやポイントをご紹介致してみます。

紹介写真は菌糸ビンですがマット(ボトル)も同じ手順です。

また羽化したクワガタをボトルから出す際も殆ど同じ要領になります。

用意する物は、エサ交換専用の長いスプーンと手袋のみです。


ボトルににスプーンを当てます

1、ボトルの中にスプーンを当てます

画像の様にボトルの内側に当てる様にスプーンを少し刺します。

※側面から少しずつ削って行くイメージです。

その際、スプーンが画像の様に真上から見える様に角度を調整します。

常にスプーンが見える状態にしておけば幼虫を傷付けるリスクも一気に下がります。


少しずつ掘り出します。

2、少しずつマットや菌床を掻き出します。

中の状態を覗き込みながら外側から少しずつ削る様に掻き出していきます。

幼虫を潰さない様に時間を掛けて慎重に行っても構いません。

削る場所を移動する際は、スプーンを持つ手(画像では右手)を動かすよりもボトル(画像では左手)を少しずつ回す様に行った方が楽です。

その際に、スプーンを長く持つとズボッと突き刺さってしまう事もありますので画像の様に少し短く持つのがポイントです。


丁寧に掘り出します。

3、スプーンで幼虫を慎重にすくい出します。

幼虫が見えたら慎重に少しずつ周囲のマットを取り除いてください。

幼虫が取り出せる状態になったらスプーンですくう様にしてボトルから出します。

すくって出す際にボトルの口を出来るだけ倒して(地面に近くして)万が一落ちても大丈夫な高さにしてください。

この作業の際に幼虫を突いたり(手で圧迫したり)、落下させない様に注意してください。

※幼虫が興奮して自傷行為(体の噛み切り)を行う事もあります。


ボトルから出した幼虫

4、ボトルから出した幼虫をそっと置きます

ボトルから出した幼虫は、次に交換する菌糸ビンやマットボトルの投入穴を開ける為に一端、下に置きます。

その際にポトンと落としたりコロコロ転がしたりすると体重が重たい幼虫の場合、脱腸(脱肛)の様な状態になったり興奮して自分のお腹やお尻を噛み切る事もありますのでご注意ください。

また、マットや菌床から外に出されて空気に触れる事で興奮状態になっている事も有りますので素手で触ったり無闇に動かさない方が良いです。

※上記の事故の原因になってしまう事も有ります。


新しいボトルに幼虫を入れます。

5、新しい菌糸やマットに投入穴を開けて幼虫を入れます。

新品の菌糸ビンやマットボトルの表面を少し掘って投入穴を開けて先程の幼虫を再びスプーンに乗せて静かに入れます。

後は、自力で潜っていきますのでボトルのフタを閉めて振動が無い静かな状態にしておくと良いです。

◆クワガタの幼虫は、エサ交換以外に無闇に掘り出したり触ったりしない様にご注意ください。

※神経質でデリケートな一面が有ります。

また、素手で掴んだり手のひらに乗せるとストレスで噛み付いたりするのでご注意ください。

エサ交換の際は、到着直後または、詰めて直ぐのボトルに入れるよりも飼育環境の温度で2から3日ほど温度慣らしをした方が幼虫の落ち着きが早くなります。

※温度慣らしの際は、箱から出した状態で行ってください。

このページで紹介した飼育用品は、ホームページ内で好評販売中です。

カブトムシ幼虫の育て方

カブトムシの幼虫の飼育方法を紹介したページです。

エサは無添加虫吉幼虫用マットです。

容器の深さは20センチ以上の物を選びます。

この中に昆虫マットを深さ20センチくらいになるように昆虫マットを入れます。

飼育温度は日本の東北より南でしたら季節に関係なく問題なく飼育できます。

終齢(三齢)になると大きくなるので1匹辺り1リットル位の飼育体積を設けて下さい。

例えば、3から4匹くらいまででしたらプラスチックケース(中)、8匹くらいだったらプラスチックケース(大)、これ以上の飼育の場合は20から25匹を限度に特大衣装ケースなどの容器を選びます。

少な目の数の方がより元気にすくすくと育ちます。

幼虫の飼育例

ケースとフタの間に新聞紙を挟むと乾燥防止になります。

当店で販売しているコバエ防止ケースを使えばコバエの侵入防止の他、水分調整が不要になります。

昆虫マットの中に小豆状のフンが目立ち始めたらエサ交換となります。

マットの中のフンの含有量が増えて不衛生になると病気になってしまいます。

ですので温度にもよりますが、必ず最低でも1ヶ月に1回の確認もしくはエサ交換が必要です。

特に春先の2月から4月は、サナギになる前の最後の成長の為にに非常に大食漢になります。

世話を怠ってしまうと飼育環境が悪化して、サナギに成れずに途中で死んでしまったり、脱皮の失敗を起こしたりします。


ここが最大の飼育のポイントです。

下の写真が幼虫のフンです。

長さ1から1.5センチの小豆状の楕円形の形をしています。

幼虫のフン

飼育温度にもよりますが、5月中旬から6月に掛けて蛹になりますのでその前の5月くらいを最後のエサ交換としてしっかりと新鮮なエサ、深さをキープして下さい。

また、この時期から羽化するまで飼育容器に大きな振動や衝撃を与えないで下さい。

マットの深さが重要になりますので、マットが減ったら深さは20センチ以上になる様にエサを注ぎ足してください。

6月以降は容器をあまり動かさずに成虫になって出てくるのをこまめに観察して待ちましょう。


カブトムシは成虫になってから10日前後あまりエサを食べませんが、エサの昆虫ゼリーは常に与えておき、食べ残しが有っても3日に1回の交換をして下さい。

昆虫ゼリーはフタをはがすと3日くらいで腐ってしまいますので気を付けて下さい。

このページで紹介した飼育用品は、ホームページ内で好評販売中です。

カブトムシ幼虫の観察ボトル飼育

一般的にカブトムシの幼虫は、コバエ防止飼育ケースの様な四角いプラスチック水槽で行ないます。

このコーナーでは、クワガタの様に1匹ずつボトルに入れて観察出来る飼育方法を紹介します。

↓↓↓必要な道具は、至ってシンプルで下記の2つが有れば大丈夫です。↓↓↓

幼虫用のマット

虫吉無添加幼虫用マット4リットル入り

1袋で右の容器4本分(4匹分)の量です。

無添加なので安全に大きく育ちます。

兎に角、良く食べてくれます。

ブロー容器1000cc

観察飼育用ブロー容器1000cc
透明で高さも有るので観察し易いです。

白い丸いシールは、乾燥とコバエの侵入を防ぎます。

通気性バツグンなので剥がさないで使ってください。

※現在の商品のキャップ(フタ)の色は赤に変更になっています。


それでは簡単ですが手順を紹介します。

スコップでマットを入れます

先ず、園芸用のスコップで幼虫のエサとなる昆虫マット(幼虫マット)を入れて行きます。

マットを入れる際は、固める必要は有りません。


隙間を埋めます

隙間が出来る様でしたら、途中でボトルを持ち上げてトントンと軽く床を叩く様にして入れてください。

※強く叩き付ける必要はありますん。


容器の線まで入れます

↑↑↑上の写真の「容器の線の位置」の少し手前までマットを入れるのが目安です。

沢山入れると幼虫を入れた時に盛り上がって「通気穴」が塞がってしまう恐れが有ります。

※前述のとおり決して固めないでください。


幼虫を入れます

カブトムシの幼虫を入れます。
マットの上に置くと自力で潜って行きます。

但し、気温が低い時は動きが鈍くなるので心配な場合は軽く埋めてあげてください。

※1本の容器で1匹ずつしか飼育出来ません。


飼育例

フタをして完成です。
エサ交換の目安は1ヶ月に1回です。

但し、季節や気温、幼虫の大きさで若干早く糞が目立ち始める事が有りますのでその場合は、早めに交換してください。

6月頃にサナギになり始めますので5月を最後のエサ交換にすると良いです。

※ボトルは乾燥防止タイプなので霧吹きや加水の必要はありません。


幼虫の糞

←カブトムシ幼虫の糞の画像。

写真の様に小豆の大きさの黒い塊です。

1ヶ月経たないうちに増え始めたら早めに交換してください。

特に暖かい季節(春以降)は糞の増加とマットの減りが早まります。

このページで紹介した飼育用品は、ホームページ内で好評販売中です。

菌糸ビンの『暴れ』について

クワガタの幼虫の菌糸ビン飼育で良く起こってしまう『暴れ』という僅少の掻き混ぜ現象についての解説です。

暴れを放っておくと幼虫が縮んでしまうだけでは無く羽化不全や成虫にならないリスクが増えます。

特に直前に使ってい菌糸ビンは、2から3ヶ月して白い部分が無くなっていたのに新品に交換した途端に数日から数週間で茶色くなってしまったという場合は注意が必要です。

下の2つの画像は暴れを起した菌糸ビンです。

菌糸ビンの暴れ

こちらの写真は、終齢幼虫を菌糸ビンに投入して直ぐに暴れ始めた様子です。

暴れてサナギになった

投入後に数週間経過してサナギになる直前で急に暴れてマットの様になってしまった菌糸ビン。

(写真右の状態になると蛹室内が水っぽくなり羽化不全の確率が上がってしまいます。)


下の画像は、幼虫が綺麗に食べ切った菌糸ビンです。

綺麗に食べ切った菌糸ビン

慣れないと写真では判断がつきにくいのですが、1.5~3ヶ月間ゆっくり時間を掛けて食べて画像の状態になっています。

解り易く言い換えると数日~1週間で白い部分がなくなると『暴れ』の確率が高いです。

では、どのような状態の時に暴れが発生しやすいかの解説です。(ただし、個体差にもよります。)


1、幼虫が成熟して菌糸ビンに適応しなくなった時。

クワガタの幼虫は、初齢の時は菌糸を好む物が多いですが終齢になると菌糸が強いオガクズ(朽ち木)を嫌う物もいます。

ノコギリやヒラタの仲間が典型で自然界では、終齢幼虫に近付くと地中の腐葉土質になった朽ち果てた枯れ木の方を好む様になります。

上記の2種類の場合、飼育下では雌雄や生育状況、飼育温度にもよりますが1~2本(メスは最初の1本目の菌糸ビン550cc)までしか菌糸ビンを与えない方が良いです。※羽化不全や暴れが多くなります。

終齢幼虫(成熟して黄色くなった状態)も飼育下では、栄養価が高い菌糸ビンに合わずに暴れ始める事が有ります。

またサナギになる時期が近付いた時にも投入後1.5ヶ月以上経過して急に暴れ始める事が有ります。

以下の画像の状態になっていれば菌糸ビンからマット飼育への切り替えでも上手く成虫になります。

黄色くなった幼虫
黄色くなった終齢幼虫末期(成熟期)です。

暴れてから1から2週間ほど経過して蛹室と呼ばれる蛹の部屋(空洞)を作っていなければマット飼育をお勧めします。

・ヒラタやノコギリは無添加幼虫用マット

・オオクワやコクワ、アカアシはオオクワマットになります。

国産の種類の場合は、基本的に850ccボトルで十分です。

終齢末期の幼虫

終齢末期に近付いた幼虫。

体の内側付近のくびれが少し黄色っぽくなり始めてます。

特にヒラタやノコギリの仲間もマット飼育に切り替えないと暴れやすくなってしまいます。


2、温度が高い時や酸欠で嫌がっている時

幼虫の暴れは、主に終齢幼虫の時に起こりやすいです。

上記の様に『暴れ』は幼虫が成長して菌糸ビン飼育に適し無くなった個体のケースの他に高温時や酸欠でも起こってしまいます。

菌糸ビンは、キノコの菌の塊で絶えず呼吸をしています。

その為に菌糸ビンの中には、菌糸+幼虫に必要な酸素が必要です。

(30gを越える大型幼虫は通気口が大きな菌糸ビン1500ccをお勧めします。)

温度が上がった時や幼虫が潜った後のオガクズを白く再生する為に大量の酸素を消費します。

その時に酸欠を起しやすくなり幼虫が暴れてしまう事も有ります。

冬場の加温の際に投入直後に温度を高め(20℃以上)に設定されると加温方法や気候、時間帯で部分的に設定温度よりも高くなってしまう事が多くなります。

それに伴い菌糸やバクテリアの急激な活性の影響で酸欠や発熱を起こして『菌糸ビン』『マット』を問わず幼虫が暴れてしまいます。

回避策として以下の方法も有ります。

キッチンペーパー

口を輪ゴムで止める

市販のキッチンペーパー(写真上)を菌糸ビンのキャップの代わりに輪ゴムで止めています。

酸欠防止の為に沢山の酸素を取り込ませる方法です。

投入後2~3日後に幼虫が落ち着いたらキッチンペーパーを外して専用のキャップ(写真右の白くて丸い物)を閉めてください。

(長く続けるとカビやコバエの侵入の他に乾燥の原因になります。)

菌糸ビンは暑さに弱いので夏場は25℃前後(30℃を越えない)の場所での飼育をお勧めします。

(30℃を越えると幼虫の死亡率が上がります)

冬場に加温されている場合は、ボトルに幼虫を投入した直後は20℃前後の温度で落ち着くまで様子を見てください。


3、菌糸ビンが古くなって劣化が始まった時。

菌糸ビンは使用、未使用に関わらず絶えず中身の菌糸がオガクズを分解していますので2から3ヶ月で見た目は綺麗でも水っぽくなってしまい幼虫飼育に適さなくなってしまいます。

この状態になると幼虫が嫌がって暴れ始めてしまいます。

また、古い菌糸ビンの使用は幼虫の病気やトラブルの原因になる事も有ります。

因みに当店で販売している菌糸ビンは、詰め置きしていないのでご安心ください。

菌糸ビン→マットボトルへの切替え飼育

クワガタムシの幼虫は、キノコの菌糸が大好きです。

自然界でも写真の様にキノコが生えた朽ち木や切り株で育っています。

カワラタケが生えた朽ち木

キノコが生えた朽ち木

ボコボコしているのがキノコです。その下にはキノコの菌糸がびっしり生えていて、これをクワガタの幼虫はエサとして大きく育っています。

この特性を利用したのが「菌糸ビン」による幼虫飼育です。

菌糸ビンの誕生により、クワガタが手軽るにより大きく育つ様になりました。

種類によっては天然物より馬鹿デカく育つ様になりました。

ここまで聞くと至れり尽くせりの飼育方法に思えますが、大きな欠点が有ります。

サナギになる時の失敗、羽化する時の失敗、羽化しても直ぐ死ぬと言った死亡率が高くなることです。

菌糸ビンという自然界にない高密度の菌糸は栄養価が高すぎて、成長の終盤の幼虫は栄養の摂取のし過ぎで、機能障害を起こすからです。

しかし、現在の幼虫の飼育においては、常にこの死亡率より、大きさを追求すると言った「物的」な扱いとなっています。

自分はこの考えに真っ向反対です。

生き物をプラモデルを組み立てる様な感じで育てるのには物凄く抵抗を感じます。

菌糸ビンと相対する特性のマットボトルに着目しました。


・菌糸ビンの特性:早く大きく成りやすいが、種類によりかき回し現象(暴れ)で逆に小さくなったり、サナギから羽化直後の死亡率が高い
・マットボトルの特性:成長が遅く早めに交換しないと大きく成らないが、死亡率が低い

このマットボトルの「死亡率が低い」という特性を最大限利用しようと考えました。

種類にもよりますが、当店ではより自然に近付ける為に適切な時期に菌糸ビンから無添加虫吉幼虫マットへの交換で命をより大切に育てる事に努めており、お客様にも推奨致しております。

◆菌糸ビンからマットへの切り替えは、幼虫にストレスが少ない低刺激の『無添加マット』もしくは『低添加のマット』マットが必要不可欠です。

◆老熟幼虫の菌糸ビン飼育は、余りお勧めしません
※成熟期(終齢幼虫が白⇒黄色っぽくなり始める時期)を通り過ぎて完全に黄色みを帯びた状態を『老熟幼虫』と 呼びます。
飼育下では2年目の幼虫も含まれる事が多いです。

切り替えのタイミングは、慣れると簡単なので画像で紹介致します。
成熟期を迎えた幼虫
↑↑↑2本目の菌糸ビンから出した大きく育った終齢です。
画像の様に終齢が黄色みを帯びた状態を成熟期といい、菌糸ビンに入れても暴れたり食い止まったりする事が多くなります。
◆菌糸ビンの暴れについて>>>

切り替え飼育の幼虫
成熟期を迎えた幼虫は、画像の様に『菌糸ビン→マット飼育』へ切り替えても大丈夫です。

菌糸ビン→マット飼育への切り替えタイミング

クワガタは、菌床ブロックや菌糸ビンというエサの出現で大型個体が育つ確率が飛躍的に上昇しました。

一方で栄養過多や交換タイミングの関係で無駄に交換回数だけ増えてサナギになれないケース(通称、セミ化)や気門が壊死してしまい途中で死んでしまったりするケースが多くなったのも事実です。

実は、幼虫には菌糸ビンで育つ事が出来る状態(成長期)と育つ事が出来ない状態(成熟期から老熟期)の2つの段階が有ります。
そのタイミングを見分ける事が出来れば飼育コストの削減や羽化率の上昇にも繋がります。

これらのポイントを写真を使って解りやすく説明したいと思います。


 
終齢(成長期から老熟期)
オオクワガタの終齢幼虫(成長期)
成長期の幼虫のお尻
成長期の幼虫のお尻の部分

上の2枚の写真は、1本目の菌糸ビンを食べ終わって大きく育った終齢幼虫幼虫です。
体全体が白っぽくお尻の部分に白い網目状の血管も見えます。
この状態の幼虫は、間違いなく次の交換で菌糸ビンに入れても大きく育つ事が出来ます。
※この状態の時は菌糸ビンに入れないと少し勿体ないです。


 
終齢(成熟期から老熟期)
オオクワガタの終齢(成熟期から老熟期)
成熟期の終齢のお尻
成熟期から老熟期の終齢のお尻の部分

こちらの2枚の写真は、終齢幼虫末期(成熟期より老熟期に近い)個体です。

最初の2枚の写真と比べて色が黄色みを帯びています。

お尻の部分の白い血管も見えなくなり黄色みを帯びてます。

この状態になると菌糸ビンに入れても大きくならない為にオオクワマット(幼虫用マット)への切り替え飼育でも大丈夫です。

※但し、既に弱っていたり、気門が黒くなって壊死してしまった症状が出ている場合は羽化出来ない事が有ります。

特に画像の状態まで黄色くなってから更に菌糸ビンで飼育されたり、越冬幼虫(二年目)の幼虫を菌糸ビンで飼育して蛹化しないからといってマットに交換しても手遅れの場合が多いです。

マット飼育へ切り替え中

菌糸ビンからマット飼育へ切り替えた健康なメスの終齢です。


切り替えで羽化した80ミリ

上手くハマると75から80ミリの綺麗な大型個体が羽化する事も有ります。


勿論、この方法は、菌糸で育つ色々な種類に応用出来ます。

傷付いた幼虫でも元気に生まれ変わる

よくお問い合わせで「クワガタやカブトムシの幼虫にキズが入ったのでもうダメだ。。。」とガッカリしたお問い合わせを頂きます。


そんなにガッカリしないで下さい!

昆虫はサナギになる時にキズを修復することが有ります。

この事はある程度、飼育経験があるお客様は経験したことが有ると思いますが、初めての方は物凄く焦ってガッカリされると思います。

飼育のコツは、幼虫が傷付いても飼育放棄をしないで最後まで飼育することです。

そうしたら、自ずと傷付いた幼虫が感謝して答えを出してくれるでしょう。


カブトムシやクワガタをはじめとする完全変態と呼ばれる昆虫は、実に不思議です。

※完全変態とは、幼虫の時に複数回の脱皮を繰り返して大きく育ち、サナギになって幼虫と全く異なる姿の成虫になる 昆虫のことです。

昆虫は、幼虫の時にキズが入っても脱皮やサナギになる時に再生します。

実は、サナギになる時に体の全ての成分を完全に液体にします。

幼虫は「ゲル状」→サナギは「液体」→成虫は「固体」と変化していきます。

サナギになった際の「液体」の時に全ての外傷を再生しようとします。

自然の中で生き残る為の昆虫の生命力の強さと神秘には脱帽です。


更にカブトムシやクワガタには物凄い生命力が有ります。

幼虫の時に脚やキバを失っても再生して生まれてきます。

よく、幼虫の脚がないからとかキバが折れたからといって飼育を諦めよう、とお問い合わせを頂きますが大丈夫です!

キバが折れた幼虫は折れたほうのキバが短くなって成虫になります。

脚を失った幼虫は失ったほうの脚が短くなったり、小さくなったりして羽化してきます。

ですので、最後まで諦めずに力強く生きる昆虫の「生命力」を信じて最後まで飼育して下さい。

クワガタ幼虫の雌雄の判別法

クワガタの幼虫のオスとメスの見分け方です。

オスの幼虫

オスの終齢幼虫です。

オスは、メスに比べて体と頭部(オレンジの部分)が一回り大きいです。
後ほど紹介しますがメス班と呼ばれる斑紋がありません。

また、オスの方が大きくなる分だけ蛹化や羽化までに時間がかかる傾向があります。
オスとメスがほぼ同時に羽化する種類もいますが一般的に1から数ヶ月の羽化タイミングのズレが発生する事が多いです。

※一部の大型種のオスになると1年くらい雌雄の羽化タイミングのズレが発生する事があります。

メスの幼虫

メスの終齢幼虫です。

終齢幼虫になると明らかにオスよりも胴体や頭部が一回り小振りです。

終齢幼虫(3齢幼虫)になるとメスのお尻の両端に一対のメス班と呼ばれる黄色(アイボリー色)の斑点がくっきりと見えます。
二齢幼虫になると少しずつ見え始めますが終齢になると体が大きくなり、顕著に現れます。
※ただし、種類や個体差、幼虫の成長過程によっては、分かりづらい場合もあります。

また、メスの方が早く成長(加齢、成熟の事)して早期羽化する傾向があります。
同じ時期に採取した幼虫でもメスの方が早く成熟して黄色味を帯びていたり、真夏の温度が高い季節は、3から4ヶ月で蛹化(羽化)が始まる場合もあります。

エサ交換の際は、オスが幼虫のままでもメスが蛹化している事が多いので蛹室(サナギの部屋)を全壊させない様に慎重に掘り出してください。

蛹室が全壊していな場合の蛹の対処法(露天掘り)の紹介>>

カブト幼虫の雌雄判別法

カブトムシの幼虫のオス、メスの見分け方です。

幼虫のオス

オスの幼虫です。(写真上)

幼虫のメス

メスの幼虫です。(写真下)

3齢(終齢)幼虫のオスには丸印の所に▼型をした斑点が有ります。

少し分かり辛いですが大きな幼虫である程、くっきりと見えます。